t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設建設と管理の不可解

新年度となり、新元号「令和」と発表され、日本中が湧いています。

・国民の希望や夢が実現され、日頃の暮らしぶりの改善向上を願うばかりです。

・新年度の切替えに当たって、再々度、ハコモノ問題を確認したいと思います。

・これを踏まえて、新年度の施政監視を目指すためです。

 

---ブログテーマに戻って---☆---

ハコモノの問題点を抽出し対策を考えて頂きたく動向情報を提供させて頂きます。

・「財政削減」と「費用対効果」について問題と思われるハコモノを抽出しました。

   (*くどくて申し訳ありません…確実に、正確にご理解頂きたいがためなのです )

 

---問題のハコモノ-庁舎----☆--- 

庁 舎 - [築40年] [施設費-30億円] - [リース20年後解体!]は施設長寿命化に逆行の矛盾!  

✕「財政効果」は面積単価-二倍の浪無駄遣い (20年-84万円/㎡) -「管理」20年-独占化!

✕「金入り設計書」の情報公開を請求の結果は「非公開」。血税の使途を確認出来ず!

✕「 市民説明会」-「着工3ケ月前!」は「建設通告」- 独断専行の施政は「大家族」無視!

✕「旧庁舎」と比較し床面積「半減」- 縮充方針を「組織分割」は矛盾の施政施策! 

✕「アスベスト除去工事」を指名発注にて追加!   説明会で市民指摘を後から発見とか!?

ハコモノ建設」は「どのような組織づくり」「あるべき行政サービス」の実現をめざして計画されるべきを「市制50周年記念」のためのハコモノ建設強行では失政です!

行政組織を分断は効率低下の大損失! +市民も「いきいき広場」とを右往左往は不便!

 

---問題のハコモノ-高小----☆---

 高浜小学校-[築57年/体育館築48年] [建替-50億円] - [PFI方式-15年の独占化]

✕「支払 - 3年間 - 37億円 」- 「財政負担の平準化効果無し」は説明と矛盾

「管理」15年 - 独占化! -「価格競争無き維持管理 - 初年度から約1億円」の無駄!

✕「市民説明会」-「高浜小-PTA限定」で短時間報告会 (約30分) - 形式だけ!

✕「敷地」東側の法面の補強工事を追加-「約2.5億円」- これも特命発注のようです

⇒ ハコモノ縮充」から始まった「財政削減施設の建設」は、市内でも「最大規模のハコモノ建設」となり「縮充」では無い「集合建設」は「財政削減効果」はありません。

■市制50周年記念として「高小」だけ先行建設では義務教育の平等公平もありません。

・無い無い尽くしの施設建設は不可解でしかないのです! 

 

---問題のハコモノ-民間プール建設----☆---

■高小プール廃止 - 民間プール建設は公共施設を早期解体+「3億円」負担は過剰優遇! 

✕「縮充建設」の見本-埼玉-小学校は「屋上プール」-高小は約1km先に民間プール建設!

✕ 「プール建設地」は「青少年ホーム(築40年)」を解体。その土地整備に「3億円!」

「小学校プール施設相場-約5千万円」つまり「土地整備」だけで「プール-6基分!

✕ この「土地整備」は当初「9千万円で落札」を「3倍」の「2億5千万円」で特命発注!

発注先は「産廃免許」の無い「プール運営会社」- 結局、地元会社に工事丸投げ!

✕「水泳指導独占」30年間- 水泳授業「2時間」は実質「50分」✖5回 ≒ 10時間換算?

 

 

●感覚的な「単語」の羅列ではご理解頂けないかもしれません。

ハコモノ計画の特徴的な言語は「独占」「非公開」「無視」「矛盾」「特命」等々

いかに不適切なハコモノ建設を強行されているのかをご理解頂きたいと思います。

・そして民間企業を過剰に優遇し、商権の独占化を付与され違和感ある施政運営です。 

 高小の支払い計画も、説明は「支払い平準化」により「財政負担を軽減化」と言われたはずなのに「37億円」を「3カ年払い」では平準化効果も疑問です。

 

 施政運営の説明責任も果たされず、巨額のハコモノ建設を強行は後世の市民を借金返済の犠牲とすることは根本的に間違っています! 

   この過ちが繰り返されていること、強行されていることが問題と思います

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸