t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - リース庁舎建設の検証 Ⅴ

・久しぶりのブログです。台風一過、神明町の神明宮の松が倒れ、神社施設の屋根を壊したそうです。耳にした被害はこれくらいで済んで不幸中の幸いかもしれません…

 続いての台風「25号」に備えましょう。油断大敵です。

---庁舎建設の不可解---☆--- [検索] :  高浜市役所本庁舎整備事業について     (*リース建設費-33億円-20年) 

・読めば、読むほど、疑問が湧いてきます。納得出来ない矛盾が多すぎです。

Q5.新庁舎整備の提案を募集の際、どんな提案条件を民間事業者に求めたのか? 

【施設機能】庁舎の機能の他、市民も利用が可能となる多目的ゾーンの確保や店舗などの収益機能、他の施設との複合化、いきいき広場との連携を含め一体的に活用した提案

 

⇒市民目線・「多目的ゾーン」は3Fの議会室のようです。皆さん使われましたか…?

  (*本気で市民の共用を図られるなら「1F」が基本では?  「3F」は不便です )

・「店舗」は「チャレンジコーナ」の事か?  観光協会から収益を図る計画のようです。

・「いきいき広場との連携」は、市民や職員さんの移動負荷は無視なのでしょうか?

    (*「いきいき広場」=「高浜の第二庁舎」と、分かりにくいそうです。当然ですね。  「いきいき広場」は施設外に「看板表示」もなく市外の方は迷子状態になるそうで、クルマで来ると「三高駅西」に案内され「駐車口」は反対側でグルグル堂々巡りとか?)

 

 ・この庁舎施設の分断は、組織の分断でもあり、統制や効率は低下です。今後20年間も、庁舎分断による市民損失への行政責任は如何様にされるのか!?  無策は無責任では?

 

面 積】床面積は、旧庁舎「約7,800㎡」を「約5,000㎡」へ縮小。執務面積も、旧庁舎「約3,800㎡?」を「約3,500㎡」へ縮小。

 (*「いきいき広場」の福祉部の執務面積は除外のようです。市組織に入らない訳は…?)

⇒市民目線・この「縮小方針」が間違いのもとです。市の施設方針は「縮充(複合化)」なのに、この大方針を無視され、なぜ、いきいき広場への組織「分断」を推進されたのか、説明はありません。この犠牲は市民であり、職員さんなのでは…? 

 

・庁舎は「リース」のため「縮小!」。 高小は「PFI-50億円」のため「縮充!」

⇒このご都合主義の施政判断は「矛盾」であり「誤謬」であり、「市民が犠牲」です!!

  (*受注業者さんは数十年間、安定的に取引を確保でき、願ったり叶ったりの商売です。

  リースやPFIは、数十年間、維持費用は一定。コストダウン出来ない方式は浪費! )

  (*「高小」PFI建設のため「体育センタ」や「武道館」を早期解体も大浪費です! )

 

⇒ 今回の施設建設は「市民」のためではなく「業者さん」のためでは…?  不適切です!

この建設費、計約80億円の巨額の血税負担の財政効果を説明されるのがご使命では?

説明無しで、なし崩しの施政は誤謬であり不適切では…?

 

---市民の素朴な想い---☆---

・これが任期4年なら我慢ですが「今後20年間」は、無責任であり 許されません!

・市内最大の公共施設・中央公民館の解体は「ホール」も無い街に、リース庁舎は「庁舎を持たない街」に転落です。これは市民の誇りも奪い去り、適正路線から逸脱です!

・今回の新内閣も様々な名称が飛び交っています。高浜は「脱線施政」と命名したい…

  財政効果の無い建設方式を市民に説明もされず強行は「脱線」です!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸