t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 総合計画 - 市民参画の疑問 ?

「高浜」のハコモノ行政は「デタラメ」の連続であると確信しています…。

・「築40年」を老朽化と称し、次々と早期解体は過ちであり、財政を無駄遣いです。

多くの自治体が「施設寿命-80年」と制定し長寿命化を図っていることも証し…

 その大元となる施政計画が「総合計画」と言われるもの… らしい…

 

● 直近の総合計画は「第六次計画」のようです。期間は「2011年~2021年」とか…

・現在「第七次計画」の構想検討を推進されている模様です。

疑問は「市民参画」と言われ実態は「キャッチフレーズ-考案」だけのよう…??

 

・10年経過でも、ご存知無い市民もみえ愕然としたのも記憶に新しいところです。

 第六次は 「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」とPRされてました

・これを「キャッチフレーズ」と称し未来を描く市民会議」にて立案された模様です

    (*詳細は、異なるかもしれませんがHP資料から推測判断しました ) 

 

<総合計画-キャッチフレーズ>

疑問は「キャッチフレーズ」で高浜のまちづくりが可能なのか…? もう50年も継続… 

・「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ  大家族たかはま」- 結果は裏切られた想いだけ

市民は施政の手玉に乗せられ「言葉づくり」だけで市政参画と誤魔化されているよ

  うな懸念を抱いています。

 f:id:t2521:20220305140630p:plain

 

●「第六次」における主要な事件は「乱暴なハコモノ行政による早期解体の凶行」です

・「中央公民館」を初め「旧庁舎・青少年ホーム・体育センタ」「旧市立病院・大山

 公民館」も… まだまだ利用なハコモノを僅か「築40年」で解体閉館は血税の無駄遣い

・更に、施設更新に「倍額投入」は不適切な業者を過剰に優遇だけ…「リース・高小」

最たる裏切りは「リース事務所」は市民に「27億円」もの大損害を負わせたこと…

 これは「大家族とたかはま」を裏切る暴挙です…!

 

「第七次」の総合計画を策定に当り、次の疑問を感じています。

・近年、市は「P-D-C-A」を駆使して計画推進されると聞きます…

であれば「第七次」の計画策定に当たり「第六次」につき「C (チェック)-評価」が進め方

 

・これを実施することにより、俄か仕立ての参画者であっても「悪さ」が発見可能です

ところが、実態は過去は無視 - キャッチフレーズづくりに邁進の計画のようです

 

<第六次計画の疑問例>

・「第六次総合計画」の基本体系とされる一部を抜粋してみました。

f:id:t2521:20220305143559p:plain

 

1.市民と行政がお互いの考えを理解    ⇒ 「高浜初の住民投票」を無視されました。

「民間分院」要望を受けて公共施設を解体とは前代未聞。更に60億円もの巨額補助!

   (*幾度か言及していますが、この補助額はK市市民の倍額を投入なのです )    

 

2.「将来を見据えた健全な財政運営」⇒ 「市債は増加に逆転」「ハコモノ-倍額建設」 

リース事務所は「27億円」もの大損害。特定業者が、20年間-事業独占の仕掛け

   次世代を借金の犠牲とする仕掛けであり、街の将来をも犠牲の悪辣な財政私物化!!  

 

最近、話題の「図書館-閉館」- 蔵書-20万冊のうち18万冊も書庫に保管とか…

・民間譲渡を失敗した「美術館」に図書室を作って1万冊展示。数年後改修に30億円?!

これを「将来を見据えた健全な財政運営」とは詭弁を弄する限度も超えてます…

 高浜は「総合計画」も「ハコモノ行政」も市民が犠牲の施政を強行となっています

 

<「キャッチフレーズ」づくりの疑問>

この結果検証を避け「キャッチフレーズ」に注力は残念ながら施政成果は疑問だけ…

最近、気付いたことは、高浜は「都市宣言」を何ら設定発信されていないこと…

 

<碧海五市の都市宣言>

・「都市宣言」こそ、まちづくりの「戦略方針・ビジョン」ではないでしょうか…

これが欠落は「戦略方針」も「ビジョン」も無き "まちづくり" を強行の残念な証し

刈谷

・ 緑化推進都市宣言 ・ すこやかな青少年都市宣言

安城

・人にやさしい交通安全推進都市 ・ 地球にやさしい環境都市

・青少年をすこやかにはぐくむ都市

知立

生涯学習都市 ・ 平和都市

碧南

・ 交通安全都市

高浜

  都市宣言-無し?   - (キャッチフレーズだけ) ・住みよさ-310位

野々市

・愛と和の都市 ・平和都市 ・ゆとり創造 ・ 健康都市 ・美しいまちづくり

    (*「野々市市」は、住みよさ-2年連続-全国-1位の自治体 - 石川県-人口-5.3万人 ) 

 

 

<戦略無き施政のハコモノ計画> 

「高浜」の公共施設-一人当り面積は「全国-最下位 - 2.4㎡/人」は削減済みのはず… 

・「国」が問題視しているのは「全国平均 - 3.77㎡/人」を超える自治体ではないか…?

これに便乗して「業者優遇」「倍額建設」は不適切な市民が犠牲のハコモノ行政

  「リース-27億円」もの大損害を行政も議会も揃って強行はいかがなものでしょう…

 

f:id:t2521:20220305151046p:plain

 

・「野々市」の公共施設面積も高浜とほぼ同じ - 但し主要施設は高浜の3.5倍です。

「高浜」- 住みよさ-310位に低迷の一因かもしれません - 施政の過ちの結果です

 

公共施設   野々市市  高 浜    野々市/高浜   高浜-施設
市庁舎   14,174 ㎡    3,668 ㎡     3.9 倍  リース
中央公民館   2,763       853   3.2  たかぴあ
文化会館     5,648    2,312   2.4  高小-体育館
市立図書館     3,652    1,784   2.0  閉館予定
市民体育館     7,355 - 2棟        922   8.0  サブアリーナ
 合 計   33,592 ㎡    9,539 ㎡  3.5 倍!  

 

ハコモノ面積が、これほどの格差を形成は高浜施政の劣悪さであり大失敗の結果

高浜」-百年の展望無き失敗は「総合計画」「公共施設管理計画」も不適切な証し

  高浜は "まち"と市民を犠牲に施政強行は失政の証し…

 

<ごみ立当番の疑問>

●「高浜」だけ、「ごみ立当番」を市民に強要も過ちの施政の証しであり最悪の施策

⇒ 市は「地域交流の場-コミュニティ形成効果として有益」と説明のようです…

町内会  刈谷  安城  知立  碧南  高浜
加入率

    65.9         

78.8      71.9      72.8         53.6     
ごみ立当番  無  無  19年-廃止  22年-廃止  継続

 

<「町内会-加入率」はコミュニティ指標>

・「第六次総合計画」も失敗の証し - 町内会加入率は当初-69%が、現在-54%に低落!

この町内会-低落が「第六次」の目的目標なのでしょうか…?   コミュニティも崩壊…

   f:id:t2521:20220305134246p:plain


● つまり「半数の世帯」でごみ立当番は運営されているのです - この不公平を黙認

これを「コミュニティ形成」と言葉だけで継続は、市民が犠牲の施政であり凶行!!

 

   第六次総合計画 -「大家族」精神を放逸 - 施政本位、自己満足だけの施政の証し… 

 

---総合計画 ---☆---

「第七次-総合計画」も、市民不在、市民無視で強行は次世代も犠牲です。

・この理由は、計画立案後、パブリックコメントを募集されると思われます。が…

市民に与えられた期間は、僅か二週間。ほぼ施政に反映されることなく却下扱い…

・一応、市民評価を受けた。という実績づくりだけの仕掛け…

 

これは、施政にとって仕事が楽な進め方を優先されている証しです。

その前提は「市民 (大家族) の声」は無視。本来のあり方から逸脱です

 

・市民の声を如何に活用するかではなく、否定する言い訳に終止されてます

その裏は「市民しもべ」ではなく「市民しもべ」と実に傲慢な施政の証し…

 

 これを「大家族」と10年も継続なのに、典型的な「高浜」を私物化となっています

 「キャッチフレーズ」ではなく「失政のカモフラージュ」…

 「キャッチフレーズ」は、施政にこそ自覚が必要な言葉ではないでしょうか…

 『思いやり   支え合い    手と手をつなぐ    大家族たかはま』・・・

 

 「総合計画」- 市民本位、未来の高浜づくりの計画であってほしいものです…

 

----------------------------☆---

 それにしても「リース損害-27億円」は高浜にとって甚大なる損害であり詐欺同然!

  「リース」は巨額-33億円を「僅か38万円も安い」と契約は明白な私物化…!  

    まったく「財政-私物化」や「議員いじめ」に注力強行は裏切りの極みです…

 

  高浜に本来の施政を取り戻していただきたいもの…  

 

       (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸