t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市庁舎 ー 施設計画の不可解

自治体の執務のあり方として「無謬性 (むびゅうせい) 」が問われるそうです。

     (*「無謬性」- 理論や判断に間違いが無い事。執務は「石橋を叩いて渡る如し」)

・従って、長期に渡り、丁寧に検討され、市民の意見や要望も取り入れ推進されます。

 

・多くの街が、この方法で取り組まれ、例えば「新城市」では「構想-20年」「計画-5年」を費やされ「五階建て-免震構造」-「約7,300㎡」-「25億円」で建てられました。

 

・一方、高浜は「方針発表」から約1年半程度で着工です。市民要望を聞くことも無く「3階建て-鉄骨造」-「3,668㎡」-「30億円 - リース - 20年」で不便な庁舎分割です。

   (* 市民説明会も「着工-3ケ月前」に実施では、一方的な伝達だけかと… ) 

- これでは無謬性は欠落です。従い、理解も納得も出来ない建設を強行です。

今回の課題は「リース-終了後」の次の「庁舎計画が白紙のまま」の不可解です? 

  

---庁舎の整備工程---☆---

・市民に説明も無く「市HP」に掲載だけの「公共施設推進プラン」-「400億円」計画

これで「説明責任」を果たしたとされるのか?  - 見ない市民が悪いのでしょうか…?

 

●「公共施設推進プラン」

     [検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/zaimu/shigoto/shisetu/31sogokanri/koukyosisetu.pdf

・計画開始-H27年、終了-H70年(R40年)まで約40年間の施設計画が記載されています。

・対象は「学校(学区)・スポーツ施設・市営住宅消防団・庁舎等々」全施設。

今回は、下記の「庁舎 - 施設計画」につき不可解な点に気づきました。

f:id:t2521:20190727094747j:plain

■ 期間 - 「リース契約」が終わるのは「H49年(R19年) 1月3日」までの20年間。

当然、次の「新庁舎」を如何様にされるのか、後世の市民への引継が必要です。

・[疑問]ところが、庁舎-施設計画」は白紙のまま。コメントだけ追記されました。

-「庁舎-施設計画」は計画白紙のまま、後世に引継ぎか?  無責任な丸投げでは…?

 

・本庁舎の施設計画は「R15年」から「あり方検討」とされています。が、仮に「解体・建替え」なら、工事が間に合わない日程で、その「あり方検討」では疑問です。

なぜ、次期計画に間に合わない日程で「あり方検討」なのでしょう?

・まさか、また不適切な仕掛けで「継続」しか出来ない日程計画なのでは…? 

つまり、現段階から「リース-20年後も"継続"ありき!」 なのかもしれません…

 

・「狭小リース庁舎」は「20年」と言われながら、実は、裏では、秘密裡に「更なる延命策」が画策されている可能性も伺え、またもや市民を騙し討ちの計画なのかも…?

  

  どこまで「大家族」の犠牲を強行されるのでしょうか?

 

「H31年度版」計画には、唐突に「コメント追記」され解説はありません。

  『本庁舎については原則-更地で返還されるが、リースの継続・有償・無償譲渡など、その時の行政需要に応じて検討』と、後世に丸投げの対応案を追記のようです。

この「コメント」は明らかに「リース- 継続」を肯定の方針を急きょ追記なのです。

 

世にも希なる「狭小リース庁舎」は市民生活にも直結しています。この後始末をも「15年後」の市民に託す事は、無責任であり、後世を不幸とするだけでは…?

「無計画」なら選択の余地はありますが「継続」ありきの押付けでは犠牲です!

 

 「リース」は「後世の大家族」も犠牲の施設の証です! 

   

・庁舎「建替え」を選択の場合、新城をお手本とするなら「構想-10年」「計画-3年」「建設-3年」程の長期間が必要なようです。この間に「建設基金」を積立です。

 

・狭小リース「財政効果 - 0.01% - ▲38万円」のメリットでは効果無しも同然です。

・更に「築20年頃」には、空調設備等、様々な設備の改修時期に入ります。

・空調設備の更新は「億」規模を要するとか、よって、リース-メリットは頓挫です。

 

・「狭小リース庁舎-継続」は、高浜財政を泥沼化とすることは多分に予想されます。

やはり「借金建設強行」は、財政効果も無く、市民が犠牲の施政判断と思われます。

・これを把握されながら後世の「大家族」に引き継ぐことは過ちであり裏切りです。

 

・課題は「リース庁舎」の損害負担を最小限にして、次期庁舎に如何に引き継ぐのか?  

建設着工の責任として「あるべき方策」を模索提案されるのが責務と思われます。 

 (*「リース支払い」-「1億6千万円/年」も再検討されるべきではないでしょうか? )

 

---いきいき広場---☆--- 

「いきいき広場」は「改修-13億円」- 「次期庁舎」は、計画も予算も不明のまま…

・[疑問]- もう裏では 秘密裡に「リース継続」が 暗黙の決定事項なのでしょう? 

 

■ 先のコメントに「いきいき広場及び本庁舎のあり方を一体的に検討」と記載です。

・しかし「リース庁舎-継続」では、庁舎改善も改革も徒労に帰すように思います。

⇒ 次に「一体的」を より具体化され説明責任を果たされることも責務と思われます。

・せめて「あり方検討」の日程ぐらいは同時開始が「一体化」の前提条件では…?

    (*資料では「いきいき広場」あり方検討の開始時期が 1年先行。広場が主機能? )

  

  無謬性を欠いたハコモノ建設強行は市民が犠牲です!

 

「庁舎」整備計画は 不可解な無駄遣い施設管理です!

 

   庁舎の真のワンストップ化は また先延ばし!

  「大家族」宣言の真意を取り戻され、

   無謬性の施設計画を望むものです…

    

 自治運営は「行政任せ」から「大家族」による 「大家族」のための自治!

 

   (最後まで、拙文をご精読いだき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸