t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市民が考える「まちづくり」

・ここ数年「中央公民館の早期解体」あたりから「高浜のまちづくり」「ハコモノ建設」は、一般的な社会通念から乖離している「まちづくり」を強行は残念です。

・「まちづくり」を『行政と議会で決める』や、『借金は後世の市民が返済するから大丈夫』には「大家族」への思いやりや共存共栄を感ずることが出来ないのです。

このような言葉を発することが「原理原則」から外れている証しなのでは…

 

・特に「市制50周年記念行事」のために「利用中の施設を早期解体」や「ハコモノ-百億円事業」を強行は「大家族」でなく自己満足を目指しているとしか思えません!

・施政を市民の手に戻し「大家族」中心の施政運営への軌道修正が必要です。

 

●現状の「まちづくり」問題を抽出し、市民感覚による解決策の模索を試みました。

 

---「まちづくり」問題-----☆---

●全国的な市勢の位置付けが分かる「生活ガイド」から高浜の問題点を見てみました。

・様々な分野において「高浜施政」の結果は「全国でも下位ランク」が多いのが、市民が犠牲となっている証しなのですが、例えば、下記に事例を取り上げてみます。

 

Ⅰ.「産業」-「小売・卸売業商品販売額」-「5,684千万円」-「631位 / 全国815市区」

これは「施政」と「商工会」の成績なのかもしれません

 

Ⅱ.「医療」-「医師数-人口1万人当り」-「5,61人」-「802位 / 全国815市区」 

民間分院にだけ「巨額-60億円」を投入では、市全域の医療向上効果が無い証し?

 

---民間力のまちづくり-----☆---

高浜にも優れた経営感覚の方がみえたようです。「小笠原芳夫氏」(*数年前、他界)

・ショッピングセンター「Tポート-代表取締役」、市「まちづくり」委員も歴任とか?

 

●湯山町-「Tポート」を核とした「街づくり」を目指され、「ショッピングセンター」をはじめ「大型家電店」「CDレンタル店」「スーパー銭湯」「コインランドリ」「料理店」や「世界的なファーストフード店」も誘致されたとか。

・更に「医療村」を設置され「内科・整形外科・耳鼻咽喉科・眼科・歯科」等々の医療機関を勧誘され「調剤薬局」も整備されています。

民間力で「小売拡大」と「医療向上」を図られた「すごさ」を感じています。

 (*うわさでは「リース庁舎」には反対されていたとか… )

 

---市民の素朴な想い-----☆---

市民感覚では「民間」に出来て、なぜ、施政には出来ないのか?  疑問しかありません

  このような「まちづくり」こそ、施政主導で推進が無謬性なのではないでしょうか?

  あるいは「行政と議会で決める」に加え「市民力」の活用が成功への道づくりでは…

岡崎市の成功例も「産官学+民」があったればこそと思われます。

 

「まちづくり」は「大家族」の智慧を生かすことが最重要課題のようです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸