t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 – 縮充建設の疑問? Ⅴ

今まで、もっぱら「施設計画」を検討してきました。次に「インフラ施設」と言われる土木分野に視点を向けて検討したいと思います。

● 市の資料は「施設計画と同じ、H26年~H70年」までの長期計画を立案されました。

・計画資料は、施設計画同様、財政投入の「合計額」を記載されず、市民に公開は「丁寧な説明」「適切な施政説明」が欠けている証です。

・改めて試算集計すると、なんと「342億円!」- 合計額の表記は常識と思いますが…!?

勘ぐると、あえて「意図的に隠されている」と感じます。不適切な施政です。

公共施設推進プラン : 合計 350億円】+【インフラ施設推進プラン : 合計 342億円】=【692億円】

f:id:t2521:20180427223524j:plain   f:id:t2521:20180427223658j:plain

---インフラ施設推進プラン---☆--- (*インフラ: 道路・橋・河川・公園・上水道・下水道)

★高浜には、お金が湧いてくる仕掛けでもあるのでしようか?

●「インフラ施設推進プラン」の財政投入計画額は、合計「342億円!」

・公共施設「350億円」と合わせれば「692億円!」。借金は「220億円!」

・更に、民間病院には「23億円」を補助!  これで累計「53億円!」は適切でしょうか?

説明無きまま、想像を超える、超巨額の事業計画に恐怖感すら覚えます!

    疑問は「減税計画」も無く「介護保険料-県下第二位」の見直しも無い事です?

---インフラ・コスト計画見込---☆---  (*H30年度・インフラ施設推進プラン)

 

道路/橋梁

 河川

 公園

 上水道

 下水道

 合計 (億円)

修繕/更新

 78.8

 7.0

 15.5

 159.2

   5.9

 266.4

保全

  5.4

   0

   8.2

   11.0

 50.7

   75.3

合計

 84.2

 7.0

 23.7

 170.2

 56.6

 341.7

(*修繕・更新-H26年~H70年、*保全アクションプラン-H30年~H33年 / 下水道-借金「20億円」)

---他市の動向例------------☆---

西尾市は「PFI事業-198億円」につき市長選挙にて争われ、事業反対の新人が当選!

・高浜は、残念ながら争点にされず回避されたのか?  本当に大丈夫なのでしょうか?

夕張市は、炭鉱産業の衰退を受け財政疲弊し、経営破たん。当市も「瓦」産業は、過去の隆盛は影も形も無いと聞きます。どこか似ているような気配を感じます。

・市は「公共施設計画では『500億円』を超えると財政破綻」と説明されました。

⇒「H30年度・公共施設総合管理計画-700億円」は、高浜の命運を賭けるのかも…!?

---市民の気づき---------☆---

今回の「施設総合管理計画」を確認し、市民の気づきを列記します!

経営感覚をもった施政運営を基本とすべきです。

 (*税収増加+支出削減=市民へ還元。借金の削減+基金準備・新サービスの提供等々)

健全な財政運営のため「民間資本」に委託でなく、「基金」による施設建設や、「早期解体」を改め「施設の長寿命化」を厳守されるべきです。

● 施設寿命は「70年」では無く、他市と同様の「80年超」を目指すべきです!

●「血税の浪費」を避け、「市民負担の軽減 (減税)」を図ることが無謬性の施政です!

●「施政計画」を資料掲示でなく「解説と質疑応答が出来る説明会」を実施すべきです!

●「財政投入計画」は「丁寧な説明」に配慮され「事業合計額」を記載すべきです!

●「委託事業先」には、「企画提案力」や効率改善力」の向上を要請すべきです!

●「事業計画 (10億円超)」は、市民アンケート等を実施し、その意向を反映すべきです!

   施政の目的は「市民の最大幸福」のため!

  行政や市議会は「市民の声の代弁」がお役目では?

  無謬性を追求され、最適解を提供頂きたいものです!

---施政の誤謬事例-------☆---

*「市民ホール」が「小学校の体育館」という都市はいかほどあるのでしょうか?

 (*もう「戦後」では無いのです。ホール解体は「戦後」に逆戻り施策です)

*「先日、市外の来訪者は『市役所が仮設ハウスみたいでガッカリ?  お金無いの…?』

    (*「リース-33億円」も掛けて「イメージダウン施設を建設」です)

*「庁舎を『ワンストップ』と説明? 市民は『行ったり来たり』- 33億円-20年の浪費!」

 このまま市民もガッカリの施政運営が続きそうです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸