t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 新城市の庁舎建設例から高浜を知る

「庁舎」を「リース」とは市民を裏切りです。これが「財政削減」とは、開いた口が塞がりません。

・「試算条件」- ① リース継続 ② 旧庁舎を耐震改修の場合 ③ 施設寿命を「80年」とした場合にて

①・推計すれば  - 「リース-20年-30億円」+「更新-70年-50億円」=「90年-80億円」

②・旧庁舎継続  - 「改修-30年-20億円」+「更新-70年-50億円」=「100年-70億円」 (*施設寿命-70年)

③・長寿命-80年- 「改修-40年-20億円」+「更新-80年-50億円」=「120年-70億円」

簡単な試算ですが「リース」短期契約の浪費は明白かと思います - 地球環境面からも問題では…

   (*「改修-20億円」は、市の試算例から抜粋 - 現在、市HPでは検索不可の設定に …  隠蔽工作か…? )

   公共施設-長寿命は財政削減の妙手 - 早期解体や早期更新は浪費 

 

「リース」を高浜市民に説明は1年後 - 着工-3ケ月前 -「選定根拠」は「要求水準書」にありました

「H26.8.11-要求水準書」によると「旧庁舎-改修-20億円」を「寿命-20年」に短縮し比較されてました

 

・「予定価格」を「33億円」と公表 - 竣工後、判明は「35万円 - 0.01%」も安いと契約でした。

この単純で不適切な仕掛けを議会は素通りで承認されたようです - 議会の「監視機能」の欠落の証し

  今では「リース」は「数千万円」の持出しという試算例もあります

 

● 更に「公共施設総合管理計画」を作成公表以前に「庁舎と高小」だけ異例の建替え方針を立案は疑問…

「リース」と「PFI」は、ハコモノ事業を数十年に亘り「独占-倍額」の仕掛けのようです…

 結果 -「独占-倍額」は市民5万人を借金返済の犠牲とする施政の証し

 

---新城市-庁舎建設」との比較 ---☆---

新城市も、H26年から工事着工され、H27年-竣工されました。

<新城市> *S31年完成-築58年で更新           <高浜> *S52年完成-築40年で「リース事務所」

f:id:t2521:20201126221531j:plain f:id:t2521:20201126221600j:plain

組織  人口-千人  職員-人 庁舎面積-㎡ 建設費-市負担  備考
新城市  47   649   9,136  26億円 国補助-23億円
高浜  49   228   3,668  30億円 リース-20年
新城/高浜  0.96   2.85   2.49  0.87  

 

新城市は、実施設計段階に「広報-特集号」にて「市庁舎-建設」の説明資料 (8頁) を発行されました

 [検索] :https://www.city.shinshiro.lg.jp/shisei/koho-kocho/honoka/honoka2013/honoka201306.files/20130530-103743.pdf

高浜は「説明会-参加42名」を、H27年7月-着工3ケ月前に決定報告です - 財政効果は「ウソ」説明

     (*「ウソ」- 市が独自建設は「37億円」-「リース」は10%も安い「33億円」と説明は裏切り ) 

 

新城市は「庁舎-建設基金積立」をH4年から開始-22年後に「15億円」を準備のようです

⇒ 更に驚きは「国」の補助制度 (合併特例債) を活用 - 建設費「49億円」のうち「市負担は26億円」

・結果 - 新城市庁舎建設の返済額は「年-48百万円×20年で返済」- 施設寿命は「80年」を策定

・高浜は「リース-賃貸料-1億40百万円×20年」この後-解体、次に「建替え-50億円」の浪費です

 

 新城市は「面積-9136㎡-費用-26億円-寿命-80年」対「高浜-面積-3668㎡-費用-30億円-寿命-20年」

 血税の重みを感じて、財政削減に尽力戴きたいものです  

 

<新城市-庁舎建設の財源計画> *広報-特集号 (8頁) にて解説 - 高浜は説明無し (10%削減はウソ)

f:id:t2521:20201127000347p:plain

 

この施設費を試算比較すると「新城市」は 160年後、高浜より「54億円」も財政削減の可能性も… 

① 新城 -「築60年で更新」-「更新-80年-26億円」+「更新-80年-50億円」=「160年-76億円」

② 高浜 -「築40年で更新」-「リース-20年-30億円」+「更新-70年-50億円」×2=「160年-130億円」

 (*「庁舎建設」-「類似団体-人口5万人規模」の庁舎規模は「面積-1万㎡、施設費-50億円」が相場 )

⇒「リース事務所-3668㎡」に合わせて「役所-組織分割」とは反縮充の本末転倒には呆れました…

 

「リース事務所」は高浜のシンボル施設として疑問と浪費の産物です

   市民は今後20年間も不便な分割庁舎に忍従は拷問同然です… 

 

----------------------------☆---

 "まちづくり" は後世の市民に「住みよさ」を積上げる施政施策があり方ではないでしょうか…

 今の施政は「借金返済」を積上げるばかり … 不適切、かつ、恥ずかしい施政と感じます

   ハコモノ事業は、後世のためにも「拙速」ではなく「巧遅」があり方かと思います…

 

--- 「高浜-財政動向」 ---☆---

基金積立」も無く、乱暴で拙速のハコモノ事業の結果は「借金漬け」です - 無責任は恥ずかしい…

 

<高浜-市債-借金> *181億円-R2年度         <高浜-基金-貯金> *19億円-R2年度  

 f:id:t2521:20201127094132p:plainf:id:t2521:20201127094242p:plain

 ●「コロナ対策費」も他市に比較し少額 - これで大災害が発生したらと思うと不安しかありません

 

----------------------------☆---

 公共施設というハコモノ建設事業の裏に「借金増加」という犠牲を後世に遺そうとされてます

 これが市民の希望でしょうか、誇りでしょうか?

 「リース事務所」同様「希望」も「誇り」も無い財政運営の実態

 後世の市民の為、未来の高浜の為-健全経営のまちとしたいものです

 

    (最後まで、ありがとうございました)  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸