t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 防災を考える Ⅲ 防災マップ

台風19号」の被災状況の情報が日ごとに深刻さを増しています。更に、輪を掛けて、今夜の東海地方は「短時間大雨警報」が出ています。

・また、今週も、小規模の地震が「三重県」「駿河湾」に発生…。地球は、うごめいているのを感じます。

 

---「防災マップ」---☆---   

・市民に4年前に配布の「防災マップ」(H27年版) の内容を再吟味したいと思います。

 

巨大地震に対する被害想定は「過去-最大モデル」と「理論-最大モデル」の二種類を条件設定され検討されています。

・その「各モデルの最大被災規模数」-「全壊・焼失棟数」を下記の表に掲載しました。

 

全壊/焼失  揺れ  液状化 浸水津波  地震火災  合 計  要収容数
過去最大      500   10    20     500  1,100    2,750
理論最大   3,000   10    20  2,200  5,300  13,250

   (*「要収容数」= 「被災合計戸数」✖「2.5人/戸」として試算 ) 

 

● 高浜の「指定避難所」-「収容数-3,100人」は「過去最大-基準」なのかもしれません

昨今の「災害」は「過去最大」を超越した被災の現実を考えると、やはり不足では?

   (*「台風19号」の河川氾濫・決壊は「100年」に一度の過去最大を超越の証しかと…)

 

・市民は、仮に「避難所」が満杯時の対応方法を事前検討と覚悟が必要かもしれません

 (*本来「避難所」設定は行政課題と思われますが「過去最大」で強行のようです…) 

 

まち協-防災委員を経験時「吉浜小-体育館」の避難数を「市-300人」は不可能と確認

⇒  当時のまち協-防災は「収容数-255人(2㎡/人) 程度と試算。

・理由は「通路・救護・要支援者等」の「共用スペース」の確保が必要なこと。

 

・更に、最近の指定避難所スペース「3㎡/人」を条件とすれば「150人」に半減…

つまり、市の「避難収容-3,100人」は「市民-1万人超」が避難難民の可能性も…

・これでは被災時に「パニック」に陥る可能性が多分に予想され不適切の極みでは?

 

「指定避難所」の避難は「弱者」に譲り、一般市民は「自力避難」の覚悟が必要です

 

「避難所計画」- 一般市民は「自力避難」が現実です…

  (*「自力避難」- 自宅二階・自宅戸外・テント・クルマ(車中泊) … )

 

・市発行の「地震防災マップ」を再確認頂き、将来の災難に備えて頂きたいと思います

 

「避難所」の確保は「自助」の覚悟が必要なようです…!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸