t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高浜市予算案の不可解

・19-02-15・中日新聞・西三河版-恒例の「次年度('19年度)予算案」が発表とありました

・気づいたのは「幸田町-165億円(6.1%)」に対し「高浜-154億円(▲7.4%)」と低い事!

「苦しい財政事情」のようです。「血税を節約し丁寧に活用頂きたい」ものです。

こんな時「民間分院=60億円補助」が疎ましく思えます…

幸田町は「ふるさと納税」も健闘され、「予算-15億円」は県内トップ!

・幸田は「町民プール改修-2億円」、高浜は「ボート ギャンブル収益-3千万円」の記載

 

---予算案の不可解な点---☆--- 

・詳細資料は未入手のため、新聞情報から気づいた点に絞って述べたいと思います。

1●教育費 

(1) 高中音楽室増築工事 -「2億2千万円」

・初耳です。とのような理由で計上されたのでしょう? 極めて唐突な思い付きでは? 

・恐らく「市民ホール解体の代償機能」として、大きな声の要望からと思います。

 (*ホール解体は、幼稚園から小・中学、高校生までもが犠牲。施設利用の権利剥奪!)

 

更なる疑問は、

1・「数億円規模」の増改築工事を計画外でも強行は施設計画の意味が無いのでは?

2・「義務教育」は平等公平であるべき! 「南中」の音楽室の増築計画はどのように?

3・「公共施設管理計画」では「高浜中学」は「'24年-大規模改修-16億円」「'41年-建替え-34億円」の計画となっています。

の「音楽室」は大規模改修の先行でしょうか?  大規模改修との関係が不明?

 

・つまり、'19年に増築して、4年後に計画の大規模改修で音楽室はどうなるのか?

その建設責任は、誰が、どのように取られるのかが不明です!?  市民負担では無責任!

 

●狭小リース庁舎は「20年後-解体計画」ですが、市民感覚では、20年後の新庁舎を計画して、その一部を先行して「リース建設」であれば「財政削減」に繋がったと思います!

もう「スクラップ&ビルド」を繰り返すハコモノ計画は止めて頂きたいと思います。

・「早期解体」+「まちづくり方針(ビジョン)無き、施設建替え」は血税の無駄遣いです!  

 

(2) 青少年ホーム跡地発生土等運搬処理 - 2億4千万円 (土 - 4,000㎥)

●「民間企業」が施設建設で掘出した土を、なぜ、血税負担となるのか理由不明?

 (*プール営業時間-年間4千時間とすれば、学校水泳指導-年間20時間(4校)は「0.5%!」)

・土地を提供しているだけでも十分ではないかと思うのですが…

 

●「土の処理単価」が「7月-4万円/㎥」説明。これが数か月後「6万円/㎥」の理由不明?

 (*議員さん情報では「刈谷は同様工事を更に安価(4万円未満)で推進されている」と…)

なぜか「数か月」で「約8千万円」も業者さんの言い値か巨額の値上げ!?

 

この「土砂運搬工事」を、プール建設会社に特命発注も不透明…   ありえない工事!?

これほどまでに「民間企業」に優しくしなければならない理由が理解出来ません!

 

2●衛生費

(1)予算-「2億3千万円」

・「ごみ袋有料化」を強行が理解出来ません! 

「有料化 (ごみ袋=20円/枚) 」にすれば、「ごみ減量」できるとは短絡的発想では?!

「ごみ減量」- 出来なければ、出来るまで値上げするのでは無策ではないでしょうか?

全国的には、多くの自治体が「ごみ減量課」を設置。多面的に施策強化されてます!

 

・「ごみ袋有料化」による市財政の収入規模は「推定-1.5千万円」

衛生費2.3億円に対し「6.5%」すら、市民からは徴収強行はバランス感覚を逸失!

・「ごみ袋無料化」- ごみ焼却場を共用する碧南は出来て、高浜が出来ないのは疑問?

 

 民間企業には意味不明な「2.4億円」を供出し、その工事までも特命で言い値発注!

    市民からは「1.5千万円」でも徴収強行!

   民間企業に優しく、市民に厳しい施政強行は誤謬です!

 

---不透明な施政------☆---

先日「狭小リース庁舎」の建設費に納得できかね「情報公開申請」の結果「非公開!」

市民は「建設費=血税の使途」さえ、知る権利を奪う情報隠ぺいの施政は不可解です!

 

  市民の血税は本当に有効利用されているのでしょうか?  

「狭小リース庁舎」は不透明なベールに覆われています…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸