t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 行政監視の必要性 Ⅱ (総務省単価)

● 先回は「施政資料」として、他市は「周辺や関連自治」との比較を出されています

・ところが「高浜」は、市-単独情報のみで作成され、行政施策を強行です…

・なぜ、市民を「籠の鳥」として扱われるのでしょうか?  納税の道具扱いの証です。

結果 - 施設面積は「全国-最低レベル」の狭小化を更に強行は市民生活はどん底です

 

・これが、市民の願いであり、夢なのでしょうか 「庁舎-リース」も国内唯一では…?

「他市」のご婦人方に説明したら笑われました - これが施設評価の現実なのです…

 

今回は「財政削減」を目標に開始された「施設建設」につき、市は「総務省単価」を採用され、建設額-見積の正当化は「過ち」です。今回、これを再検証します

 

●「総務省単価」は、「公共施設」の更新につき、従来の尺度であった「築40年」での早期解体や更新は「自治体」の財政が破綻すると警鐘発信のため設定されたものです

・各自治体の「2010年代」から未来「2050年代」の「約40年間」の施設改修や更新を想定し、その「財政負担額」を超長期シミュレーションするための「設定単価」です。

・これは、下表のように「施設」を目的別に分類されています。

「過ち」は、このシミュレーション単価を固有の施設建設に適用は浪費のシカケです

  

--- 総務省-単価」 ---☆---

■ 全国の自治体がこの単価を採用され「未来の施設負担額」を推計のようです。

 総務省-単価   更新(建替)  大規模修繕
  公共施設  期間-3年間  期間-2年間
 市民文化系、社会教育系、行政系施設  40万円/㎡  25万円/㎡
 スポーツ・レクリエーション系統施設  36万円/㎡  20万円/㎡
 学校教育系、供給処理施設等  33万円/㎡  17万円/㎡
 公営住宅  28万円/㎡  17万円/㎡

 

・「総務省-単価」が高額は当然です。未来-2050年代までの建設費相場を包含のため、建設資材や労務費の価格上昇分も含まれた「価格設定」ですから…。

・更に、如何なる建築構造にも対応するよう、施設構造は区別なしの「目安単価」です 

よって、恐らく最高額の「鉄骨鉄筋コンクリート造」を前提に設定と思われます…。

 

●「高浜」もシミュレーションされ、従来方式で解体・更新は「520億円超」と試算

「健全な財政運営」のため「施設費を削減策」は「長寿命化」が最優先課題です

 

ところが「市」は「更新」してから「長寿命」と従来方式の施設計画を強行の浪費! 

・これでは「財政-困窮」におちいるのも時間の問題かと思います。あるいは「行政サービス」の廃止や、目先を変えた徴税の連続となることが予想されます。

「他市の施設を利用せよ」「国保税の値上げ」「ごみ袋-有料化」がこの証の一例です

 

---国土交通省の建築相場単価」---☆---

● 建設着工実績を「国土交通省」は「建築着工統計」として毎年公表されています。

⇒ この資料データを基に「構造別」の建設単価を調べ、下表を作成しました。

 

■「国土交通省」-「着工建築物 : 用途別、構造別 -工事費予定額 - 愛知県」より抜粋 

構造別 (H30年) 鉄骨鉄筋 コンクリ造 鉄筋 コンクリ造  鉄 骨 造
 学校教育用  36.4万円/㎡  27.5万円/㎡  20.9万円/㎡
 公務用建築  37.3  37.0  26.1
 事務所  31.4  31.1  25.1

  

● お分かりのように「総務省-単価」とは、大きな差額 -「約2~4割減」は当然です。

学校-鉄筋コンクリ造 -「総務省-単価-33万円/㎡」:「国交省-相場単価-27.5万円/㎡

・なぜ「市」は、高額な「総務省-単価」を採用強行されたのでしょう…? 

  

---「高浜小 - 建設費の比較」---☆---

「財政削減」が目的であるのに「高額」な単価を採用は巨額の浪費となります。

「高小」を事例に施設費 (建設費) を試算比較してみました。

 

「高浜小学校」- 施設費の比較検討 

高浜小

 面積

    (㎡)

 構 造

総務省 単価

  (万円/㎡)

 施設費

   (百万円)

建築相場単価

 (万円/㎡)

 施設費

   (百万円)

校舎   6,752 鉄筋コン  33  2,228  27.5  1,857
体育館   2,312 鉄骨造  33    763  20.9    483
公民館     853 鉄筋コン  33    281  27.5    235
市民体育館     922 鉄骨造  33    304  20.9    193
児童センター     639 鉄筋コン  33    211  27.5    176
合計  11,478      3,788    2,943

  

●「高浜小-施設費」-「総務省-単価-約38億円」:「国交省-建設相場-約30億円」

この「総務省単価」を採用は「8億円」に及ぶ巨額の浪費 (試算) なのかもしれません

   

●「高浜小」の建設施設費は「48億27百万円」と発表されています。通常の倍額です

・市は詳細非公開のため推定ですが「施設費-37億円」∔「維持管理-12億円 (15年間)」

「学校」の維持管理に、新築直後から「毎年-80百万円」支払いも不可解です…?

このように「大家族」に公表せず強行が財政私物化の証です 

 

以上より「シミュレーション用価格」-「総務省-単価」を、そのまま「固有の施設費-見積」に転用は不適切の極みです。

・更に、この「割増見積」を「施設建設費」として予算化は最たる浪費そのものです。

血税を湯水の如き浪費は、いかがなものかと…。説明責任を果たして戴きたいもの…

根拠も説明も無く「相場」より「2割超 -8億円高」の学校建設が強行されています

 

 「不正」とも疑わしき「施政のあり方」は不適切の証し 

 

---「ぶろぐ - あとがき」 --☆---

「財政削減」を御旗にして、実態は「早期解体」や「相場より割高建設」を強行は

 不可解でもあり、後世の市民の財政負担の犠牲を如何様にお考えなのでしょうか?

この「後世」にも配慮されない 公共施設計画を強行は「破壊のまちづくり」です

・「財政削減」と言われ「民間分院」に「60億円」もの巨額補助も「私物化」の証です

 

●「学校」しかない巨額投入の「破壊のまちづくり」を、誰が望んでいるのでしょうか?

・「国」は、「施設建設」に当り、地方公共団体は『住民の生活や福祉の向上を図り、個性豊かで魅力ある地域づくりを推進するため』とされています。

 

客観的な資料も作成されず、市民に説明もされず、施政の思惑だけを強行の過ち…

公」として不適切な施政は「無謬性」が欠落の証であり、残念を飛び越えています

  

「大家族」宣言の精神を回帰戴きたいと切望するものです

 今一度、立ち止まり「施政のあり方」を再確認が必要です

 

 (最後まで、ご精読 戴き ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸