t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高小建設費の疑問

血税が、適切、適正に利用されているか?  お一人 おひとりが考える時と思います。

・数日前に予告した資料を入手しましたので、ご報告させて頂きます。ただ、市の情報公開量が少なく、推定部分も含んでいることを前提にご確認ください。

---施設建設提案の評価と決定---☆---

★高浜小学校の整備事業は、大学教授さんらの審議では、高い評価を得たようです。

   しかし、その審査経緯は、市民には公開されず、果たして本当なのでしょうか? 

   特に、価格評価点は「満点」獲得!?   これを確認してみたいと思います。

---市民情報の建設費----------☆---

☆市民が知りえる情報を整理してみましょう。(このブログにも繰返し述べています)

● 翼小の校舎等の建設費 - 約16億円程度らしい。

● 市会議員さん視察先 (埼玉・吉川市立美南小学校) - 縮充建設 約23億円 (*屋上プール付)

● 市の説明資料 - 縮充建設 (市内13施設を集約) - 約37億円 (*現在10施設に削減) 

市の配布資料にて検討すると、10施設なら「約27億円」相当の価格になるはず…?

---高小建設事業--------☆---       [検索] : 高浜小学校等整備事業について  ⇒ 11. 落札結果 

★市は、高小建設を落札価格 「45億円」として推進のようです。(*27億円×1.7倍

問題は「財政効果」を市民に説明責任も果たされず、強引に推進のようです。

---情報公開請求の結果---☆---

☆この落札価格が「満点獲得」の基礎資料を市から入手しました。(相変わらずの墨塗りです)

f:id:t2521:20180126190515j:plain

● この墨塗り資料から判明した情報をご紹介します。(この資料は建設コンサルが作成とのこと)

1. 市単独による高小建設費 - 約48億円 (推定試算額) 

2. PFI 建設による建設費     - 約47億円 (  〃 )  

3. このPFI 効果を試算 VFM -  2.1 %    (▲約1億円を費用対効果額とする試算結果)

これが「PFI」を有効と判断の根拠とのこと。とても高得点の効果とは言えません! 

国土交通省の資料をみると過去の事例では「PFI 効果 - 平均18%,中央値16%」と高率!

 (*[検索] : PFI - VFM 資料 P.12 参照 http://www.mlit.go.jp/common/001182889.pdf  )

僅か「2%」程度の差異で「高小建設 = PFI - 優位」とは適切な判断か? 疑問です!?

---事業提案評価の疑問---☆---

★市は、高小「50億円」の巨額事業を単独一社だけの提案を採用し推進しています。

 (*この進め方は「随意契約」同然の進め方で、市財政の削減効果が本当にあるのか? 適正か? 疑問です?)

● その決定方法は、何故か、上記資料の下段にある「予定価格 - 52億円」と比較。

どのように算定された建設費なのか不明にもかかわらず、「入札価格45億円」と、不可解な「52億円」と比較し、より優位と「満点」決定とされたようです。

   (*市の旧資料では、高小縮充予定の13全施設を個別建設し49億円と説明。何故、10施設-52億円?) 

● 理路整然と様々な条件比較されず「PFI 有りき」で「一社提案」だけでは問題です! 

施設建設という巨額事業は、市民に論理的な説明責任を果たされるべきです!!  

新庁舎の失敗建設の繰返しは、コリゴリなのです!  

巨額の施設建設は市民の納得が必要です! 後悔を防ぐため!  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸