t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 常識を疑う「無謬」の疑問力

今回は「施政に対する市民のあり方」を考えてみたいと思います。

・情報源は、市HP情報や情報公開等から得た資料を整理し掲載したものです。

・一局面の施政実態の情報を基に判断は危険もありますが、このような施政が日常茶飯

 事の実態が「適正適切」と言えるのかをご判断戴ければ幸いです

この「適正適切」- 「絶対に間違いない」これを「無謬」(むびゅう) と言うそうです

この「無謬」を見分け、判断する力を養うことが大切です

 

---「無謬」(むびゅう) とは ---☆---  

施政は、市民が構成員であり、その施策は「絶対に間違いのない」- 「無謬」と言う

 そうですが、このようなあり方が必須課題かと思うのです。

・「あり方」-「ある物事の、当然そうでなければならないような形や状態。 物事の、

    正しい存在のしかた」だそうです。

・高浜で、よく聞く「行政と議会」で決めたと強行は「無謬」なのでしょうか?

● 言葉とは難しいものです。従来、記述してきたことも訂正が必要かもしれません。

・改めて、再検索し確認結果を掲載します。 (*検索 - ウィキペディア )

・「無謬」- 「理論や判断にまちがいがないこと」

・「可繆」- 「知識についてのあらゆる主張は、原理的には誤りうる」

・「誤謬」-「論証の過程に論理的または形式的な明らかな瑕疵があり、その論証が全体

      として妥当でないこと。つまり、間違っていること」

 

---「無謬性」とは ---☆---  (*[検索] : ♯1364 無謬性と可謬性 - 今日の視点 (伊皿子坂社会経済研究所) 

●『「無謬」というのも普段はあまり馴染みのない言葉ですが、思考や判断に誤り(つまり誤謬)がないことを指す言葉で、「無謬性」と言えば「誤りがあるべきでない」と考えること。

・つまり、政治や行政などの権威が、拠って立つ「間違いを認めない」という性質を指すことが多いようです。』

これを「無謬性」と言うようです。「間違いを認めない」こと、とのこと。

・施政は「無謬性」かもしれません。市民目線からの「誤謬」の一例を確認します

 

---「誤謬」の庁舎-リース建設 ---☆---  (*[検索] : 「高浜 - 公共施設マネジメント- 庁舎-Q&A )

事実確認すると「庁舎建設は予算額を誇張して記載 - リース採用」を強行の疑い…

 

---1. 市が整備した場合 - [37億円]---☆---  (*市庁舎着工時から竣工後まで市HP掲示 )

「庁舎-整備費」の説明です。庁舎竣工後、下記の説明表は用済み(?) と削除されました

------------------------- 

f:id:t2521:20200210112035p:plain

●「民間事業者の提案」-「33.2億円」は、狭小-リース庁舎の建設費です

●「市が整備した場合」-「37億円」-「財政効果-▲10%」を確認したいと思います

 

---2.「当初の建設予算額---☆--- 

建設費の目安として旧市庁舎の大規模改修費を総務省-単価にて積算されたようです。

・当初「旧庁舎」の改修費以下なら「リース建設」は効果があるとは削減効果「ゼロ!」

この積算額は「33.2億円」なのです - なぜ「37億円」と記載なのでしょう?

・恐らく「削減効果-10%」を訴求し市民説得の為「ねつ造」の可能性が疑われます… 

--- 「旧庁舎-改修見積」 ---☆---

f:id:t2521:20200210203637p:plain

⇒「20年間」-「33億24百万円」⇒ 施設寿命「70年」制定し「60年見積」は不適切!! 

  (*旧庁舎-築40年。20年見積は「施設寿命-60年」が前提条件であり誤謬なのです )

・「リース-採用」すべく画策は不適切な浪費であり「財政削減」は無視のようです

 

---3. 「竣工後の市HPの説明-改ざん」---☆--- 

(* [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業に関するQ&A - 高浜市ホームページ )

『Q6.整備費用はいくらかかるの?』

・「概算の事業費は、建物建設にかかる費用や20年間の庁舎の維持管理・運営費などを

  含め、総額で33.2億円を予定していました」⇒『37億円はウソ…?』- 現在-削除!

 

・「また、建物を民間から賃借する方法を取り入れることで、費用を20年間のリース料 

 として平準化して支払っていきます…

基金積立』を後回しに、施設建設費を後世に借金返済を強行は無責任な誤謬です!

 

財政負担の軽減や整備にかかる費用を可能な限り節減し、その財源を老朽化の進行

 著しい高浜小学校の建替え整備に充てます」⇒『高小-PFI』は倍額建設-「50億円!

 

このように疑問に満ち満ちている施設建設を強行は不適切であり「誤謬」の証です 

   誤謬の施設建設を強行にもかかわらず「無謬性」を主張は過ちの施政であり残念です

  

--- 「誤謬のリース庁舎」 ---☆---

他市のご婦人が苦笑された「狭小-リース庁舎」は財政効果も疑問であり、「縮充」を

   宣言後に「組織分割」は矛盾の庁舎建設 - まだ20年間も市民は苦渋となる施政は誤謬!

・「矛盾の狭小-リース庁舎のあり方検討」は「R15年後」と先送り-次代任せの無責任!

  (*推測ですが「リース-庁舎」は更なる期間延長の可能性が高いと思われます。落胆しかありません。

    - 更に「シンボル化しない」と「事務所型 - リース庁舎」は 市民の誇りをも喪失です )

   

  庁舎然り、高小然り-「財政削減」とは真逆の浪費を強行!

   このまま「学校」だけの施設建設は、市民が犠牲の「破壊のまちづくり」を強行です

「大家族たかはま」宣言の精神の復興を切望するものです

 

 (最後まで、ご精読戴きありがとうございました。 不本意ながら、しばらく休ませて頂きます…。

   施政の無謬を目指して「裁判」は市民団体が継続検討しています。ご支援、ご注目戴ければ幸いです)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸