t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 共生のコロナ対策 Ⅳ (終息対応)  

● 今朝も雨天 … コロナ対策の "慈雨" かと思うと安堵感を覚えます … コロナも、あと暫くの辛抱かと…

・先手、先手の対応策の展開が施政のあり方かと思います。コロナ-終息後の対応策が求められています

 

---「コロナ - 独自施策」 ---☆---

 ●「近隣市」は、コロナ-対応策を着々と推進され、市民も期待されているようです。さて「高浜」は …?

・「近隣市」では「会議録-公開」「学校-自主登校」「住宅-斡旋」「マスク配布」「店舗-支援」等々

  あらゆる分野での「市-独自」の支援補助策を推進着手されているようです。

 

●「20. 5. 9 - 中日-西三河版」も「コロナ-終息後」の回復対応準備の記事が満載となっています。

 

◆「岡崎市」- 花火大会-中止 -  秋祭りで打上げ検討

⋄「給食費」- 無償化 (審議)

⋄「水道」- 基本料金-減額 (審議)

⋄「協力金」- 市独自に営業自粛した事業者に提供 (審議)

 

◆「西尾市」- 市民病院医師らの手当増額 

「西尾信金」と共同でコロナ対応 - 中小など対象相談窓口 

 

◆「刈谷市」- タブレット導入加速 

「基本料金-免除」 - 水道・下水道料金を4ケ月分-免除

⋄「子育て世帯」- ゼロ歳から高校1年生年代の子に「1万円」を上乗せ支給

⋄「店舗-支援」- 「市内の店で使える-プレミア商品券の発行を補助」 

 

◆「知立市」-「水道-基本料金」を四か月間-免除

就学援助制度」- 「食費支援」- 2ケ月分の給食費を支給

 

----------------------------☆---

● 今回の新聞紙面には「高浜」の記載は見当たらず、やはり落胆 - 市民に寄り添った施政を切望します

 

市民ファースト - 共生の新しい"まちづくり"を開始すべき時です!!

 

市民が困窮の今こそ、"手" を差し延べるのが施政のあり方では…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸