t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

情報公開の事例Ⅱ - 旧庁舎の解体現場も No!?

☆旧庁舎の外壁は「アスベスト含有材」を使用のため、市民の健康被害を防止のためにも、確実な工事推進をお願いしたいものです。

⇒ このため「現場視察」の申入れを市会議院さんを経由し依頼の結果、回答は

視察不可!」と やはり「情報隠ぺい」の回答です!!

● この回答は、実は、市では無く、業者さんが視察可否を判断され、市民に回答!?

⇒ このような対応判断も、市は業者さんに「丸投げ! 」のようです。

業者さんは「理由説明もされず 視察不可!!」

何故、隠そうとされているのか?  疑念は膨らみます!

アスベスト除去工事」は、確実に実施されているのか?

   隠ぺい工事では、確認が出来ないのです!  

今、高浜は、なにか変です! 

   市民無視の施政が、秘密裡に推進されてます!

---旧庁舎の玄関庇の塗膜除去---☆---

★現在、旧庁舎の玄関前の庇の塗膜除去工事が実施されています。 

⇒ 市民の疑問は「アスベスト (発がん物質) の除去工法を変更されたのか?」

● 先週まで、塗膜は「ケレン工法」を施工されていたはず。 

⇒ 今週から「塗膜剥離剤」を塗布に変更か?!

    (「塗膜剥離剤」を使用なら「ケレン」は不要では?  二重の工事工法ではないのか?)

f:id:t2521:20171009095109j:plain

「塗膜剥離剤」の塗布作業は「保護眼鏡・手袋使用」が注意事項に記載有り、不徹底な工事は作業者が危険にさらされます!  公共工事で「ずさん」な安全管理は疑問です!

⇒ この工法作業で「旧庁舎の塗膜剥離工事」では管理上、問題ではないでしょうか?

  管理責任も業者に丸投げで、市民が怪我をしても市は「知らん顔」のようです!

  もはや、市民の監視は絶対条件の公共工事と思います!!

  (*実は「外来工事・作業責任者」の視点からの指摘です!)

 現場を見せない工務店や大工さんがいたら要注意ですよね。市の丸投げは問題では?!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸