t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 民主主義の原点は説明責任

・今日は、市議会選挙が終わり、初めての「令和元年」の議会が開催され、無関心であった施政運営にご注視頂きたいものです。 

 ネットで映像配信もされるようです。

 (pc) http://smart.discussvision.net/smart/tenant/takahama/WebView/

 

・しかし、映像配信の議員リストに「新議員」さんは掲示されていません。これが適正適切…せめて、議会初日には、間に合わせて頂きたいものです。 

 

---民主主義の原点---☆---  

・施政の「説明責任」とは、行政と議員には、自らの決定と行動を市民に対して説明する義務がある、という意味らしく「民主主義」の原点と言われているようです。

・この「説明責任」を行使が、市民の声を反映した、施政運営の実現の証しであり、この永続を目的として課せられた施政の義務が「説明責任」ではないでしょうか?

・この行使実現がなければ、不適切な施政や腐敗がまん延の可能性が高くなるのです。

「高浜施政」を振り返れば「施政は行政と議会で決める」と「説明責任」を放棄!

・このあり様が、民主主義からの逸脱であり、この江戸期のような方針が「借金は後世の市民が返す」と無責任な施政運営を強行となり無謬性をも欠いています。

 

---不適切な「ハコモノ」行政---☆--- 

・市民の責任を行使のため何度でも繰り返し記載し「説明要求」します。

「①リース庁舎の建設相場は高額で『+約6億円(約5割)増しの支払い計画であること」

「②高小-PFI-複合建設は約40年間のトータルコストが『+約25億円増』となること」

複合建設の財政効果は無く高額なのです  (*個別建設なら25億円を削減できたようです) 

 

・この説明責任を回避は不適切な「ハコモノ行政」であり、施政責任も追及が必要です

 

・市民の期待を裏切って「説明責任」も果たされず、「ハコモノ」に常識外の巨額の血税を投入強行の意義や効果は何があるのでしょう? …

 

---令和-新時代の幕開け---☆---

・本日は「令和元年-第1回-高浜市議会臨時会」が開催されます。

・いよいよ、新議員さんも加わり、新しい「高浜施政」が開始されます。

江戸期のような施政から「新時代への脱皮、変革の施政運営」に期待が膨らみます。

・市民も隷従盲従からの脱却という意識改革が必要です!

 

   その意識が「大家族」の新時代を築くことになります

 ようやく高浜の民主主義の幕開けを「大家族」で実現したいものです

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸