t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - リース庁舎の矛盾建設 Ⅲ

先回は「建設費」について検討し、今回は「維持管理面」を考えたいと思います。

市の資料では「維持管理・運営費計 - 年63百万円」と、極めて高額な経費を計上。

これを「20年間」で「12億57百万円」としています。

しかし、旧庁舎に比較して床面積は「半分!」、階数も「5階」から「3階」と低層化!

    (*総床面積 :  ・旧庁舎- 7,674㎡ <100> 対 ・リース庁舎- 3,668㎡ <48> )

常識的に考えても「同額規模」の維持管理費を要するとは考えられません! 

 

---維持管理・運営費 (旧庁舎基準) ---☆---

● この「ハコモノ規模-半減」が反映されない「財政投入」は問題であり、過剰な血税提供となっていることは異常事態と考えられます。

維持管理・運営費も、下記の様に根拠無き過剰積算は血税の無駄遣いです。

 

維持管理      (試算額-年間)      (H28年比 - H28年額<4月~12月>)  

建物保守管理       1,190 万円      ( 356% - 334万円)

設備保守管理    881万円    ( 331% - 266万円)

植栽維持管理     13万円   -- 

清掃業務      919万円    ( 119% - 772万円)

修繕費       786万円    ( 26200% - 3万円)

運営費 

電話交換業務    441万円        --         ⇒「交換機方式」に切替え要望有り

宿日直業務     715万円    ( 312% - 229万円 )

光熱水費     1,334万円  ( 126% - 1,058万円)直払い方式に変更

・電気        --          (  *    -   882万円)

・ガス        --          (  *    -     85万円)

・水道        --          (  *    -     91万円) 

・         (*参考:いきいき広場 - 光熱水費 - 1,439万円 ⇒ 庁舎分割の二重払い負担 )

この過剰な積算額を基準とされ「99.99%」で契約とは、過大な優遇措置で異常では?

 

---狭小リース建設の矛盾---☆---

● 施設規模は「半減」にもかかわらず「施設費」も「維持運営費」も「旧庁舎改修と同額- 33億円」もの投入は、明らかに、過剰な巨額血税を投入であり不適切です!

 

● このような異常事態を今まで強く指摘出来なかったことは、監視不足もありますが、施政の「説明不足」や、「ねつ造資料の掲示」という「施政としてありえない」「あってはならない」異常な対応を強行された施政が原因と思っています。

   これが「大家族」のあり方でしょうか?!

 

「狭小リース建設」は極めて異常な「ハコモノ」事業であることが分かりました!

●「財政削減」と言われながら、血税の無駄遣いの「ハコモノ」建設を強行です。

これが、今後、20年も継続されることの犠牲をどのように償われるのでしょう…? 

 

「原理原則」「原点回帰」の 市民本位の施政を!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸