t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高浜市庁舎の不可解!

・改めて、「市庁舎」を眺めてみました。やはり、おかしいのです? 

 

---防災無線移設費---☆---

・本来「防災無線設備」は、「狭小リース庁舎の建設」とは「分離」すべき工事です。

これを「リース会社」に「丸投げ」が不可解です。なぜ、財政余裕も無く強行?

 

●数年後の「市制50周年行事」が大切なのでしょうか? 「100億円」投入を強行!

・本来であれば、着工3か月前の説明会ではなく、構想から市民参画が無謬性です。

施設(ハコモノ)は「市民の財産」なのですから…   

 

●分離発注すれば、職員さんの負担は増えますが、血税の節約になるのです。

結果、丸投げ強行は「防災無線-移設費だけで-『70百万円!』」 

 

これは、不可解と「情報公開申請」の結果、市の回答は「非公開」と隠蔽です!

 

---防災無線-------------☆--- 

一番大きな移設工事は恐らく「アンテナ」、下記の設備の移設に「7千万円」!?

f:id:t2521:20190217164104j:plain

 

---狭小リース庁舎の不可解な建設費---☆---

●無線設備の「移設」以外にも、施設(ハコモノ)建設に関係無い工事も全て丸投げ!

・外構工事    - 80百万円  (・駐車場のスロープが主工事?)

・システム移設費 - 60百万円     (・コンピュータシステムの移設)

・備品設置費   - 50百万円  (・庁舎内の事務什器・宿直室の設備?)

・引越し費    - 50百万円  (・わずか20m先に移転・作業者-3千人分相当?) 

 

全て、見積額は「千万円」単位の粗い見積です!  

・常識を超えた「巨額の工事」を丸投げは違和感を覚えます!

 

・施政の「情報-非公開」は、「行政と議会で決める」と強行の証しです。

そこに「大家族」は ありません!

・なぜ、血税の使途を知る権利が市民には無いのか? 

   なにを隠されているのか?  

   なぜ隠す必要があるのか? 

   狭小リース庁舎は不透明なベールに隠されています!

 

   しかし、その「借金返済」は市民に丸投げなのです…

    まだ利用できる施設を早期解体は血税の無駄遣いです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸