t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共建築のあり方を考える

● 世界の「コロナ-感染」は「600万人 (日本-1.7万人)」を超え増加中 … まだまだ「コロナ」は続きます

・対応は「三密 (密閉・密集・密接) 抑止」と「ソーシャル-ディスタンス (社会的距離)の確保 」

高浜小は、従来「児童専用施設」から「市民利用を促進する - 縮充-三密施設」を50億円を要し建設中

・未だに、粘着気質の性格からか納得しかねてます … 本当に「正解」なのか、過去の資料を検証します

 

--- 「早期解体・倍額建設」は最適か? ---☆---

・基本資料 - 「高浜の公共施設のあり方を考える」から検討したいと思います 

 [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/1767.pdf

 

・一般的な常識からも - 題名「早期解体・倍額建設」は最適か? 」だけでも疑問を持たれるかと思います

 が、これが不思議なことに「高浜」の常識では通用するようです … 不思議な "まち" なのです

 

・では「最たる不可思議 - 中央公民館」の早期解体について検討したいと思います

 

-------------------------------  (*この資料は「高浜小学区-限定配布」- これも裏切り行為では…  )

f:id:t2521:20200531100230p:plain

 

● お気づきかと思いますが「中央公民館」は、「市内では-利用最多 - 200人/日」の施設。

これを「代替施設」も準備されず「市民で勝手に手配しろ」と解体強行の不適切、身勝手な施政

- しかも「ブランク-4年」は長過ぎ … 舞台に立つ身になれば「高浜」はなぜ格落ちの「体育館」… 

 税金は同額と言われ「ホール」は小学校の体育館とは、自尊心もズタズタ … 市民の誇りも喪失では…

 

・「中公」施設は、「耐震性」も「〇」で問題無く、「老朽化」を「✕」とされています。 

・「老朽化」の根拠が曖昧と感じています。 (*詳細-下図)

「中央公民館」の「劣化度」は「躯体 -C-劣化有り」「屋根・屋上-D、外部開口部-D-早急に修理要」

・これだけ「修理」すれば利用可能な施設を「早期解体」は疑問 - 「住民投票」にまで発展 …

 

・「中央公民館」は「竣工-'80年-築36年 (当時) 」、「構造-SRC (旧庁舎と同じ) - 鉄骨鉄筋コンクリ

  ート造は、最強の躯体 - 百年施設」- これを寿命半ばで解体は暴政です …

 

・学校等と比べれば「劣化度」が低いのに「解体強行」、であれば、学校も含め全て解体があり方…

・実際には「高小」だけ建替え、「他の学校」は「大規模改修」の計画 … これも矛盾の施政 … 

では「中央公民館」は、なぜ「大規模改修」出来なかったのか …? されなかったのか…?

 

「分院」から「解体」をお願いされたと「児童の願いも破壊の施政!

 「分院大事」の施政は疑問です - 市民が犠牲の施政展開はあり方から逸脱、脱線です …

 

--- 「公共施設の劣化度」 ---☆---

f:id:t2521:20200531103031p:plain

 

●「体育センター」や「武道館」の早期解体も疑問しかありません …  まさに「破壊」の "まちづくり"

・なぜ、それほどまでに「破壊強行」されたいのか…?  理解出来ません…

公共施設であれば「基礎」は岩盤まで打込まれているはず … 液状化影響は軽微と思われますが …

 

 「財政困窮」と「利用可能」な市民の財産を破壊は「裏切り」です

 「裏切り」や「破壊」の施政はまだまだ続くようです …

  

●「同資料」には、「新しく造る」から「賢く使うこと」を重点とされながら「早期解体」を強行…

 「賢く使う」とは「早期解体」なのでしょうか…?   

・「樹木」と同じように「伐採」では無く「長寿命化」-「殺す」ことより「活かす」ことがあり方…

  

これが、なかなかご理解戴けない施政に、市民は「コロナ-支援」も無く困窮しています 

-------------------------------

f:id:t2521:20200531111026p:plain

 

● 「言行不一致」の矛盾の施政強行は「財政困窮」となっています 

 

●「財政困窮」の施政運営のなか「ハコモノ-注力」を強行は疑問です 

・「ハコモノ-強行」は、「市債 (借金) 」は急増!基金(貯金)」は減少! となっています

・「コロナ-市民支援」も過少過ぎ。これで「大災害」が発生すれば「高浜-破滅」では …??

 

 「キリギリス-施政」を強行は「大家族」の犠牲が極大化しています

 

--- 市債 (借金) -+25億円増-181億円 -➚---☆---   --- 基金 (貯金)-▲9億円減-19億円 -➘---☆---

  (*財政-増減額は「H29年」比-「借金-181億円は今後も増加」-「後世の市民が返すから大丈夫」と…? )

f:id:t2521:20200430121810p:plain    f:id:t2521:20200430122327p:plain

 

●「基金不足」のため「庁舎」はリース、「高小」は倍額-50億円を強行は、後世の市民が犠牲です

・この「基金不足」は「民間分院-運営補助-30億円」が影響と推定しています-まさに身を切る補助強行!

市民からは「徴税」強行、「生命-維持」の "水" も近隣市-「最高額」… まるで前時代的な施政実態 …

 

 「あり方」から逸脱の施政運営を強行は明らかです …

 「市制50周年」強行と浮かれていることも疑問です

 

 「大家族」宣言された施政を回帰戴きたいものです …

                                        (つづく)   

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸