t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 後世の市民が犠牲のハコモノ建設

・「高浜のハコモノ(公共施設)」を、再度、振り返って考えたいと思います。

  

・市は「公共施設推進プラン」、「H70年」までの長期構想を立案され、ここ数年で「中央公民館」「旧市庁舎」「勤労青少年ホーム」を、次々と「早期解体」強行です!

 

次に、代替施設を、借金建設は、後世の市民が犠牲です。何度も繰り返しますが…、

・市は「公共施設は後世の市民も使う。だから、借金も後世の市民が払うから大丈夫!」

 

● しかし、「早期解体」は、後世の市民の施設の利用権利を剥奪です。残されたのは「巨額の借金」だけ。「市民サービス」も低下し、ひたすら借金生活を強制では!

 (*今回「ごみ袋有料化」も、このサービス低下です。民間企業には何十億円と提供し、市民からは搾取だけ。- 約2万世帯から、各2千円程度を強制的に没収となります… )

 

このようなことを書くためか、かつて「中央公民館」の解体反対の住民投票を起したためか、「議会」からは「悪人」呼ばわりをされているようです。

市民感覚からは、江戸期の施策強行の施政のほうが、不適切としか思えません!

 

● 国も、このハコモノ建替え強行を危惧され「施設の長寿命化」を指針として提言。

・しかし、高浜は「まずは、解体ありき」その後に「長寿命化」のハコモノ方針。

それも「市制50周年記念行事」に間に合わせるべく、説明責任も果たされず強行!

・更に「長寿命化」も、他市は「80年~90年」を、高浜は「70年」を採用は不可解!?

 

今回の「ごみ袋有料化」も、狙いは「ごみ減量化! 」、地球環境保護の視点からです!

しかし「ハコモノ早期解体」は、この環境保護にも逆行と思われ矛盾です!

個人的に、高小の樹齢百年は超えていたであろう樹木伐採はショックを受けています!

  どこが「環境保護」なのか、全く理解出来ません!

・「破壊のハコモノ計画」「まちづくりの破壊」と感じています…

 「破壊施政」は後世の市民が犠牲です。

・唯一の「ホール」も解体され、後世の市民は「隣街」の施設利用に奔走しています…

  (*幼稚園は「安城」、小学生は「碧南」、高校生は「刈谷」、一般は「知立」へ…)

 

---ハコモノの実態---☆---

・ご参考までに「ハコモノ」政策の実態を記しておきます。

● 中央公民館「築36年」で解体 - 年7~8万人が利用。資産価値「7億円」を廃棄!

「民間病院」の要請を受け、公共施設を解体は市民が犠牲です -「計53億円補助!」

・市は「他市の施設を大いに利用すべし」と「ホール解体」の対応を提唱しています。

 (*この解体に便乗して「商工会」には「1億円超-補償」- 36年間の家賃は無償に… )

この「商工会」の移転先-「エコハウス占拠」が「ごみ袋有料化」の真因です…

 

市は市民の「納税率」は他市と同じレベルと言われます。では、なぜ、高浜は「ホール」も無い街に転落は劣悪です。他市と同様の市民サービスを目指されるべきでは…?

高浜市民だけ、隣接市の施設をレンタル強要は、失政の証しです!

 

中央公民館の跡地に「新分院」が建設中です。民間の病院です。この病院の言いなりなのが高浜施政の不可解な点です。

・高浜の一等地を要求され、駐車場も拡張を要求。補助金、減税も要求。現在の新分院も「建設費-40億円のうち、23億円を高浜市民の負担」は異例を飛び越え異常事態です!

「ごみ袋有料化(4千万円) 」は、民間企業に甘く、市民に厳しい施政の証しです!

     (*市民 -「約2万世帯」には「4千万円」も惜しい、ということでしょうか? ) 

 

● 旧市庁舎「築40年」で解体 - 床面積:8千㎡。狭小リース庁舎 - 床面積:4千㎡と半減!

「床面積の半減は「AI」と「ICT」で補完する」とか…? -「リース-20年-30億円!」

・リース建設は、僅か「20年」で、再び「新庁舎」を建設!  また借金がかさむだけ!

 

高小・集合建設のため早期解体 - PFI方式という民間資本に借金建設 -「50億円」

校舎「築57年」・体育館「築48年」- 全て「耐震補強済み」、立派な体育館でした

・公共施設は「縮充-複合化」と言われ、実態は「集合建設」は財政負担が倍増! 

 

● 長寿命化「70年」を宣言後、早期解体は矛盾です。更に、財政余裕無いと説明されながら「高小-建設費-37億円」を、'21年までの三年間で支払いされる計画も矛盾です。

   (*高小建設費-支払い計画 :  '19年 - 23.1億円,  '20年 - 13.1億円,  '21年 - 0.5億円 )

本当に民間に借金する必要性があったのか?  建設会社は15年間、保守事業を独占!

 

民間企業だけが、美味しいハコモノのような気がします…

 

● 愛知県に「ハコモノ」のお手本があります。「県庁」と「名古屋市庁舎」!

   それぞれ「築80年超!」、見習って頂きたい「ハコモノ施政」です!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸