t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - ハコモノ縮充の矛盾

・再度、「ハコモノ」建設の「縮充」につき、確認したいと思います。

自治体の「ハコモノ」計画は「市民参画の協働作業」が、あるべき進め方です。

高浜は「行政と議会で決める」と強行は、「市民不在」「市民無視!」…

・結果、「借金」だけ市民に押し付けられることに…

 

市は建設計画を「財政削減」と主張し「長寿命化」より「建替え」を強行ですが、その肝心の「財政効果」の説明を省略は信用できません。 なぜ「説明」出来ないのか?

特に「庁舎-リース 20年-33億円」「高小-PFI 15年-50億円」には不信感しかありません! 

・更に「早期解体」は市民の施設利用権を剥奪! 「解体 + 借金建設」は市民が犠牲です!

 

---「縮充」=「複合化」施設とは?---☆---

●「複合化施設」とは、一つの建物のなかに、様々な機能を有する施設です。

高小も「一つの建物の中に、教育機能「学校」と地域施設」を合体が縮充なのです。

・「施設躯体」=「壁・柱・屋根」等の躯体構造を共用化により「建設費削減」に!

ところが建設仕様は「校舎」「公民館」「体育館」「児童センター」の寄せ集め、「プール」は別の学区へ移転に「共用化」は ありません。建設費「倍増」が証しです!

残念ながら「高小は縮充では ありません!  庁舎同様の分割建設!」これでは財政増加!

 

---「縮充」=「複合化」とは?---☆--- 

●「複合製品」や「複合施設」の事例を確認してみます。

<*複合イメージ例1> : 「ボールペン付きシャープペン」  ジェットストリーム2&1  ・ 0.7mm 三菱鉛筆(uni)

      ※「複合 : 一つのケース内に、二つ以上の機能を内蔵」

■ <*複合イメージ例2> : 「 埼玉・吉川市美南小学校 <文科省資料>」

高浜市会議員-視察先(H28年) ・建設費 -「23億円」・ 屋上プール付き ・ [検索] ↓  http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/013/008/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/11/10/1363948_2_7.pdf

縮充学校は「校舎」と「体育館」「プール」「地域機能」が「同一建物」に一体化! 

・これで「建設費 - 23億円」なら「確かに縮充(複合)効果」が認められ納得出来ます!

 

---高浜小は縮充施設か?---☆---

高浜小・施設形態は「縮充」とは言えません! 残念ながら「集合施設」です! 

「集合施設」のため、各々、構造躯体を要し「建設費」は増大 - 二倍の「50億円!」

    ※「民間プールへの水泳指導補助等 - 30年-10億円」の更なる血税投入で「60億円! 

言葉では「財政削減」のため「縮充建設」と説明され、実態はバラバラの集合施設!

「言行不一致」の「ハコモノ」建設は、明らかに血税の「無駄遣い」です!

 

---ハコモノの財政削減の矛盾---☆---

「縮充(複合)」と言われ、「庁舎」は二棟分割。「いきいき広場」を含め 三棟化

●「学校」も、このバラバラの集合施設では「財政削減」は出来ません! 

・この集合建設を「縮充」と説明は「矛盾」です!  財政効果の説明もありません!  

なぜ「縮充」のハコモノ方針に矛盾する建設を強行されるのか?  血税の浪費です!

 

「本気で『財政削減』をご推進」とは思えないのが残念!

 

---市民の素朴な思い---☆---

● 高小は「地域施設」であり市内唯一の「市民ホール」機能を有する施設となります。

・であれば「高小- 体育館」は全市民の施設なのに、説明会の高小PTA限定は不適切!

施設建設の説明対象を限定し、参加市民を制限は、反論抑圧としか思えません!

 

● 正直に申し上げると「体育館」が「ホール」なんて、他市の方には恥ずかしくて言えません。碧海五市で「ホール」も無い街は高浜だけ…  市民サービスの欠落です!

この恥ずかしい状態は「後世の市民」が、最も大きな被害と影響を受けます

 

● 恐らく、体育館で「市制50周年」記念行事を実施と思われますが「50年」も経過し「ホール」も無い街は失政の証しでは!? 「席数」さえあれば良いとは思えません!

   (*「ホール」- 舞台のある劇場型施設で階段状に客席を常設の会場。音響効果有り )

 

---市民の素朴な疑問---☆---

高小の縮充建設は、当初、下記のように説明されました。

・「複合化」は財政削減となる。下記表の13施設を複合化により「37億円」で済む!

・「単独建設」すれば「49億円」も要し、高浜の財政は破綻する!  と説明されたのに…

現在「10施設- 50億円」+「プール- 10億円補助」で推進強行は大きな疑問です。

・現在の計画以後、「財政効果」の説明は回避されています。不可解です…? 

f:id:t2521:20160708091225j:plain

・また、長々とかいてしまいました。最後まで、ご確認戴きありがとうございます

最後に…、

 現在の「公共施設推進プラン-360億円」は誤謬では!?

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸