t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 自治体経営 -「財政運営」のあり方

「高浜」は「住みよさ-富裕度-全国-89位」と上位のはずが、市民生活に還元無し。

・「公共施設-倍額建設」は、特定の業者さんだけ優遇の施政は疑問であり市民無視…

市民を犠牲の施政は「介護保険料は西三河トップ」「サブアリーナ-使用料も倍額」

・子どもの就学援助も低く、コロナ接種も遅く、資源ゴミ立当番も県下で高浜だけとか

    血税の無駄遣いや、市民を虐待酷使の施政を強行です

 

市庁舎を「リース事務所」に建替は、市民は「30億円近い」大損害のハコモノ行政 

つくば市-庁舎-9億円契約」- 高浜は同等規模のリースを「30億円-20年独占契約」

・なぜか、特定の業者さんには優しい施政です -「高小」も倍額-50億円-15年独占…

・「プール運営会社」とも、募集時は20年を、契約直前に30年に延長して契約…

・「学校エアコン」も近隣市-最高額の316万円/教室で、特定業者-独占工事の仕掛け

    (*学校空調は、8月は利用しないのに、室外機を更に能力3割増強も過剰な浪費 ) 

 結果-高浜-経営実態は「市債(借金)-激増」「基金(貯金)-激減」も疑問と不安が募ります

  今後、小中学校-「大規模改修に59億円 」の投入計画

   驚きは「市債-40億円」- なんと7割も借金は後世犠牲

 

   ハコモノ行政-無責任計画は限度を超えてます・・・

   例えば「高取小」は「10年後」に建替え予定なのです

高取小-「大規模改修-R6-11億円 (市債-8億円)」-「建替-R16年-20億円(市債-13億円)」  

これは、後世に「21億円」借金を負わすこと - 港・吉浜・高中・南中と続きます

 

<公共施設-推進プラン-高取小>

・公共施設-長寿命化計画のなか「大規模改修-10年で解体-建替」はもったいない…

            *「大規模改修-R6年」▼          「建替-R16年」▼ 

f:id:t2521:20211017154452p:plain

 

<「警告発信!!」>

☆「高度成長期」の如き、短期改築や「改修&建替」の繰返しは「業者優遇」の仕掛け!

この過ちの施政を正そうとする一人会派議員を、議会は「いじめ」が横行しています

・「行政-黙認追認」だけの議会こそ「高浜」の未来のために改めるべき時代では…

「高浜-議会」も市民無視、高浜無視を強行されてます

   (*「資源ごみ立当番制」は 県内-高浜だけ実施方式を継続放置が その証しです… )

 

 

---「公共施設-建設のあり方」 ---☆---

公共施設-建設のあり方は「基金」を蓄財準備し、後世の負担を軽減があり方…。

実態は「基金」が無いと「市債」による倍額建設は後世をも虐待酷使の施政では… 

・結果 - 財源の負担割合は「他市は市債-4割」が「高浜は市債-6~7割」と逆転先送り

 後世に財政負担を先送りは無責任であり虐待の施政では

 

・財源を特定業者に倍額投入も裏切りです -「財源」を増やす施政も注力戴きたいもの

今、自治体には「ふるさと納税」という外貨獲得の手段が制度化されています

ふるさと納税」は自治体財政を潤すカンフル剤では…

 

---ふるさと納税 ---☆---

・21-10-16-中日新聞-P.30-「自由の現在地-権力との摩擦」にて「泉佐野市-大阪府」の

 「ふるさと納税」に関して掲載されていました。 (記事一部を下記に転載)

・「泉佐野市」と言えば記事のように「H30年度-ふるさと納税-集金額は約5百億円!

大阪人の経済感覚や集金能力の高さには、ただただ脱帽しかありません…。

 恐らく、独り勝ちは、多くの自治体の羨望と嫉妬の的となったか… 出る杭は叩かれる

 

・国(総務省)と法廷闘争され権利復活を獲得となったようですが、その損害は甚大です。

「令和2年-ふるさと納税は激減」-しかし22億円超-今後の挽回施策が期待されます

 

泉佐野市は、これを原資に「学校-空調」や「プール整備」に活用されたとあります

ふるさと納税」を原資に「まちづくり」や「住民サービス」充実を目指されてます

 

<21-10-16-中日新聞-P.30>

f:id:t2521:20211016220928p:plain

 

 

<全国上位と泉佐野市>

今や「ふるさと納税」は「全国-6,700億円超」のビッグ-ビジネス市場に急成長!

令和元年と比較すれば「令和2年-1,850億円増額 - 約4割増」となっています 

上位-3自治体は、なんと「100億円超」とは驚愕であり素晴らしい成果です。

    都道府県   自治     金 額    (件数-件)
全国順位   全国合計 - 6,724億8,955万円 34,887,898
  1 宮崎県 都城市    135億2,548万円   603,807
  2 北海道 紋別市    133億9,271万円   867,064
  3 北海道 根室市    125億4,587万円   723,336
   54 大阪府 泉佐野      22億4,819万円     167,687

 

<愛知県と高浜>

碧南市」と「幸田町」は上位常連の自治体。ここに「大府市」が大躍進!!

・「大府市」-「ふるさと納税」-「令和元年-1.4億円」が「令和2年-17億円!

大府市」をお手本として施策立案も施政のあり方ではないでしょうか…

愛知県 自治     金 額  (件数-件) 前年比 全国順位
   1 碧南市 29億6,509万円 184,057   143%     34
   2 幸田町 27億   753万円   23,983     70%     40
   3 大府市 17億    53万円   24,060 1246%     80
   8 東浦町   6億1,815万円     1,550   137%    257
   9 西尾市   5億9,736万円   30,786   135%    270
 24 安城市         9,322万円     8,132   153%    978
 26 高浜市      7,548万円     3,392   104% 1,050
 27 知立市         7,057万円     1,229   141% 1,083

 

●「全国自治体」は「県・市・町・村」合わせて「1,790団体」もあるようです。

・「高浜」の順位は「1,050位」と中位程度は、施政のあり方として適正適切なのか?

   (*「ふるさと納税-7千万円」も大したものですが… 平均は「3億8千万円」… )  

「富裕度-89位」に満足され、「1,050位」で問題無しとされているのでしょうか?

  これでは「市民」を酷使虐待の施政では…。

 市民から搾取ではなく、ふるさと納税で原資獲得し「住民サービス」に還元頂きたい!

 

● 市民は「行政」が経営力や収益力を発揮され、財政負担の改善向上を切望しています

・「ふるさと納税」は、自治体が収益改善を図れる重要な施政課題と思われます。

ふるさと納税」への積極的な取組みは「高浜」の "魅力づくり" ともなるのでは…

 

・市制50年を記念して「ふるさと納税-新商品創出」もあり方ではないでしょうか…

一過性のお祭り騒ぎだけでなく「実効性」ある施策も合わせて推進戴きたいもの…

 

「まちづくり」と「魅力づくり」の両輪を廻して

  素敵な「ふるさとづくり」にも邁進頂きたいものです

 

  これが「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」では…  

 

  (最後まで、  ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸