t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

予算を知る - 血税の使途の把握は市民の義務!

血税が、適切、適正に利用されているか?  市民、一人ひとりが考える時と思います。そのためにも、予算の使途につき、市民は関心を寄せるべきと思い、今回、この予算情報を掲載しています。

市も市民への予算情報発信に腐心されるべきかと思いますが、何故か、高浜は情報公開のレベルが低いと思います。これは開かれた施政とは言えず残念な事態です。

---予算事例------------☆---

地域医療振興事業⇒刈総・高浜分院の支援 : 約199百万円(年)。累計30億円負担規模に!

ごみ処理事業⇒埋立や焼却処理 : 約532百万円。他市と比較し処理費が割高!?

公園整備管理事業⇒市内約20カ所の公園維持管理 : 約80百万円

図書館管理運営⇒図書館と郷土資料館の運営委託 : 約69百万円。月6 百万円は高額!

●複雑なのが「生涯学習」の名目が分散計上された教育費、約200百万円超??

美術館管理 ⇒かわら美術館運営 : 約110百万円。美術館は鬼みちまつりに使うとか!?

    (*美術館は、建設以来、既に80億円を突破!  現在、施設継続のため異なる用途を模索中のようです?!)

市民の思いは「適切に、適正に、効果的に」血税活用を切望しています!

---高小建替えを考える---☆--- *建設費 : 48億円 (施設分)

★高浜小の建設方式は「PFI方式」という民間資本を利用される方式です。効果は、支払いが「均等払い」となり、財源を有効利用できるというご説明だったと思います。

● しかし、支払い計画は「H31年-23億円.H32年-13億円.H33年-0.5億円」と施設分は三分割払い。均等払いは、15年間の維持管理費のようです。推定約80百万円/年。

維持管理費は修繕費も加え、新築時から毎年80百万円支払いは納得しかねます?

   (*要するに初年時からどのような修繕が発生するのか?  使用開始数年間の施設不具合は施工ミスでは?) 

---小学校の維管理費---☆---  (*高浜市内全小学校の維持管理 : H28年度-197百万円)

★市内の小学校は「高浜・吉浜・高取・港・翼」の五校と思います。H28年の維持管理費は、197百万円。大胆ですが、一校当たり「約40百万円」。これを相場とすれば…、

新高小・PFI方式の「年80百万」は倍額!  新築時から他校の倍額で15年払い。

本当に「PFI方式」は適切な方法でしようか?  この優位性の説明が無いのも不可解!  

 西尾は「PFI契約を撤回」という大胆な方法で施設方針の修正を進められています。

財政的な優位性を説明されず、プールも学校から離れた場所に、また民間委託方式で、別途 2億円超を補助して建設が、適正な最適設計とは、とても納得出来ないのです!

学校も、プールも建設業者は「一社応募だけ」。競争見積の無い発注も不適切では? 

● 水泳授業で、特に低学年は、二時間連続では「クタクタ」ですよね。これを適正、適切と強引に進められることは、結局、子供が犠牲の施設建設となります。

● 南中のテニス部も、練習場を解体早期化されて練習場所も遠方となり犠牲とか! 

● 中公解体で、碧海五市で高浜だけ「ホール」の無い街に。幼稚園から小・中・高校生まで、社会人も含め他市の「ホール施設」を探して演奏・発表活動されています。

このような「大家族」や「子ども」を犠牲に施設建設の推進は、適切な「まちづくり」のあり方とはとても思えません!

 皆さんも「まちづくり」を「子を、孫を、思う親心」でお考え頂きたいのです。

   高浜・公共施設計画・70年の未来を創るのは、今、真剣な検討が必要です!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸