t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ計画の疑問 Ⅳ (施設計画)  

・「大家族たかはま」の「まちづくり」は、「市民」が主体者であるべきです。

・行政や議会は、この「大家族」の思いや願いを実現するのが、与えられたご使命と考えます。

しかし実態は「市民不在」としか思えない、施政強行は残念でしかありません。

 

---ハコモノ計画の事例---☆---

H26年、「ハコモノ計画」として、下記「公共施設あり方計画」を立案されました。

[検索] : http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/arikatakeikaku/arikatakeikaku.pdf

しかし、市民の思いや願い (ニーズ) は、この計画書に反映されていないのでは…?

「目次」のP.7には「人口・ニーズの現状と課題」とありますが、内容は地域特性…?

「大家族」の声は、どのように収集し反映されたのでしょうか?

 

---「大家族」の声 ------☆---

市HP「公共施設」を見ると「計画公表」の後、下記の市民意見を募集とあります…?

◆7月 同計画(案)のパブリックコメントを実施(~7月31日)

意見提出は「市民-1名」です。これで終わり…?  (*無関心な市民が悪いのか…?)  

◆8月~10月、同計画(案)の地域説明会を実施

説明会後に「アンケート実施」。しかし、これで市民の声を聞いたは不適切 !

[検索] 市民意見http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/arikatakeikaku/anketo.pdf

 

高浜市内、5地区で「説明会」を実施されたのは、大変、ご苦労されたと思います。

・ただ、参加者だけ「アンケート実施」で市民の意見を確認とは いかがなものかと?

アンケート集計結果を再確認してみました。

・回答者 :  参加者 - 146名。アンケート回答 - 「113名」は少なすぎ!

・性 別 :  男 性 - 「89%」は、女性意見の無視では? 

・年 齢 :  「50代-17%」「60代-42%」「70代-17%」≒ 合計「76%

「大家族たかはま」は「男性の高齢者」の街なのでしょうか?  

 

● この偏在的な市民意見で「縮充」は肯定された。「中央公民館」ニーズは低い。と、判断されたのなら、余りにも早計すぎる独断かと思います。

 

また「市民の意見」として「庁舎の『リース』や『期間-20年』」に疑問視の声も…

説明会後のアンケートは、参加者が帰りたい一心で「数分間」で回答されたのでは?

 

気づくのも遅いのですが、今回の「ハコモノ計画」は「血税投入-約360億円!!

● H70年 ('58年) まで今後40年間の壮大、且つ、重大な「まちづくり」計画なのです。

その重大性、重要性を説明されず、施政を強引に遂行は「大家族」精神の欠落です!

 

---市民の素朴な思い---☆---

高浜は「財政的に貧困」の意識が浸透し「大家族」は我慢生活を当然としています。

・しかし「ハコモノ計画」は魔物です。血税を湯水のように投入となっています。

・「三高開発-50億円」を始め「かわら美術館-80億円」「狭小リース庁舎-33億円」、次に「二倍の建設費-高小PFI-50億円」、そして意味も意義も不明な「分院-53億円」!

● これだけでも「270億円」という莫大な血税投入を実施され、今なお、推進中です。

   (*計画では、H33年「かわら美術館」は「民間譲渡」と記載。 もったいない浪費…?)

市民感覚では「おかしい」「怪しい」血税投入は、丁寧な説明と理解し納得できる時間が必要であり、行政の「説明努力」は当然であり責務かと思います。

 

このように「貧困財政」では無く、誤った「財政使途」の結果でしかありません!

この「浪費ぐせ」を治せば、高浜は全国でも上位の市民生活の街に戻れるはずです!

市民が、施政への関心を持たれ、意見発信が「まち直し」の解決策と思います!  

 

● ご参考までに「隣街」の「施設計画」をご案内します。 (*P.41-市民アンケート記載)

ちなみに「施設寿命-80年」を優先と高浜より10年延長は適切なハコモノ計画です

[検索] : 碧南市施設計画 http://www.city.hekinan.aichi.jp/sisanka/kanrikeikaku/kanrikeikaku.pdf

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸