t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 高小建設費の比較

☆H28年8月、市会議員さんが「小学校の縮充建設の事例調査」のため、埼玉県まで視察に行かれた学校事例をご紹介し、建設費の妥当性をご検討頂きたいと思います。

●不可解な建設費です。なぜ、高浜の建設費は埼玉の「二倍」「45億円」も要するのか?

・民間プール建設補助やPFI監理費も含めれば「50億円」規模となるのでは?

●高浜の施設建設の大命題は「財政削減!」   

・市は「高小建設による財政効果」の説明責任も果たされず、建設強行は余りにも、市民の理解を超えた不適切な進め方は無謬性からも乖離した残念な施政です。

---学校建設費の比較---☆---

高小と埼玉県の学校との建設概要と建設費を比較してみました。 (下記図表)

 施 設  高浜小  埼玉県   備 考
生徒数(名)     620       530 *埼玉-吉川市立美南小
級数(室)         22         20  
校 舎 (㎡)     6,760     8,140 *埼玉-体育館も校舎と縮充
公民館        850       300  
その他     4,210       650 *埼玉-屋上プール付き
(施設例)

・体育館×2棟

・児童センター

・ものづくり工房

・IT工房

高齢者施設

子育て支援C

学童保育

 

 

合計(㎡)  11,830  9,090 *高浜≒面積比×1.3倍
建設費  47億円  23億円 *高浜≒建設費×2倍

学校の建設概要は、ほとんど同様レベルと思われます。 

・建設費が「異様に高額な47億円」は「財政効果がある施設計画」なのでしようか?

・市は「条件が違う」と一言で、巨額の差異「24億円」の理由を説明ですが、とても納得できるものではありません。

・常識的に「他県事例より面積は3割増しですが、建設費用は同額以下に抑えました」という英知を込められた説明を期待していましたが、「倍額超」は浪費です!!

これを指摘・改善されるのが議会と思いますが、結果は「同調」では監視機能無し!

    (*一体、何のための『ご視察?』、如何なる成果を上げられたのでしょうか? )

 なぜ、市民に「財政効果」は秘密なのか?   

  不可解な施政は 不信感が増すばかり! 

  何かしら将来世代に任せたは「無責任」さを感じます!   

  これが「大家族精神」なのでしようか?

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸