t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 情報隠ぺい体質と不公平な学校建設

住民活動を初めて、はや4年経過。ようやく施政の実態が分り始めたようです …。信じがたい事ですが

・それは残念な「情報隠ぺい」-「説明責任の回避」、そして「施政強行」の「浪費」- 裏切りの連続です

・その裏切りの証しを、紐解いていきたいと思います

第一に「公共施設」- 高浜の未来は「学校」だけの街づくりを目指す施政のあり方も疑問の連続です

 

--- 「学校施設」の管理計画 ---☆--- 

再度「学校」に取組むため、情報重複もありますがご容赦戴きたいと思います

⇒ 基本資料は「公共施設のあり方計画 (案) 」- これは「国-総務省」の施策を受け全国自治体が取組み

  - 本来、下記のアドレスですが、資料がすり替えられてます- 隠蔽か?  情報非公開は説明責任逃れです

     [検索] :  https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1565.pdf

・つい先日まで、右記のような「表紙」の資料でしたが … 理由不明 …   f:id:t2521:20200712210615p:plain

 

--- 「公共施設」問題の予備知識 ---☆---

1. この施設計画の狙いは「財政削減」- この施策として「早期解体」を改め「長寿命化」が国の指針です

「市」も建前は「長寿命」の方針を決定 - 実態は「早期解体」の連続は浪費 … ご承知の通り …

 f:id:t2521:20200712210639p:plain

・この「70年」も疑問 - 多くの自治体が「80年」を選定 - 物理的にはRC寿命は80年~100年超 …

 ⇒ 岡崎市民会館も「築50年」を改修し「寿命-80年」、安城市は「90年」設定されているとか…

・「高浜」は、早く壊したい、高額で建替えしたいと強行は不適切な施政です 

 

2. 施設管理上の「将来の財政負担」を「シミュレーション」のため設定されたのが「総務省-単価」…

・ この試算期間は「2050年代」という未来-30年先の施設建設をも想定した「割増しの単価相場」です

⇒「高浜」は、この未来単価を現実の施設計画の「建設単価」に流用は「水増し」の建設費を計上です

 <総務省単価>f:id:t2521:20200712210651p:plain

例えば-「学校」の「建替え-33万円/㎡」、「大規模改修-17万円/㎡」と水増しの単価です。

建替えの実相場は「建設省-建設着工統計-H30年-愛知県-RC造-学校教育施設-27.6万円/㎡」

・ つまり「33万円」÷「27.6万円」=「1.196」と「2割増し」された単価を流用は不適切な証し…?

 その実態は「財政削減」という根本方針を逸脱された浪費の証し 

    このように「ハコモノ建設」は、特に、監視が必要です   

 

--- 「学校」建設の疑問 ---☆---

「学校」施設は「平等公平」が、原理原則と思われますが「高浜の小学校」は不公平の連続のようです

 

    高浜小 高取小 港小 吉浜小 翼小 合計・平均
1 改修時期-年 H29 R4 R8 R5 R18 R7
2 大規模改修-百万円 3,300 1,050 830 1,090 1,781 80億51
3 延床面積-㎡ 10,000 6,061 4,898 6,390 9,729 37,078
4 児童数-人 648 534 431 774 734 3,121
5 面積単価-万円/㎡ 33 17 17 17 18 23
6 児童単価-万円/人 509 197 193 141 243 258
7 単価指数 100 34 34 25 42 47

 

5.「面積単価」- ほぼ「総務省単価」と同額水準では「水増し」されている可能性が高いと思われます

「総額-80億円」であれば「約16億円」もの巨額の浪費と思われ、とても適切とは思えません

「高小-33万円/㎡」は、実相場の「2割増し」- ということは「約7億円」もの浪費なのでは …? 

 

6.「児童単価」- 現在の児童-一人当りの「建設投入額」を比較してみました

・これ程の巨額の差は、納税者や保護者が、とても納得できるとは思えません

特に「吉浜小」は、劣悪 - 虐待同然は異常な教育投資ではないでしょうか

 

このような「 不適切な計画」は見直しが必要ではないでしょうか

監視機能が欠落の議会通過は無効と思われます

これでは「高浜」破壊の "まちづくり" であり危機感を覚えます

 

----------------------------☆---

・このように「建設費」は水増し、「学校比較」すれば不公平 …

  この施政感覚は常軌や無謬を逸失していることは明らかです

・議会も「行政賛同」だけで「監視機能」を失っています 

 

 残念な施政を更生は「市民力」しかないようです …

   このまま黙認は「数百億円」の血税を棄てる事に …

「高浜」を未来に繫ぐために、あえてご案内させて頂きます

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸