t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」 Ⅳ (文化)

高浜施政のあり方は疑問の連続です

・「コロナ対策」も県をはじめ他市は「第二弾」「第三弾」の段階です。 ところが、高浜は「第一弾」

 をようやく、議会通過の段階のような気がしますが勘違いでしょうか …?

初めて体験した「緊急宣言」の耐え忍びの生活に対し、市は、自粛を呼びかけるだけだったのでは …

・本来は「自粛」と、「支援策」をセットで提供があり方であり施政のお役目でした

 

----------------------------☆---

今回は「生活ガイド.com」-「高浜-居住文化」について意見を述べたいと思います

   [検索] :  高浜市の【生活・公共料金】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

 

--- 「居住文化」----☆---

・全国ランクで、低迷と思われる項目を確認しました。

居住文化 実態 815市区 (備考)
公民館 5 館 467位 大山会館-閉館
総合スーパー 0 店 553  
公園 22カ所 563  
公園面積 111千㎡ 775  
図書蔵書数 208千冊 529 808団体
音声映像資料 2648点 570 804団体 

 

「居住文化」- 「生活」の利便性や「心の潤い」に関する機能ではないでしょうか ?

・近年の高浜は「過去の財産は全て解体」を強行され、得体の知れない不安感と不信感を抱いています

・どのような「まちづくり」を目指されているのか、さっぱり、見当も想像もつきません …

分るのは … 公共施設を「学校」だけのまちに …、魅力や、文化的な向上機能があるかは疑問です ?

・公共施設面積 - 「2.5㎡/人 」- 全国最下位を目指されているのは確かなようです (*人口-5万人都市)

 

●「生活ガイド」-「全国比較」によれば「公民館も少なく」「総合スーパーも無く」「公園も少なく、面

 積も狭い-全国最下位」という無い無い尽くしの実態は「潤いのある生活を提供」とは思えません …

人の心に「潤い」ではなく、「殺伐」とした "まちづくり" を強行としか思えないのです

 

  市制50年の "まちづくり" は 過ちの連続です

   施設寿命半ばにして早期解体は「破壊」の "まちづくり"

 

商売は難しい「高浜」ですが、一つの先駆的な成功例として「T-ポート」があります

・「集合店舗」の構築や「医療村」の建設。これは「民間」による "まちづくり" の成功例です

⇒「T-ポート」構想を、商圏を確認しつつ、官民共同で分散設置が新しい "まちづくり" となるのでは …

 

●「図書館-築40年」- 噂では「いきいき広場」に「児童向け図書館」に縮小移転を予定されているとか …

・では、今後、人口増加と確実視されている「高齢者」の知的好奇心は、どのようになるのでしょう

 

●「お孫さん」の遊び相手となり、「同年者」との雑談や飲食に興ずる高齢者だけではないはず …

・「定住自立圏構想」とやらで「市外」の図書館を大いに利用が、高浜施政の方針のようです …

 

・これでは「交通量」の増加となり、ましてや「高齢者」には過酷な移動を強要となるのでは …

・いったい何のための「納税」でしょう?   分院大事は「市民生活」に大きな犠牲を強いてます …

このように、このままでは「高浜の未来」は「絶望の風景」しか浮かびません

 

●「図書館」のあり方も、施政独断で決められ、市民意見は封殺されてます

・「図書管理」は市民の活力を投入可能な職種であり「財政削減」できる要素があると思われますが …

次代の図書 -「音声映像資料」の整備数も全国下位 … 分院補助-60億円の「0.1%」も投入されれば … 

 

・「児童図書館」に転化が「大家族」にとって「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」なのでしょうか

施政に「都合がいいまち」であり、「市民」には「住みにくい」"まちづくり" を強行と思われます

  

  ビジョン無き "まちづくり" は「破壊」です

「破壊」は血税の浪費です

 

----------------------------☆---

● 今日、入手した残念な情報は「市民体育館 (サブアリーナ) 」の空調は「やはり "冷房" 無し」… 確定 …

「高小-倍額-50億円」も費やして「市民」が切望の "冷房無し" は「業者大事」の施政の結果 …

 (*「小学校-体育館」を"メインアリーナ"-「市民-体育館」を"サブアリーナ"と設定も 主客転倒の証し ) 

 

・「学校エアコン」も「百万円-札束付き」で発注が「業者ファースト」の施政 -「浪費」と「市民無視」

大きな声では言えませんが、他市の相場価格より「2億数千万円」も増額-発注となっているようです

 

・「縮充」は「破壊」です - 「旧-公民館等」の面積を「何と▲95%削減」、「旧-市民体育館 - 面積 -

  1260㎡」も「▲40%削減 -約800㎡」- しかし「建設費-倍額-50億円」とは矛盾の施設建設 …

   市はこの「面積削減」を「財政削減効果」と説明は支離滅裂 …

 

  とんでもない、裏切りの「浪費」が繰り返されています

「公共施設-百年ビジョン」無き、倍額建設は異常であり暴政の証し 

 

  「大家族」を裏切りの暴政 - 強行は続きます … 破壊です

       

                                                 (つづく)

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸