t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 高小-体育館の空調-換気だけ?

最近の夏の気温の高さは異常ですね。後手後手の高浜もようやく「学校エアコン」が導入されました。

・これで「熱中症対策」は一段落かと思いきや、更に、「コロナ対応」のため、「空調システム」への

 要求機能は、より高度化 -「温度制御」と「換気制御」の組み合わせが要求される時代となっています

 

「高小-倍額-50億円建設」が強行され、今秋にも完工予定でしょうか ? 

・「体育館」の空調も、当然「温度制御付-(冷房)」が当然設置されるものと思っていましたが、どうも

 「換気」だけで、誤魔化そうとされているようです

公共施設の寿命は「百年」であり、一世紀先を見据えた計画があり方と思われますが、今年-50周年記

 念か、数年先までしか見込まれていない施政には落胆しかありません。

 

熱中症」「コロナ」時代の施設建設は「空調設備」は必須機能です

  次は「殺菌」「消臭」「イオン」「香り」制御と推移するでしょう

 

---「高小」- 体育館の空調計画 ---☆---

要求水準書」 - 「高小 -体育館」に記載事項を確認してみます  

「空調設備」-「大空間は自動的に自然換気が図られる等、夏の高温対策を講じる事」

・つまり「酷暑、厳暑対策」は「自然の風まかせ」という前時代的な方策で強行のようです

「後手後手」に加えて「時代遅れ」の施設計画の凶行 - 市民の安全安心も無視の施設計画

・これでは「倍額-50億円建設」は疑問しかありません

 

--- 「要求水準書」から抜粋 ---

●「不可解」は、ⅱ) 具体的な空調仕様は事業者の提案によると「丸投げ」の無責任 …

-------------------------------

f:id:t2521:20200618084651p:plain

 

●「体育館」は、地域の「避難所」 

・万が一の「大災害」では「避難所」となり「宿泊」も伴う避難生活の基地となります 

「大山公民館」も含め「災害」が発生してから「空調機」を整備設置では、手遅れは確実です

「後手後手」の施政施策は市民が犠牲です

 

--- 「高小-整備事業-基本計画」から抜粋 ---

・「避難所」は「耐え忍ぶ場所」ではなく、「安心・安息」の施設が「あり方」と思うのですが…

------------------------------

f:id:t2521:20200618084726p:plain

 

--- 「高小-倍額-50億円」の疑問 ---☆---

・「高小-倍額-50億円」建設には、どうも納得できません。

・「公民館」機能を縮充と「旧-集会室-約3,000㎡」を「150㎡-3室」と「▲95%」も削減 … 

これでは、殆ど「小学校」なのに「倍額-50億円」の理由が不明です。

・「財政効果」を「面積削減」という説明も、とんと理解できません

 

● 建設着工統計の建設単価 -「H30年-愛知県-RC造-27.2万円/㎡」×「高小-11.779㎡」= 「32億円」

・これが「PFI-50億円」独占事業に化けているようです … どんな仕掛けなのでしょう

血税」を湯水の如き浪費 -「倍額」建設では「裏切り」と「破壊」の "まちづくり"

 

「大家族」ファーストの施政のあり方は夢幻かもしれません

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸