t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

高浜は予算管理も不可解? 

☆高浜の施設計画も不可解ですが「予算」も情報公開が制限され分かりにくいのです。

 ⇒ 市は、予算情報を下記のように情報公開されています。 

  [検索] :  わかりやすい予算書 は、「市民には分かりにくい」情報です。更に…、

● 情報公開されている「予算情報」は、多分に選別された結果と思われます。

● 数十万円規模の予算例も掲載され全容公開を装ってみえますが、基本的には非公開!

⇒「T会・高浜分院」には「何十億円と補助」にもかかわらず、全く見当たりません! 

 それほど、隠さなければいけない情報なのでしようか? 隠すことが不適切です。

---刈谷市のT会への予算補助---☆---  *刈谷市は情報公開が積極的!  

 *刈谷市のHPから検索した予算補助費です。ここまで情報公開されています。

    市民に隠し事せず、市民と共に市政運営という気構えを感じます!   (百万円)

補助事業 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度 29年度
経営支援  210  247   247  248  286  271  271  311  313
施設整備        74  266  254  244      
高度医療      89    96  100  100  100  100  100  100
ネット構築          48            56
健康づくり      10    10    10    10    11    11    11   11
 合 計  210  434  511  760  738  626  382  422  480

刈谷市も、T会補助に、超巨額「計43億円」を負担と分かりました。これを…、

● 人口比で算定すれば高浜は「13億円」。実態は、この倍額超補助の過剰負担です。

なぜ、高浜は、刈谷市の65%相当の負担となるのか?   根拠無き負担は失政です!  

更に、高浜は、病院・土地を無償提供、中央公民館を解体、新病院の建設負担等、刈谷市をも超えた補助負担と、市民生活の犠牲を払っています! 不適切な施政です!

---高浜の予算情報--------☆---

市の「わかりやすい予算」資料を拝見して、高浜小学校の建替え検討業務に、血税「約16百万円」を利用されていることを、明確に知ることが出来ました。

★しかし、高浜では、その具体的な建替え内容を、市民は知ることが出来ないのが実態です。納税者の権利を擁護されない施政は、いかがなものかと、落胆ばかりです。

★あたかも江戸時代における、お代官様と、農民の姿が脳裏に浮かびます…。

  (*TVドラマの見過ぎ?  思い出しました。ある記者さんも「高浜は江戸時代みたい」と言われてました…)

 このような前時代的な施政運営を、いつまでも容認するわけにはいきません!

 後世の市民のためにも「気づいて頂きたい」!

〒444-1335 高浜市芳川町2-10-13 高浜の住民自治をめざす会 電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp 代表 牧 信儀