t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり - 百年の大計 Ⅶ (か美術館)

● 先般「かわら美術館」の「血税-投入額」をご案内しましたが間違いが判明 - お詫びと訂正いたします。

同美術館への血税投入額は「90億円」では無く、なんと「100億円」の大台を超えているようです

・市はダンマリで、何事もなかったように、このまま「民間譲渡」を強行されるのでしょうか…?  

 

<かわら美術館 - 投入予算> *大略的な投入推測額-再集計

●「かわら美術館」は「血税-総額-100億円!」もの市内-最高額の巨額投入の施設。

・築25年-1995年開館、あと「60年」は利用できるであろう堅牢な施設のようです

・年間来場 - 約3万人弱  (*旧中央公民館-8万人の半分以下) 

  建設費 運営費 美術品-購入 合計
期間 H3年~H6年 H7年~H30年 H5年~  ~H30年 
かわら美術館 約57億円 約36億円 約6億円 約99億円

   (*か美術館-運営委託として「H31年度以降、毎年-1億円超」を投入と推定 )

 

この「100億円」という市内最大の血税投入施設を、四半世紀で「民間譲渡」とは計画性が疑問です

「建設時」も唐突に開始され、やっぱりダメだったから「民間譲渡」では無責任の極みでは…?

     (*この「民間譲渡」の意味も全く不明 - 説明無し」- あり方検討から4年も経過 - 私物化の証です )

 

<公共施設推進プラン>

f:id:t2521:20200831093744p:plain

 

「かわら美術館-100億円」は、市民の財産です。

・勝手に造られ、「あり方検討」の経過説明もされず、失敗の責任も

 取られず… 借金返済が終われば、勝手に処分では暴政では

 

血税-100億円」投入施設を民意も確認せず「民間譲渡」とは…

・考えてみれば「市制50周年行事」に「美術館-活用企画」は…?

「公共施設」を破壊や譲渡しか検討されていないのでは裏切りです

 

---「美術品」-購入額-「約6億円」 ---☆--- *美術品購入は毎年実施されているようです

「瓦」だけと思いましたが、意外に「浮世絵」「油絵」「日本画」も多く巨額で購入されてます

残念ながら「拝見」した記憶も無く、民間譲渡前に「所蔵品-展示会」もあり方かと思います

・「市制50周年記念」に最適な行事では … 施政にとってご都合が悪いかもしれませんが …

 

<主な美術品を抜粋>

平成-年 種類 品名 数量 金額-千円 合計-千円
5 - 緑釉楼閣 1 18,000 41,217
  工芸 「波文双口の器」 1   2,000  
  「炎」-戸田提山 1   1,030  
  油彩 「瓦と石」 1   2,600  
6 - 緑釉楼閣 1   9,785 44,391
  油絵 「時」 1 13,905  
  版画 浮世絵 17 14,656  
7 古瓦 296 43,875 99,908
8 版画 浮世絵 27 32,565 99,989
9 油絵 油絵 2 45,150 98,994
11 版画 浮世絵 10 13,335 31,972
12 油絵 油絵 1   6,300 16,281
13 版画 浮世絵 1   1,575 14,938
16 版画 川瀬巴水-版画 12   2,998  2,998
20 陶器 陶磁器 1   1,680  2,680
25 版画 浮世絵 1   1,000  1,000
26 素弁蓮華文軒丸瓦 1   1,000  1,000

 

----------------------------☆---

 ●「スモールシティ-高浜」にとって「かわら美術館 - 100億円」投入は過大な血税負担です

これを僅か「四半世紀」で転用 - 民間譲渡は失政暴政の証しです

 

・いったい、どのような施政効果、財政効果があったのでしょう…

「民間譲渡」を強行されることが失政の証しです…

 

・「100億円」-失敗を秘密裡に闇に葬る施政は不信しかありません

「情報非公開-隠蔽」「倍額-浪費建設」「市民無視」の不適切な施政

 

また「美術品-購入-約6億円」は適正適切に管理されているのか…?

どのような「美術品」なのでしょう…?

・市民に公表公開もされず、隠蔽のまま民間譲渡は不適切の極み…!

 「総額-6億円」の美術品も市民の財産です 

 

  隠蔽は高浜-施政を私物化されている証しです

 「100億円」もの巨額の失敗事業を議会は問題にすらされません

 

  これでは「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」は市民でなく

  施政にだけご都合がいいまちです … 歪んでます

 

  結局、このままでは「市民」は高税にあえぎ、納税に励む道具…

「22世紀」に誇りをもって伝えるためにも物言う市民であるべき

 

 このまま私物化を肯定は「高浜」を破壊です!! 

 

「職員数」も「全国-最低最下位」

「公共施設」の市民一人当り面積も「全国-最低最下位」

 

 ところが「国内唯一-かわら美術館」は「巨額-100億円」投入

 しかし「僅か25年」で早期閉館-民間譲渡は失敗です

  この説明責任も果たされず市民無視で強行は独裁の証し

 

  このまま「高浜」を「22世紀」に繫ぐことは「破壊」です…

 

  (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸