t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 公共施設使用料 - 倍額値上げの疑問 Ⅱ

公共施設の使用料が疑問の対象施設は「縮充-倍額-50億円建設」の「高小 - サブアリーナ」です

「財政削減」と言われ、実態は「小学校-建設費」は相場は「20億円」が「50億円」に化けてます

 

公共施設である「リース事務所」や「高浜小」の維持管理を数十年にわたり1民間企業が独占は不可解

この維持運営管理に「リース事務所-16億円」「高小-推定13億円」を割当は不適切な独占事業です

・「リース」選択要件である「財政効果」は当初「35万円安」は、現在「数千万円」も高額の可能性…

 

「財政削減」を提唱され、唐突に開始された公共施設-倍額建設計画

   - 判明結果は、高浜と市民を裏切りの事業が強行されています

 

● この破格の「倍額建設」を強行されたため、「施設-使用料」も倍額設定は市民が犠牲の五重苦です

・五重苦とは「中公-早期解体・か美術館-100億円・分院-60億円・リース-30億円・高小-倍額-50億円」 

思い付くままでも「250億円」- ハコモノは巨額の血税負担となります - 慎重丁寧な対応を戴きたく 

・更に、市民には「スポーツ施設-体育館」の「使用料 - 数百円」でも徴収と六重苦の押付けは疑問です

  過ちのハコモノ施政は半世紀もの長期にわたり市民を苦しめます

  

---「サブアリーナ」の疑問 ---☆---

「施設使用料の目安」-「㎡単価を倍額設定」は市民を犠牲の施策であり、疑問と不信しかありません

・現-体育センターや他市施設を調べても「分割使用」を設定されているのに、サブアリーナは全面限定

施設の有効利用の面からも「分割使用」は当然の施策なのに、市は拒絶 - 全く執務レベルも疑問です

 

<施設概要>  *「サブアリーナ」は「現-体育センター-築43年」の代替として早期建替えですが問題山積 

f:id:t2521:20201207120038p:plain

「体育センター」は、まだ築43年 - 施設寿命は80~90年の鉄骨鉄筋コンクリート造  

・年間利用者 – 延べ約3万人もの市民-老若男女が利用し活動しています

築43年の寿命半ばの公共施設を「駐車場を増設」のため早期解体とは浪費と過ちの施設計画です    

・しかも 「耐震強度が無い」 「液状化で危ない」と説明は誤魔化しのようです - 武道館は継続が証し

・「耐震強度」が弱いなら「学校と同じ-耐震補強」をすれば「2.5億円」で改修可能 (20万円/㎡)

これを「サブアリーナ」建替は面積は狭小 - 「使用料」は8割増は市民サービスの低下です  

・「サブアリーナ-建設費」は「約3.3億円」を投入 (総務省単価-36万円/㎡) – 血税1億円の浪費…

使用料の値上げは、浪費建設の挽回策…? – 市民に浪費建設のツケを押付けは責任転化では…?

 

<「体育センター」を解体する市説明> 

● 最近、判明は「解体は駐車場-増設」が目的は不適切な計画 - 問題は「ウソ説明」で強行は裏切りです 

f:id:t2521:20201207120419p:plain

 

<「施設使用料」- 武道館は「個人」使用料も設定>   * 「サブアリーナ」は「全面使用-限定」  

「施設使用料」設定の基準も無く方針もなく、思い付きでは … 過ちの判断基準は市民が犠牲です …  

f:id:t2521:20201207121247p:plain

・「体育センターは半面貸切-有り」「武道館は個人貸切-有り」-「サブアリーナ-672㎡-全面」のみ…?

使用方法は「予約-全面」のみ - 仮に「スペース」が空いていても予約優先 - 他者貸出し禁止は不適切! 

 ・これが「大家族」- いいまちの施策とは到底思えません - 譲り合う余地のあるルールづくりがあり方 

 

<公共施設管理のあり方も疑問>                      

まだ利用可能な施設を早期解体し建替は浪費 - 使用料の倍額設定は市民サービス低下であり不適切

これは明らかに「武道愛好者」を優遇 - 一般競技者を差別の使用料体系も不適切の証しとなっています

武道館 – (築41年)

面積-598㎡

使用料-  620円

㎡単価-1.04円 (100)

サブアリーナ

面積-672㎡

使用料-1,320円

㎡単価-1.96円 (188)

 

・「武道館」も、液状化の危険があるのに存続は不合理で不適切な公共施設管理ではないでしょうか

結局 -「体育センター」は「駐車場-増設」を優先の不可解で不適切、浪費のハコモノ行政の犠牲です

 「適正適切・公平公正」な公共施設管理は市民の切なる願いです

 

---「高小-倍額建設の疑問」---☆---

  思えば「高浜」には「総合体育館」と言える施設が無く残念です

地方大会や県・全国大会の会場は市外開催なのでは … 子どもらが身近に実戦が見学できないのです

  市の方針は「隣市 - 周辺の街」の施設を大いに使おうと提唱です

「移動」や「使用料」の補助も無く市民単独の利用強制は無策の証し

 「高浜」は貧乏な街と言われる方も - しかし分院には「60億円補助」- これはK市市民(人)の倍額負担です

 

「縮充-狭小-倍額建設」の財政効果は破綻しています

「建設規模」は狭小を倍額建設 - 市は「面積削減が財政効果」と説明?

「高小-公民館-面積」は「中公+大山会館+老人憩の家」の「5%」と 「95%削減」でも倍額…?

  ハコモノ建設の疑問は募るばかりで、結果、市民が犠牲の施策です  

 

---ハコモノ行政の危険性」---☆---

「使用料-倍額値上げ」は施設建設の失敗を市民に押し付けです

「施設」により「分割設定」の有無があるのは方針も基準も無き証し 

  公共施設は方針も施策も右往左往 - 混迷の強行は市民が犠牲です…

 

「縮充」は財政削減策と言われ「倍額建設」は業者優遇の証し 

  結果-施設使用料も「隣市」と比較し倍額設定は裏切りの残念な施政 

 

  施政の失敗を「市民」に押し付けは責任転嫁の証し…高浜破壊の前兆

  残念ながら議会は素通りのようです … 施政を直接監視が必要です

自治基本条例」も無きが如しの施政施策の経緯経過が過ちの証し…

   

   施政は「間違いの無い」「適正適切」な施政運営があり方です

   過ちがあれば修正検討があり方を面子優先は泥沼の施政に陥落です

 

「財政削減策」である「縮充」建設は、既に破綻し浪費の連続です

  ハコモノは着工後の挽回は、数十年~70年後の更新時期まで先送り

「リース然り」「高小然り」「プール然り」「美術館然り」…

 これで「財政困窮」は当然 - ハコモノ建設強行の結末です

 問題は、施政で強引強行され、結末処理を市民負担に丸投げです

 説明責任も果たされず、過ちのハコモノ倍額建設は今日も継続です…

 

「高浜」の未来像も無き業者優遇のハコモノ建設は後世の市民が犠牲 「過ちの公共施設推進プラン」強行は「高浜 - アブナイ」施策です

   この悲願の警報が届くとよいのですが … ささやかな願いです

 

  (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸