t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

情報公開の事例Ⅱ - 旧庁舎の解体現場も No!?

☆旧庁舎の外壁は「アスベスト含有材」を使用のため、市民の健康被害を防止のためにも、確実な工事推進をお願いしたいものです。

⇒ このため「現場視察」の申入れを市会議院さんを経由し依頼の結果、回答は

視察不可!」と やはり「情報隠ぺい」の回答です!!

● この回答は、実は、市では無く、業者さんが視察可否を判断され、市民に回答!?

⇒ このような対応判断も、市は業者さんに「丸投げ! 」のようです。

業者さんは「理由説明もされず 視察不可!!」

何故、隠そうとされているのか?  疑念は膨らみます!

アスベスト除去工事」は、確実に実施されているのか?

   隠ぺい工事では、確認が出来ないのです!  

今、高浜は、なにか変です! 

   市民無視の施政が、秘密裡に推進されてます!

---旧庁舎の玄関庇の塗膜除去---☆---

★現在、旧庁舎の玄関前の庇の塗膜除去工事が実施されています。 

⇒ 市民の疑問は「アスベスト (発がん物質) の除去工法を変更されたのか?」

● 先週まで、塗膜は「ケレン工法」を施工されていたはず。 

⇒ 今週から「塗膜剥離剤」を塗布に変更か?!

    (「塗膜剥離剤」を使用なら「ケレン」は不要では?  二重の工事工法ではないのか?)

f:id:t2521:20171009095109j:plain

「塗膜剥離剤」の塗布作業は「保護眼鏡・手袋使用」が注意事項に記載有り、不徹底な工事は作業者が危険にさらされます!  公共工事で「ずさん」な安全管理は疑問です!

⇒ この工法作業で「旧庁舎の塗膜剥離工事」では管理上、問題ではないでしょうか?

  管理責任も業者に丸投げで、市民が怪我をしても市は「知らん顔」のようです!

  もはや、市民の監視は絶対条件の公共工事と思います!!

  (*実は「外来工事・作業責任者」の視点からの指摘です!)

 現場を見せない工務店や大工さんがいたら要注意ですよね。市の丸投げは問題では?!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸