t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 職員の過剰な削減 ? Ⅱ

行政は、カイゼンの一環として「職員の適正化」に取組んでいると答弁されてますが

 実態は「過剰な削減」と思われます。

結果、職員の「健康被害」等が増加は、「職員-いじめ」が常態化の証しでは…?

・他の自治体に比べ、「職員半減」は「執務負荷が倍増」の可能性が懸念されます…

 

・先回に続き、「国」・「県 (市) 」の状況から「適正職員数」を類推してみます

 

---「高浜の職員数」---☆---

 ● 高浜の「職員数」は下記のようです。

 自治

  人 口 (人)

  (H30年1月)

  一般職員

         (人)

  教育公務員

          (人)

  合 計

          (人)

 

  高 浜

 48,154      188       34     222

 

● 職員削減に注力し「全職員-222人 - 全国-800位 / 815市区」の極限まで削減は異常では?

・結果 -「財政力-全国-80位」なのに「住みよさ-320位」に転落の原因かもしれません

・この財政力を「市民サービス」でなく「民間分院」補助も適正適切とは思えません?

「職員を過剰に削減」は施政戦力の低下を招き、施政施策が低落しているようです


---「国」の指標 ---☆---

■「類似団体別職員数」- 人口と産業構造から類似する市区町村をグループ分けされ、   「人口1万人当たりの職員数の平均値を算出し、職員数の比較をされています。

   [検索] : 総務省|地方公務員制度等|市区町村別人口1万人当たり職員数一覧(平成30年4月1日)(愛知県)

 

● この比較表から「全国-自治体」の加重平均を基に「高浜-職員数」を試算しました

 総務省 -「類似団体比較」   普通会計  (全職員数)   一般行政  (行政職員)
加重平均-職員数(人)-(人口1万人当り)    82.04    63.28
高浜-職員数 (人) - (4.8万人×平均値)      393      303

 

●「高浜」-「全国最少職員」で、施政運営は、低落、劣悪化を招いているようです…。 

「平均」が適正とは限りませんが、現状施政の実態では「最少」は過少と思います

 

● その証が「自治体が自ら稼ぐ - ふるさと納税」-「H30年 - 高浜 - 約6千万円」と不振?

「全国- 860位」では、まだ平均未満。  ふるさと納税 - 平均額は「約2億8千万円代

 

自治体は「徴税」で運営に加え「ふるさと力」を発揮する事業運営も評価尺度です。 

・「ふるさと納税」は、自治体が自らの智慧と努力で稼ぐ「税収増強事業」なのです。

「過剰な職員削減」は戦力不足を招き、新規事業の成果が未達成の一因なのでは…?

・その機会損失は「数億円規模」の巨額に達していると思われます。

 

●「狭小リース庁舎」の「チャレンジ-コーナ」も、実態は「休憩室」となっています

「貴重な血税」を利活用し、市民に期待と夢を抱かせ「休憩室」とは…??  失策です

 

---「県」- 各市の実態 ---☆---  

県も「県内の各自治体の経営実態」を把握公表されています。

  [検索] :  愛知県内市町村の財政状況資料集 - 愛知県

・このデータを基に「職員数」の「平均値」を求め、高浜の職員数を試算しました。 

 自治

  平均人口

  (H30年1月)

  一般職員 (a)

          (人)

  人口指数 (b)

(平均人口/高浜人口)

   補正職員数

    (a/b)   (人)

 愛知県-20市

   (平均を試算)

  138,563      870        2.88      302

 (*20市-平均 - 刈谷/安城/碧南/長久手/半田/大府/東海/知多/岡崎/豊田/新城/田原/瀬戸/愛西/一宮/岩倉/弥富)

県内-20市を抽出-「行政職員数」を算出 -「各市の実態」から「高浜-302人

  

---「職員数」の再考 ---☆---

高浜の行政職員「188人」- 全国-最少で、施政レベルの低劣化が発生しています。

「市民税」「固定資産税」は他市と同じ。なのに「職員」を過剰削減は疑問です

・更に、「介護保険」も「国保税」も、県下、三河でトップ級の割高は劣悪施政…

 

●「各自治体」の施政や行政サービス等、職員の執務内容は、ほぼ同等と思われます。

よって「執務」が同じで「職員削減」は「過負荷」を招き「執務品質」や「企画」

  「執行」が低劣化は当然の帰結となっているようです。

・「50周年」-「ちょうどいいまち-ちょっといいまち」もどこかの町のパクリとか…?

 

●「国」や「県市」を基に試算すると「職員-平均数」は「高浜-約300人」です

・恐らく「他の自治体」と遜色ない行政施策を享受となる「職員数」と思われます。

 

●「議会」で「263人」が適正との答弁を考慮すれば「適正数」は「263人~300人

これが「適正な行政サービス」を提供が可能となる、更に、職員さんが成果を上げる

  働き甲斐のある「適切な労働環境づくり」の第一歩と思われます。

 

● やはり「全国最少-188人」では、活力ある「まちづくり」は不可能が明白では…

・市職員の組合が無い事も弊害拡大の一因か…「職員-いじめ」は不適切の極みです。

 「大家族」が 望んではいないであろう、首切り-施政施策を強行は過ちと思います…  

 

「大家族」に加え「職員」にも優しい施政を切望します 

 「行政サービス」「まちづくり」を充足前に「職員削減」は本末転倒かと思います。 

 まずは「あるべき-まちづくり」の実現を見極めて、職員削減があり方と思います

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸