t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 空調利用禁止! Ⅲ (浪費)

学校空調に「倍額 - 8億5千万円」も投入は血税の浪費と思われます

    (*他市の価格と比較し「百万円/教室」も高額 - 「落札率-99.4%」で一社独占工事は浪費の連続 )

「学校」という聖域を舞台に不可解な倍額工事の連発は不適切では

 

・高浜の学校空調は近隣市では最も遅く導入 - 保護者の必死の嘆願活動を受けた結果の決定でした

ところが「設置工事」となると「倍額」「一社独占」「高落札率-99%代」は浪費の仕掛けを強行です

 

ガス空調 設置教室数 予定価格-百万円 発注額-百万円 落札率 万円/教室
みよし市 122 318 193 60.6% 158
高浜 267 854 849 99.4% 318
みよし比 2.2 2.7 4.4 1.6 2.0

 

これ程の差は、明らかに血税の浪費であり不適切な施策 - 市民を裏切りの施政です

・「みよし市」は「各学校毎」に工事を分けて「競争見積」を実施

・「高浜」は、工事を「五校一括」-「一社独占」が、このような血税の浪費を強行の原因では …

更に、その空調設備の運営は「市民利用-不可」とは、裏切りと傲慢な施政の証し

 

 裏切りの施政を強行されていることに気づいて戴きたいと思います 

 

 

--- 「卓球室」の空調設備 ---☆---

●「空調工事」が高額な理由の一つに「室外機を過剰な能力」を選定されていることも要因と思われます

・通常は「室内の冷房負荷」とほぼ同等の能力を選定するものですが「4割」も余裕をもった選択は浪費

 

機種選定

冷房負荷-kw 室外機-kw 負荷率
卓球室   39.5   56.0 71%
教室群-C 121.6 170.0 72%

 

表では「冷房負荷」は「室外機-能力」の約7割しかないのです。

・冷媒配管長も30m程度と思われます。メーカーは「実効配管長 - 90m」も可能と説明されてます

・ガス空調の室外機は「インバータ効果」で、定格能力より「3割アップ」を発揮と言われてます

結果 ー「高額な室外機」は「冷房負荷」に対し「約8割増」の室外機を選定設置も浪費の一因では …

 

・更に「冷房負荷」は、通常、盛夏を設計条件とする最大値 - 学校が夏季休暇中に要する機器能力では…

たまたま今夏は「コロナ禍」で登校となったようですが、工夫すれば、室内機の小型化も可能なはず

・児童参画で「空調負荷」を削減する「省エネ活動」も環境教育の一環かと思います

 

 「学校空調」は、過剰な能力にて機種選定は浪費です

・「浪費-遂行型」の施政では無理かもしれませんが、「節約型」に改めて戴きたいものです

 

● 公共施設の重要課題は「財政削減」と「稼働率」を高める事とも言われています…

・ところが「高浜」は「施設建設は倍額の浪費」「施設稼働率を高める利用促進企画も無い」…

「卓球室-冷房利用不可」は、明らかに設備稼働率を下げる施策であり不適切極まりません …

 

「学校空調-倍額-8億円」は不適切な浪費であり裏切りです

更に、その浪費の設備の利用率を上げる工夫も放棄は施政のあり方

  からも逸脱では …果たして、何の為、誰の為の施政なのでしょう…

 

 正常、無謬の高浜のための施政運営は市民の切なる願いです

 

 

<施設利用を制限する不適切な規則>  

f:id:t2521:20200820212645p:plain

 

 

「大家族」「ちょっと いいまち」宣言を実現実行戴きたいものです

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸