t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ハコモノ利用率【コマ】数の矛盾

●「公共施設あり方計画」に記載の施設利用率の実績を表す単位として使用される【コマ】数に疑問や、疑惑が湧いてきました。

● 結論から言うと…、

・「利用率を低くするよう「コマ」を「1時間単位」とされた可能性があるのでは…?」

他の自治体では「午前・午後・夜間」をそれぞれ「コマ」と表現もあるようです。

 あるいは「1日 - 1コマ」、「人数」でカウントされる場合もあるとか?

・施設機能として、一つなのに「部屋空間」を細分化され「部屋数」を増加カウント!

あえて「利用率」を低くするよう、部屋数を増やす加工を加え【コマ】数を「ねつ造」された可能性がある疑いを強く感じます。

 

● 市民の判断材料を、作為を加えて、実態を捻じ曲げた資料作成は不適切では…?!

・庁舎の財政効果に続き、施設利用率も正確性に欠ける資料を公然と掲載は裏切り!?

 

---縮充の正当化工作---☆---

施政側の思惑として「ハコモノ」の建替えを推進のため、理由・口実が必要です。

・このため「現状の公共施設の利用率が低い」⇒「対策として「施設の集約」が必要!」

この結論を論理的に正当化のため、施設の利用率を低く加工された疑いがあります!  

 

---ハコモノのコマ数---☆---

具体例として「春日庵」を検討したいと思います。

市内唯一の茶庭と茶室を備えた施設です。H3年から利用開始。つまり「築27年」

特に、海外からの来訪者には喜ばれる施設機能です。これは民間譲渡とか…?

・個人的には「庭瓦」を配置の好事例で、美術館に設置が好適と思っていました。

刈谷「佐喜知庵」は美術館と併設。呈茶サービスされ、利用率は高浜とは雲泥の差!

公共施設を作るだけでなく、利用率の向上にも配慮された「シカケ」が必要です。

 

春日庵の施設構成

● 1階     和室(書院) <21畳> +  茶室 <4.5畳>        [計-2室]

機能的に「茶室」だけ利用は極めて希なケースなのに「分室」してカウント!  

休館日  1月1日~3日、12月29日~31日の6日間

施設の年間の稼働日数を [計-359日] と設定。

■ 利用時間 午前9時~午後10時            [計-13時間]   

⇒ コマ数 = [2室 ] × [ 359日]  ×  [13時間] = [ 9,334コマ]  と試算              

・いくら、管理者がいるからと「夜間利用」は、極めて希なのでは…?

 (*道教室にでも利用されれば可能とは思いますが…? )

これで、利用コマ - 約500コマ。利用率 - 5%は低い。と判定です。 (*実質 - 10%超)

・民間譲渡は、高浜から茶室文化(庭瓦)の施設は消されるようです。もったいない!

・更に、管理は、遠く離れた「女性文化センター」では、利用しにくいシカケです!

  (*大山公民館が管理なら、数百mで済むのに、遠方に窓口では利用阻害では…? )

 

---公民館のコマ数---☆--- 

「公共施設あり方計画」- P.17 - ■ 公民館 の利用率を、再確認してみましょう。    

f:id:t2521:20190106132336j:plain

不可解は、公民館の【コマ]の総数に差異があること! 理由が理解出来ません!

● 公民館の [コマ総数] - (右端の数値)に、ご注目下さい。

吉浜 - 37,336コマ(8室)・高取 - 28,002(8室)大山 - 28,002(6室)南部 - 14,001(6室)

施設の「部屋数が同じ」なのに、なぜ、コマ総数に差異があるのか「不可解!

 ありえない差異に、不適切な隠された作為を感じます!

  (*ハコモノを長寿命化では無く、解体したくて仕方がないようです!  )

 

---素朴な疑問---☆---

残念ながら「あり方計画」には「コマ数」の算出条件の記載無く、根拠は不明です。

・どのように試算され、どのように計測されたのか?  

この資料作成条件を記載されないこと自体が作為的で、裏切り行為です。

 

● 公共施設の管理において「利用率目標」も「利用実績」も示されず、「利用促進企画は市民任せ」は、全く管理放棄の実態。管理担当と距離を離して利用しづらい環境に。

・そして、ある日、突然、利用率が低いから「解体・廃止」では、市民不在の無責任、且つ、独断的なハコモノ管理運営の証しと思います。

 

● 公民館や公共施設は市民の財産です。その施設の方針検討資料を「ねつ造」は不適切!

・市民の監査的評価を加えるなら「公共施設の管理不十分」として施政不適です!

  (*数十年間も「低い利用率」のまま放置。対策処置もされず無策の施設管理は不適切! )

 

  更に「行政と議会で決める」は傲慢です!

「大家族」精神の欠落では…?!

 

---素朴な願い---☆---

施政は「AIやICT」導入に注力すると宣言されたはず…。

・これにより、庁舎狭小化、職員削減でも施政は円滑に、効率運営を遂行されると。

●「ハコモノ」管理運営上、「利用率」の向上改善は喫緊の課題と思われます。

「近隣街」では「施設予約 ICTシステム」を導入され、自宅に居ながらにして「利用状況」「予約状況」を確認して、「希望日程を選択予約」出来るとか…?

・高浜は、直接、施設まで出向いて、窓口で予約可否を確認して手書き申込み…?

このような前時代的な「予約方法」を、いつまで続けられるのでしょう? 

・これでは「利用率」の改善向上は難しいのでは…?  低いのは当然の事態です。  

・あるいは「ハコモノ」を建ててしまえば「利用率」にはご関心は無いのかも…?

しかし、市民は「公共施設」を合理的、効率的に、大切に利用したいのです!

 

   市民のニーズは、言行一致の施政運営です!!

  公共施設計画-360億円は、本当に「財政削減」なのか?  不可解です?!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸