t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

施設更新 - 高小プールの民間委託

---水泳教育の目的------☆---

☆施設計画で、プール問題を調べてみたら、初めて知った事実に出会いました。学校にプールを施設建設となった契機は「海難事故」のようです。

●S30年、瀬戸内海で修学旅行生、約170名が死亡。 [検索]  ⇒  紫雲丸事故 - Wikipedia

⇒ プールは、生徒、児童の命を守るための訓練施設だったのです。単にスポーツ的な泳法教育でなく、サバイバル的な要素を取り入れる必要性を感じます。

●例えば「着衣水泳」「水中着替え」「救助訓練」等が、プール本来の利用方法、水泳指導なのかもしれません。民間委託プールでもメニュー取り込みをお願いします。

(*最近、韓国で事故発生。2014年韓国フェリー転覆事故 - Wikipedia ⇒ 韓国も水泳教育を開始のようです)

---プール教育のコスト---☆---

●当初、市は「プールの水泳教育は、民間委託すれば『200万円』で済む!」と強調説明!

●6月議会では「隣市(西尾)の実績例から『800万円』が妥当」と例によって後出し値上げ!

⇒ 最近、見つけた資料が出所なのかも…?   P.7 - 『660万円』とあり高浜は更に高額! 

[検索]  ⇒  南 学氏・「学校プール …… 」・https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/19230.pdf

---施設建設------------------☆---

★市は「公共施設のあり方」では『施設は作らない、増やさない』と文書規程されながら、もう、「プール施設建設」を推進は、お約束違反ではないでしようか? 

⇒ 何故なら『プール委託800万円』に、施設建設分が盛り込まれていると思われます?

 (*となると民間業者は施設建設が「タダ」で事業運営が可能に。過剰な委託補助では?)

---西尾市の事例------------☆--- (P.7)

西尾市のプール運営費は、年平均約75万円。(高浜の学校プール運営費は説明無し)

● プール民間委託 - 800万円/年 は 10年分相当! ⇒ 極めて巨額の水泳授業料です!

   これでも、本当に民間委託は「800万円」でも安いといえるのでしょうか?

民間委託の費用対効果も、説明無しで強引推進です!

   (*血税の使い方として、極めて不適切な使い方と思われます! )

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸