t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 民間プール建設の疑問

市は「公共施設推進プラン-360億円」を「行政と議会で決める」と強行です。

今回は「民間プール建設」への血税投入施策につき不可解な要素を検討します。

   (*ブログ読者さんのご意見を参考に整理し掲示しました )

 

---勤労青少年ホーム跡地利用---☆--- 

●高浜小学校の「縮充(複合)建設 - 50億円」に伴い「駐車場 - 200台」を確保のため、犠牲となったのは「小学校の屋外プール」の解体・移設でした。

・学校から約1km離れた学区外の「市有地-約8,700㎡」にある公共施設-「勤労青少年ホーム-築42年」を早期解体して、そこに「民間企業に屋内プール建設」を託して、またもや巨額の血税投入を計画。「財政削減効果」は疑問です。

  (*調べると、現有施設「エコハウス」より、利用回数、利用人数も多い施設を解体 ! )

 

---施政の不可解な施策---☆--- (*財政削減を図る「ハコモノ」計画なのですが…?)

「縮充-施設を複合化し財政削減」なのに「プール」を分離は、リース庁舎と同じ! 

水泳指導は民間委託し「教員同行」は民間の責任回避策。血税負担は重複!

・「新しいハコモノ」は造らない、と「民間プール建設」に血税支援は、分院と同じ!

「旧施設の解体-約4千万円」+「跡地土壌の産廃処分-約1億円」。合計1.5億円!

・この血税負担は「学校・屋外プールの建設相当額」です。もったいない浪費です。

 

敷地「8,700㎡」の借地代は「固定資産評価額-1億8千万円」×「4%」-約7百万円以上の「提案額(言い値)」で貸し付けを条件とされています。

・「路線価」換算すれば「約6.2億円」を、また企業に優しい「優遇価格」は疑問です!

  

---民間プール運営会社への支援---☆---

学校の水泳指導委託先は、既に、数十年、市内で「スポーツクラブ<プール有>」の運営会社。常識的には、既存の民間施設を利用し「水泳指導」を委託と思うのですが、施政は「公共施設」を破壊し、民間会社に施設建設まで含め要求し、委託募集!

・民間会社の営業時間は「年3,500時間」。これに「学校の水泳指導-60時間(10H×6学年)」を追加だけで「建替え」とは、企業にとって「願ったり、叶ったり」の優遇策!

これが供用期間「20年」を募集直前に「30年」に延期が、証しと思われます!

 

---水泳指導時間を短縮の疑問---☆---

・水泳指導時間は年10時間と指導されているようです。しかし、市の計画は、移動時間も含め「10時間」のため、実質的な「水泳指導-年約4時間」と非効率的な授業では? 

・水泳授業は「2時間連続」。実質「水泳は25分を2回」あとは「移動+着替え+休憩」

・プールは広いと言われても、一学年、約百名を「一斉同時」 授業。

非効率的な水泳指導は、児童・生徒がハコモノの犠牲!  夏休みのプール開放も中止!

 ・この「民間会社」の水泳指導の対象校は「高浜・港・高取小」と「南中」の計画。つまり「吉浜・翼小」と「高中」は従来通りのようです? 

結果、水泳は「屋内プール-約2,200人」対「屋外プール-2,400人」と分断は不公平。

・水泳指導は「一人当り単価」を「生徒数×30年」-支払い額「約1千万円・年(推定)

血税負担は同額条件。しかし、プールは「屋内校」と「屋外校」に分断と不公平。

    (* 血税投入の不公平<30年間推定>屋内校-約5億円」対「屋外校-約1億円」 ) 

義務教育は「公平・平等」な環境条件で実施されることが、あるべき施政です。

  

 なぜか、理由も、効果も説明無きハコモノ計画を、拙速、強引建設は不可解です!

  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸