t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 無謬 - 適正適切なまちづくり

● 「無謬」- 後年、検証されても絶対に間違いの無い "まちづくり" は "公務" のあり方のようです。

「納税者」の全面的な信託に値する「費用対効果」の発揮が成果として求められ、力量でもあります

 

・「議会」- 議会では、どのような発言であろうとも、それを裏付ける根拠のもとに発言があり方かと…

年「高浜-公共施設」は築40年程度 (税法-耐用年-50年) を連続で「早期解体」は不適切の限り …

・これを、 施政や議会は「面積削減」だから「財政削減」と主張説明されているようです

「国内-自治体」では「財政削減策」として「施設-長寿命化」の方針 -「高浜」は「早期解体」…?

 

  結果-「高浜」だけ「ホール」の無い街…児童生徒は「市外-施設」へ

・驚きは、施政はこれが「定住自立圏構想」のあり方と自画自賛 … 子や家族の犠牲や負担はご関心無し

 

「碧海五市」で「高浜」だけホール無し … 施政はこれを「財政削減策」と説明 - 次に、代替施設として

  「高小」- 体育館を充てると「4年間」- 行政サービス欠落後、なんと「倍額-50億円」を要して建設強行

これが本当に「財政削減」なのでしょうか …?  効果は「公民館」を廃止し「面積削減」とか …?

 

・実は「高小」- 体育館がホールでは「休日-土日」しか使えません - これを機能充実とは … 更に、隣に

「市民体育センター」を併設 - こちらは「舞台」も無しを機能充実とか …?  矛盾と誤謬の倍額-50億円 …

「施設面積」を「削減」だけ注力され「機能-充実」は無視のようです。 市民体育Cも面積-▲3割減 …

・「高浜」の災害時の避難所の収容数は「約3千人」程度と足りないのです。これを「削減-強行」… 

 

 「施設面積」を狭小削減は「市民の安全安心」「命」をも軽視の「財政削減」優先は施政として過ち! 

 

●「面積削減」を目標に「早期解体」を強行は、市民目線には「破壊」と「生命-軽視」と映ります…

・どうも究極の「施設目標」は「学校」しかない "まちづくり" を目指されているようです…

「結果」- 「市民生活」は「豊かに」「快適に」、「ちょっといいまち」となっているのでしょうか… 

 

「早期解体」の「破壊」の "まちづくり" は疑問しかありません 

 

--- 「庁舎」の狭小化 ---☆---    (*施設面積の削減効果を確認してみます )

「縮充」と称され「新庁舎」建替え -「狭小-リース (20年) -30億円」を確認してみたいと思います

    (*「縮充」- 面積-削減、機能-充実。会議棟もチャレンジ-コーナとして「休憩室」が出来ました )

 

総務省による、市勢規模が同等とされる「類似団体」リストから選択し比較してみました

 (*「言葉」では騙されますが、「数字」でウソを語る事は難しいと思われます )

 

自治 人口 (千人) 職員数 (人/万人) 施設面積 (㎡/人) 庁舎面積 (㎡) ふるさと納税-H30
南足柄市    44   61.9  3.5  11,176   318  (百万円)
小野市      49  59.7  3.6  10,000     95
瑞浪市  38  94.3  4.8    6,152     40
高浜市      49  45.9  2.9      3,668

    59

 

・「職員数」- 「類似団体」では「最低」 - 施政企画レベルはいかがなものでしょう

一例に「新-市HP」でも伺い知ることが出来ます … "検索" の手間が前回より時間を要しています…

・まちの収益策である「ふるさと納税」も残念 … "魅力" が無い街でしょうか … 他市は"開発"されてます 

 

・「施設面積」-「同規模」の "まち"なのに、なぜ「高浜」だけ「施設面積も最低」なのか…?  更に削減?

「民間分院」に「60億円」もの巨額補助できる「財政-余力」があるのに…?  市民には「財政困窮」…?

・なぜ「市民還元」されず「徴収強行」 - 「分院」や「業者」さんにだけには優遇されるのでしょう…?

 

・「庁舎」-旧庁舎「7,674㎡」をリース庁舎は半減「3,668㎡」-20年間-30億円-▲38万円も安価と契約!?

「結果」-「組織」も「施設」も分断 -「面積-半減」は、不便で、みすぼらしい庁舎が街の "顔" とは…

 

 「面積削減」は、高浜の未来も破壊しているのでは…? 

 

「大家族」宣言は言葉だけ? … 虚しさを覚えます

 (*「失政」を言葉でカモフラージュされているようにも聞こえます… )

   …「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」… 実に言葉は巧み …

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸