t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 縮充建設を強行の果てに

    高浜のハコモノ建設には不自然さや矛盾が目立ち過ぎます。

・高浜小は「縮充」を提唱。様々な施設を複合一体化 ⇒ 普通の小学校の倍額-50億円!

・市庁舎は「ワンストップ」と言われ、組織と施設を分離分割は「反-縮充!」

・「財政削減」と言われ、リース庁舎の削減効果「0.01%-▲38万円」では効果無し!

    (*なにより、民間施設を「公共施設の建設相場」を摘要は不適切であり無駄遣いです)

この支離滅裂な公共施設を建設強行は、巨額の血税が投入され透明性が要求されます!

 

・にもかかわらず、下記のように市民を騙すような資料を掲示し、竣工後は「用済み」と市HPから削除すれば説明責任を果たしたとなるのでしょうか? 不誠実は確かです! 

f:id:t2521:20181123123019j:plain

実際は「リース庁舎の削減効果「0.01%-▲38万円」では効果無しの無駄遣い!

・「リース建設」の根拠が揺らぐ事態は、施政への信頼性が疑問しかありません…。  

 

---高小-縮充建設の不可解---☆---

・庁舎の次は「高浜小学校」の「縮充建設」の疑問を検討します。

1-「建設費の支払い」- 高小-建替えの財源手段として「民間資本を利用とPFI採用」

「支払い計画」は「50億円」の内「37億円」を「H31年後に3回]で支払い。

  (*支払い計画 - H31年 -23.1億円、 R2年 -13.1億円、 R3年 -0.5億円 )

つまり一般建築同様、「施設建築分」を、わずか「3年-3回」の出来高払いです。

 

・PFIで分割支払いは、竣工直後から維持修繕費として「年-約9千万円」を支払い 

果たして、民間資本 - PFI方式を採択する必要があったのか疑問であり矛盾です。

     (*更に、新築直後から「修繕費」を支払う必要性も疑問です )

・しかも他の学校の修繕費は年-数千万円。これを「約3倍超」の巨額支払いも疑問…?

  本当に「大家族」のための施政施策なのでしょうか? 

 

2-「施設の狭小化」- 中央公民館の機能移転として「地域交流施設」が併設され、このため建設費も倍額の「50億円」という巨額となったようです。

しかし「中央公民館-機能移転の施設面積」は「4室 - 約280㎡」と狭小です。

  (*旧中央公民館 - 集会室 -12室 - 約900㎡ ⇒ 高小-移転の施設面積比は「約3割」) 

・つまり「公民館-機能」は、利用予測も無く「7割」も削減です。 

 

<新高小の地域交流施設の配置図>

f:id:t2521:20190714165208j:plain

 

3-「かつての施設説明」- 市は「現有施設を個別建設すると『50億円』となり破産する」。「縮充すれば『37億円』で済む」と説明されたのが下記の資料。

f:id:t2521:20160708091225j:plain

・ところが実態は、上記の資料より「3施設」を除外にもかかわらず「50億円」を超えて高浜小は建替え強行されています。 (*最近 学校敷地-東法面の補強に数億円を追加)

 

・上記の資料は「旧施設を面積をそのまま建替え」の場合に「50億円」の試算。

・実態は「地域交流施設」の面積を「7割」も削っているのに「50億円」です。

このように不可解な建設強行が、高浜-ハコモノ建設の実態なのです。偽計です!

 (*「体育センター」も「現-1,260㎡」を「新-922㎡」と「3割削減」です )

概略試算では「校舎以外の民間施設建設費」は相場より「約5億円」も高額…!? 

   本当に「大家族」のための施政施策なのでしょうか? 

 

---市民の素朴な想い---☆---

◇「市制50周年」を迎え、主要施設を早期解体し、「倍額」を投入して狭小施設を建設は「高浜-未来-百年」に対応できるのでしょうか?

なにより「市民ホール」も無い街に転落は高浜だけ…。

・公共施設は「早期解体」と「狭小建設」の連続…。

  これが市制50年の成果では、まちの発展は絶望では…!?

 

「住みよさ」を再確認してみました。

■高浜 - 富裕度-55位、安心度-515位、利便度-725位、快適度-109位、住居水準-625位

■新城 - 富裕度-371位、安心度-760位、利便度-775位、快適度-682位、住居水準-82位

庁舎-「高浜 - 3,668㎡ - リース-30億円」対「新城 - 7,500㎡ - 免震構造 - 25億円 

 

・「市民ホール」も「高浜は早期解体」対「新城 - 1,300席の大・小ホールの併設」

  [検索] : ようこそ新城文化会館へ - 新城市  (*TV番組「笑点」も来演予定らしく )

   

・文化-芸術のバロメータである「ホール施設」が、高浜は小学校の体育館とは残念…?

富裕度-全国55位でありながら、公共施設の貧弱さは財政運営を誤っている証しでは?

  最たる疑問が「民間分院」-「60億円」の補助漬けです 

 

高浜市内の公共施設は「全て学校に集約し縮充方向で計画」されています。

つまり、その公共施設規模は「約3割~7割」を削減し「狭小化」のようです。

 

・しかし、高浜も高齢化社会に移行しています。それは、きっと「元気な高齢者」が住む街であり、生きがいを求め、充実を求め、より生活は活性化しているでしょう…。

・その活動の場として「公共施設」に集う機会が増加すると思われます。

市方針は「狭小化!」- 果たして公共施設はこのニーズを充足できるのでしょうか?

 

  公共施設は「より多機能」「より拡充」があり方では…  

   根本から「公共施設のあり方」を再構築すべきと進言させて頂きます!

「まちづくり」は「今後、半世紀」の高浜のあり方を予測して立案されるべきです! 

 

  財政のムダ対策は「施設建設」の倍額発注の是正です。

「行政と議会で決める」を改め「基金積立て」です。

 

大家族」のための施政施策を切望します。 

 

 (最後まで、ご精読いだき ありがとうございました)

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸