t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 市ホームページ (HP) - 改訂要望

●「高浜市」のホームページ (HP) を改訂され、もうすぐ「1年」を迎えようとしています。

・ほぼ、毎日、検索利用する小生にとって、昨年の改訂前と比較し、非常に使いづらく感じて1年経過…

この改訂に「数百万円」を要したとか … 「公共施設」- 同様、費用対効果は疑問です

・その使いづらい最大の原因は「HP-表紙」の放漫な構成 - 緻密さ、丁寧さの欠落では…

 

HP」は「高浜」を代表して、世界に情報発信する「顔」であり、このまま継続続行は、市民だけで

 なく、市外、県外の方々の印象悪化にもつながる可能性もあり懸念しています。

 

・市民の切なる願いは「様式-改訂」を希望するものです。と「市民意見箱」投函して「半年経過」

市のご回答は「まずは、一年間運用するなかで、今回の意見も含め検証をしてまいりたいと考えます」

この使いづらい「HP」を続行のままでは市民意見も無視の証し…改訂される気配すらありません… 

 

市民感覚では「自治体のHP事例」は全国-千件超あり、事例は山ほどあるのに一年間も検証は悠長…

しかし、これがお役所仕事の進め方 - 「公共施設」- 特に「庁舎」は計画書より2年も先行着手は過ち

・本来「HP」や施設使用料等の改定は迅速に、巨額の「公共施設-建設」は慎重にがあり方を逆行の過ち

   歪んだ施政の修復を図るのは望み薄かもしれません 

 

さて、HPにつき半年前、下記のような意見指摘をさせて戴きました。 (一部-追記修正)

1. 例えば、その「トップページ-表紙」を比較検討頂きたいと思います。

 ⇒「トップページ (表紙) -頁数」-高浜-4」対調布市-2- この頁数でも見易さは一目瞭然…

 

・今回 (11/13)、改めて「各団体のHPの表紙の大きさ」について「クリック数」で比較してみました

HPの表紙全体を確認するために「高浜」は「11回」(表示-100%) も要することが判明-悠長な表紙です

 

・最近「見える化」と盛んに言われます - 資料の目標は「一目瞭然」を目指しているのでは…

「高浜-HP-表紙構成」は「倍」の面積に拡大は時間の浪費を引き起しています -「見える化」に逆行 !?

HP

表紙-クリック数

HP

表紙-クリック数

高浜

11回

小野市

3回

愛知県

3回

総務省

5回

沖縄県

5回

京都市

6回

 (*「クリック数」- HP-表紙を最上面から最下段まで移動するのに要する「クリーク」作業回数 ) 

 

2.その他の意見

①.「情報」-「写真・文字」が大きすぎ。 「表示画面-125%」拡大でPC画面一杯の大きさが良いかと 

②.「配置」-「検索」欄は上下左右に配置。 「検索 (バナー?) 」を拡散配置は 統一感が欠落し使いづらい

③.「カレンダ」-「不要」では…。「4月-記入-1件だけ」-「市民と情報共有頻度」は疑問です

④.「入札」- 検索アイコン (バナー?) を削除され、検索に手間を要するよう仕掛けは情報隠蔽同然です

 以下、まだまだ、ありすぎて書けません・・・

 

 庁舎もHPも、まちの「顔」…

    - HPは、見易い、使いやすい「顔」づくりを切望します

 

 

--- 「コロナ対策」 ---☆---

● このHP表示確認で気づいたのが「類似都市-小野市」のコロナ対策-73億円 -<内-市負担-13億円>

コロナ-第3波に突入 -「警戒警報」だけで乗り切れるとは思えません - 警戒生活の支援策が必要では?

 

<高浜-HP表紙>                                                                       <小野市 (兵庫県) >

f:id:t2521:20201113110044p:plainf:id:t2521:20201113110113p:plain

 

<小野市-庁舎とHP>  *[検索] : 兵庫県小野市行政サイト

f:id:t2521:20201113140319j:plain    f:id:t2521:20201113152931j:plain

⇒「小野市-人口-48千人 / 庁舎面積-約1万㎡」      ⇒「高浜-人口-49千人/リース面積-約0.37万㎡」

 

<小野市-コロナ対策> - 「*市が負担額 -13億円

 

 事業費

  市-独自施策

経済支援

5.1億円

商品券-「市民一人-1万円」配布

生活支援

57.5億円

水道料金-1年間無料・就学援助世帯-10万円

事業者支援

1.9億円

中小企業-支援金支給・特産品「酒」の販売支援

教育支援

7.3億円

小中-特支学級の開校継続・修学旅行の実施

感染防止

1.2億円

・マスク配布と備蓄・オゾン発生器・コロナ基金

 

 

●「高浜」は、「公共施設-建設」に「倍額-投入」にて、財政的に余裕を失い「コロナ危機」に消極的…

・「リース-32億円」「高小-50億円」「分院-60億円」で「142億円」は高浜財政にとり過大な負担

貯金である「基金残高」は「今期-20億円」程度のようです- ちなみに「小野市-90億円 (H28)」

・この結果が「小野市-コロナ支援策-13億円」を実現の要因かと思います

 

●「高浜」は「大規模災害」発生時は「その災害支援」「復興支援」も余裕を無くしているようです

  

  いよいよ、これからが「コロナ禍」本番かもしれません、その後に「大規模災害」と続く可能性も…

  市民は「警戒生活」- 行政は「警戒支援」の展開があり方のようです

「公共施設-倍額建設」は「市民生活」を犠牲に強行されてます

 

(最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸