t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム施設建設の残土処理 Ⅴ

血税にて執務遂行には「無謬性」「透明性」が絶対条件であることが市民の期待値!

しかし、施政を少し「かじり」検証すると「不可解」に満ちている事は残念です。

・次々と出現する施政の疑問が、このブログを継続させるのです…。もう3年弱…

 

---ブログ読者さんの声---☆---

● ブログ見ました。「青少年ホーム」は本当に不思議ですね。

・処分土は、先週まで搬出していましたが、すべて処分するのではなく、4分の1くらい残っている状況です。

・どうするのだろうと不思議に思っていましたが、昨日くらいから急に仮囲いを、はじめました。現在作業中のようです。

・処分土の「4分の3」の土の処分は、仮囲いもしていないし、交通誘導員もいなかったのに、きょうから交通誘導員も配置しているようです。

 

・なぜでしょう?不思議ですね。交通誘導員と仮囲いを急に行うのは、何か事故でもあったのでしょうか? 

現場を、よく観察され、進捗状況がよく分かります。

 

●しかし、産廃ガレキを、大部分-搬出の後に仮囲い設置は事後工事の典型例…?  (*3/15)

●「プール施設-基礎工事」の掘削ガレキを搬出時は「仮囲い無し!」 - 写真-右  (*3/4 )

恐らく「見積仕様条件」に合わせて、急きょ、追加されたものと推察されます。  

f:id:t2521:20190315231555j:plain f:id:t2521:20190310230444j:plain

 

現場に、分別し残されている「鋤取り土」も不可解なのです!

●市が「鋤取り」と主張される土壌    ●「鋤取り」当初の土壌外観  

f:id:t2521:20190315232543j:plain f:id:t2521:20190315233122j:plain

   (*「写真クリック」で拡大しますから比較してみてください )

 

---今日のプール建設現場---☆---

 ブログ読者さんの連絡を受けて、今日、現場を見てきました。

・今頃「仮囲い」とは工事管理がずさんな証し。

ご存知かと思いますが、再度、簡単に説明を加えさせて頂きます。 

 

●「産業廃棄のガレキ土壌」は、全部で「約4千㎥」 

・プール施設の基礎掘削ガレキ量 ⇒  約3,300㎥ 

・敷地の表土の鋤取り量  ⇒ 約700㎥ 

県から、掘削業者が異なるためか、それぞれ分別処理するよう指導されたとか? 

・現在、残っているとされるガレキ土は「鋤取り分!?」と市は説明なのですが…?  

 

● 現場で現物を観察する限り「鋤取り土」ではなく「掘削ガレキ」なのです。 

しかし、市は、これを「鋤取り分」と主張されているようです。

 

●「掘削ガレキ」だろうが「鋤取り土」だろうが、どちらでも良い話かもしれません!

・しかし、このガレキ処理に「2億5千万円」もの血税が投入されているのです。

工事原価は「推定-約7千万円代!」

 (*この産廃処理工事は、昨年10月に「約9千万円」にて落札された案件なのです )

 

●その時、落札業者は、いやがらせを受けたらしく、受注辞退に追い込まれ、その後、

産廃免許が無い「プール施設社」が受注し、地元の産廃会社に「丸投げ」のようです

つまり「産廃工事」を「伝票」を通すだけのように思うのですが不可解です…? 

・原資は血税です。丁寧に説明責任を果たされ、大切に有効活用が命題なのです…

 

 結局、落札額の二倍超で工事強行は「財政効果」無し!

 民間企業には優しすぎる施政のように映ります… 

 

 これは不適切な工事として、究明されるべき案件であることを指摘させて頂きます!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸