t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 三重 - みんつく予算

高浜は「大家族」宣言や「自治条例」を制定され、より「市民」よりの施政運営かと

 思われますが、実態は、その期待とは、かけ離れた運営を強行と感じています。

 

現在の施政運営は「民主主義」と言われますが「市民の代表という議員主導」による

「間接-民主主義」と言われるものです。

高浜は「市政クラブ」と言う保守系議員が、議席の半数を占め「行政」寄りの施政。

・議会の賛否は「議員本人」ではなく「会方針」に同調するだけのようです…

 

● 一方「直接-民主主義」という方法もあるとか。市民が直接、施政施策に対し「賛否」

 の意思を表明する方法です。「古代ローマ市民」の施政はこの方法だったとか?

・近年「ICT」の進化は、この「直接-民主主義」の運営を可能とする土壌を形成しつつ

 あると思われます。 

 

現代の施政にとっては「やっかい」な方法になるのかもしれません。。。

   従来、私物化出来たもの「市民の声」に従わざるをえない事態となるからです…。

 

「大家族」宣言に基づく施政運営を期待します・・・

 

---「住民参加」の施政運営の事例 ---☆---

● 施政施策につき「住民参加型」の施策が行われている事例があり、ご案内します。

 

三重県 -「みんつく予算」事業 - 2020年です。  (*「みんなでつくる」を略称 )

 

三重県は、県民と県外も含む「事業提案」を公募 … 約2百件余り応募 

各テーマの予算は「5百万円~10百万円」と様々

・これを「事前審査」し、「約20件」に絞り込み。

 

● この「20件」のテーマにつき、「県民-18才以上」の「住民投票」と「意見募集

「20件」は、プレゼン発表の機会も設定されるとのこと。

    [検索] : 三重県|みんなでつくろか みえの予算(みんつく予算)

 

この結果を反映し「2020年度 - 当初予算事業」として採用される計画のようです

 

  まさに県民による 県民のための施政事業・・・ 

 

--- ブログ-後書き ---☆---

このような事業企画が「もし-市制50周年」に採用されれば…、と思ってみたり…

「リース庁舎-30億円」や「PFI-小学校-50億円」より費用対効果が有ったのかも…

 

しかし「県-施政」で、県民投票による「事業選定」の企画が現実に推進されている

 ことは事実であり「直接-民主主義」の先駆的な事例として評価できると思います。

 

・「議会は市民の代表」という言葉は、過去の遺物となるかもしれません…

 いえ、そうすべく市民感覚を研ぎ澄ますことが大切と思います。

 後世の市民と高浜の未来のために… 

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸