t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 新城市に学ぶ 庁舎建設の偽計

・当初から、高浜庁舎の建設には不信感を持っていました。

・連続の「早期解体」、説明無き「施設建設」、「追加工事」の常習化、そこに「財政削減」は無く、より高額な相場で発注は血税の浪費しかありません。

ひょっとして血税」は、行政と議会のものと勘違いされているのでは…?

 

・「新城市」の施設建設の経緯経過を学びました。

   (*「計画的」な施設建設計画、「市民」への説明責任のあり方、「情報公開」等々…)

市民と協同の無謬性の施設建設のあり方は眼からウロコが落ちるようでした。

 

・同時に、高浜は「不可解な施設建設」であることを確信しました。

   (* 行政と議会が、市民を欺き、嘘の計画「偽計」を用いて建設強行は歪んでいます)

市民5万人に対する「裏切り行為」は、犯罪にも近いものではないでしょうか? 

 

---庁舎建設の偽計の図---☆---

1・「旧庁舎の耐震改修」-「37億円」を要する  ⇒「37億円」は"ねつ造"です

3・「リース建設」の「コスト削減効果」-「10%」⇒「CD効果-10%」も"虚偽"です

「リース建設」は、この "ねつ造"と"虚偽"説明で決定されたのです。

f:id:t2521:20190629083910j:plain

・この資料は、庁舎「着工当初」から「竣工後」まで掲示。現在、削除されてます。

 

---情報公開を反映した修正図---☆---

1・「旧庁舎の耐震改修」-「33億円」  ⇒  (*更に、この額も「水増し」の可能性が?)

2・「リース建設」の「コスト削減効果」⇒0.01%」-「実質効果額-▲38万円

現時点で判明の情報を基に「リース建設効果」を反映し作図しました。

f:id:t2521:20190706004217j:plain

要求仕様「33.2億円」より「1円」でも安ければメリット有りと、結果、「▲0.01%-38万円」にて「リース契約」は癒着同然と疑うのは世の習いです。

 (*その疑いを払拭するのが「無謬性」なのですが、それが見当たらないのです )

 

問題は、正確に上記の説明をした場合、賛成市民は極めて少数だったのでは? 

・しかし、誇張、ねつ造を加え虚偽の説明で施設建設を強行は裏切り行為です。  

 

---市民の素朴な想い---☆---

・「大家族」の信頼に反し、財政効果の無い「ハコモノ建設」を強行は疑問であり、

残念でもあり、失望しています。

  

・例えば、住宅購入時、「床面積-半減」で家族は別居となる新築-狭小物件を「価格メリット - 0.01%」もあると購入決断される方は如何ほどみえるでしょうか?

これを「強行」は、あってはならないことです!   市民を裏切る行為ですから…

 

  この誤謬が明らかな「リース庁舎」は、市民5万人が20年間も犠牲となります。

普通「30億円」も投入の庁舎なら、市民の財産ともなりますが、「リース」は、民間の財産で借りものなのです。

・「 庁舎」とは事務所機能さえあれば十分なのでしょうか? 

 

・例えば、学校施設には、学習機能のほかに「愛着」や「誇り」を持つと思うのです。

・まちの象徴である「庁舎」がリースであれば「まちに対する愛着」も「誇り」も醸成は出来ません。結果、郷土愛すら希薄化するのではないでしょうか?

 

 リース庁舎は「大家族」精神の崩壊をも招く、危険なハコモノと思います…

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸