t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか114施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体。一方、高小建設は50億円超。庁舎は、リース事務所に20年契約で30億投入の財政効果無きハコモノ建設を推進強行しています。   しかし、判明は、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口-5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を果たされず、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、高浜の市民生活は破壊となります。市民の監視を高めるため情報発信を図るものです。

住民監査 - 空調利用禁止! Ⅴ (格差拡大)

●  同じ施設でありながら「児童生徒用」「市民用」と利用者を格差付け強行は不可解しかありません

・「高浜」は「不平等な格差付け」を強行されています - 民主的な施政のあり方から逸脱です

「納税」が同様であれば「義務教育-環境」も同様に「平等公平」があり方ではないでしょうか …

 

--- 「体育館」の疑問 ---☆---

●「財政削減」のため「縮充」を提唱され、庁舎も半減、水泳教育も集中教育を図ろうとされています

・個人的な嗜好もありますが「高浜」で最も進歩的な小学校は「翼小-H14年完成」と思われます

「高小」は「縮充」に反し面積拡大され、学校形態は「過去の教室様式」と逆戻りを採用されました

 

・これに「倍額-50億円」も投入は、過ちの学校建設であり「破壊」のまちづくりと思われ残念です …

施政は設計図も公開されず「過ち」の建設を強行されていますが責任は市民に押付けの無責任体質 …

 

--- 「体育館」 ---☆--- 

・重ねて「縮充」は機能充実-面積削減を目標とされています-しかし「高小-倍額-50億円」は浪費です

・「高小」の体育館の施設面積を確認したいと思います

  旧面積-㎡ 新面積-㎡ 旧-新比 空調 旧代替施設
高浜小-体育館 1,830 2,312 1.26 冷暖房 市民ホール
市体育センター 1,259 922 0.73 換気  

 

・「面積削減」は「市体育センター」と「市民交流施設」だけ - 学校関係は拡大とは矛盾です

・「市体育センター」は従来二面に分割して二競技利用が「新体育館」は一競技限-機能削減も矛盾…

・「小学校の体育館」が「中央公民館」の代替施設となることも矛盾 - 平日「利用禁止」です

このように「戦略と戦術が矛盾」「建設方針がふらついている」のが高浜の特徴のようです

・市民軽視・市民無視の暴政は「高浜-破壊」にまっしぐら - 健康快適な市民生活も破壊の虐待です

 

結果 -「庁舎-リース-倍額-30億円-20年」は、「建設基金」の準備無く思い付き建設を開始の証し

「公共施設」寿命を「長寿命-70年」と言われ、「築40年」で解体強行は裏切りの浪費です

   (*うわさでは「早期解体」し「建替えてから長寿命」と言われているとか … ふざけ過ぎ … )

 

・「高小-倍額-50億円」は、「市債」対応で可能なはずなのに、わざわざ「民間資本 - PFI- 15年を採用」

「維持管理」と称され、通常-小学校の「倍額-約1億円弱」を毎年均等払いも浪費の一環 … 裏切り…

民間業者には優しい丁寧な施政の一端です … しかし「15年-独占化」は浪費となります

 

  表向きは「財政削減」と言われ 、実態は、血税を湯水の如き浪費の連続の矛盾を強行 … 暴政失政 …

    この浪費の仕掛けをわざわざ構築されている可能性を多分に感じています … 不適切 …  

 

● 例えば「公共施設推進プラン-300億円事業」も大問題です。市民に説明もされず強行されてます。

・「高浜小」だけ-早期建替え、他の小学校は「大規模改修」と初期の建設年は数年しか違わないのでは

・この順序を「高小-建替え優先」に変更が「22世紀」にまで影響しています

結果 - 他の小学校はあと数年で-「大規模改修-計30億円」を「9年~15年」で解体は浪費の証し

・「大規模改修-30億円」後に、また「建替え-58億円」投入-「中学校」を含めれば「163億円」

 

● 長寿命化は「70年」より、国の指導や他市の例のように「80年化」があり方では …

そう思うと「高小-築56年」で早期建替え強行は「高浜-公共施設計画」を根底から狂わせた元凶です

・「財政削減」の公共施設管理のあり方より「市制50周年」を優先の早期建替えは「高浜- 破壊」です

 

 これが施政の根本施政である「無謬」を喪失となりました … 過ちだらけの浪費の施設建設 …

 

--- 「小学校の体育館」 ---☆---

学校体育館は「児童生徒」ばかりでなく「市民」のためにも建設されたと思われます

・「学校開放」のみならず、万が一の「指定避難所」として活用されるためでしょう

・誤解が怖いのは「体育館」に収容可能な人数は「数百人」程度 - 大部分の方は運動場や車中泊のよう…

  

  「コロナ対策」を加味すれば、収容数-半減の可能性もあります

     圧倒的な不足が目に見えているのに先送りは市民が犠牲です

   市民の生命の安全安心より施設建設が大事な施政のようです…? 

 

<学校体育館の面積> 

・「縮充」と言われ「高小-体育館は拡大」され市内最大の体育館となりました - 矛盾の産物です

・同時に「不公平な体育教育施設」を建設強行となりました -  なぜ高小だけ優遇されるのか …

 

体育館 高浜小 高取小 港小 吉浜小 翼小
高浜小-体育館 2,312 750 902 1,063 1,200
児童数-人 659 521 431 771 688
一人当り-㎡/人 3.5 1.4 2.1 1.4 1.7

 

・「公立学校」それも義務教育であれば「平等公平」な教育施設環境を提供されるべきかと思います

・「血税」を利用し「業者優遇」の高額な建設費で、市民説明無き不公平校舎を建設強行は暴政独裁です

 

 市民に加え「子」らの教育環境も格差を拡大強行は歪んだ施政 …

 高浜施政は「公共施設事業-300億円事業」を暴走強行の浪費です 

 

 

<教室面積の格差>

●「教室面積の比較」- 高小だけ早期建替え「14㎡/人」まで拡大是正 - 他校は「10年後~」の見込み 

・「高取小」「吉浜小」は虐待同然の狭小教室に「すし詰め」教育です

f:id:t2521:20200826104258p:plain

 

   まちづくりの根本は「人づくり」と考えます

 「高浜」は「縮充」という矛盾の「破壊の施設造り」に夢中のよう…

 施政本来のお役目を失念されているのではないでしょうか…

 

 「市民ファースト」こそ施政のあり方の根本です

    この原理原則の施政運営方針が遵守されないのは残念です…

 

    (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸