t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 無謬 - 適正適切なまちづくり Ⅴ (施設)

このブログは「施政」- 特に「施設管理」の矛盾-問題を取上げてきました。改めて書き出してみます。

 

●「ハコモノ」を作り過ぎた。総量-削減しないと「高浜-破綻」と市は警鐘-発信 … 早期解体を強行…!

次に「隣街の公共施設の利用を推奨」とは、失政のツケを市民 (児童生徒) に押付けの乱暴な施政 … 

「市立病院」の後継の「分院」は「経営移譲」と共に「療養型」に転換され、補助は60億円にも拡大 !
・「お願いされた」と「血税」を湯水の如き投入は「大家族」を忘れた暴挙と映ります
 
●「ハコモノ」- 鉄筋コンクリート施設の寿命は「80年~100年」、「50年」は税法上の寿命なのです
「中公」「庁舎」「青少年ホーム」を築40年の寿命半ばで解体 … 利用可能な施設を解体は裏切り同然!
 

●「議会」は行政に右倣えで「早期-解体」に賛同  (*高浜は「市政クラブ」多数で行政同調だけの無責任)

「狭小-リース-30億円」は最たる失政の証し - 更に「38万円 - 0.01%」も安いと契約は呆れます

 (*この見積根拠も「総務省単価」というシミュレーション単価を採用は "水増し" であり血税浪費 )

  

●「高小」も「教育環境」より「駐車場-大事」で「運動場」を狭小。しかも「倍額-50億円」の財政浪費

ハコモノ」は巨額工事 - リース庁舎、高小、民間プール等々 -「1社-独占」の仕掛けも不適切 …

   (*「 学校エアコン」も1社独占 - 市外 (名古屋) 発注は不可解 - 施設に限らず設備にも多用は疑問です )

 

この根源は「分院-移転斡旋」-「協定」は現在地が 建替地を「中公-解体」して移転とは論外の暴挙 …

・この暴政は市民を犠牲にしながら「市制50周年」にまっしぐら …「あり方」の根本を忘却されてます

「市民」には「財政困窮」と無策の施政。 「分院」には「億単位」の補助を連発は血税の私物化!

 

 「大家族」-「市民ファースト」を忘却されています …

 

--- 「施設-管理」の問題 ---☆---

● 現在、強行されている「施設-問題」を注視し「市民目線」で検証したいと思います。

 

● そもそも、始まりは「総務省」が発信の「公共施設総合管理計画」を策定指示からのようです

・政府は「全国-自治体のハコモノ-維持管理」を通して「財政健全化」という大局的視点から警鐘-発信さ

 れ、国 -一斉に「ハコモノ-管理の見直し - スクラップ&ビルドの脱却」へと走り始めたようです。

「高浜」も、解体では無く「長寿命」に着手があり方を早期解体を優先 - これを強行は市民を裏切り… 

 

  なぜなら「現状の施設面積」は「全国-最少」… 既に削減済み

  

--- 「公共施設」の全国比較 ---☆---

●「高浜」の施政資料は「単独-個別」の企画計画として作成され「他市-比較」を避けられています

⇒ これが「井の中の蛙作戦」で、市民を、あるいは議員さんも騙されている可能性が想定されます

 

例えば「公共施設-面積」を比較された資料を抜粋転載します

 [検索] :  https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/9620.pdf

・この資料は「東洋大学-(PPP)」が「2012年」に「全国-自治体」を「人口別」に分類され「施設調査」

「高浜」を含む「人口-42.5千人~45千人規模」の自治体の調査結果を抜粋-掲載します

 

f:id:t2521:20200518230004p:plain

 

● この掲載順番は「市民一人当りの施設面積」の広い順番から掲載されています。

「結果」-「高浜」は公共施設の面積が一番狭い "まち" であるようです - つまり「最少-最下位」

・この「最下位」が「市制50年」の成果なのです - これが「ちょっといいまち」なのでしょうか?

 

● この調査時点での「全国平均面積 - 3.5㎡/人」- せめて人並みの市民生活を望みたいものです

しかし施政は「更に狭小化」を目指し「全国-最低」を目指されているようです … これが適正 …?

・「財政-破綻」の根本原因は「分院」への過剰な補助 -「巨額-60億円」や「高小-倍額-50億円建設」

 

●「職員数」も現在、全国-最低レベルのようです - 施政施策が後手後手の連続となっています

⇒ 例えば「児童」の犠牲を上げれば「学校エアコン」「タブレット」- 共に1年の後手でした

・「学級-収容人数」も全国比では「最多」の犠牲 - 分院より児童優先があり方ではないでしようか?

 

 「後手後手」より「先手先手」の施政運営を…!

 

● 思い出したのは「ふるさと納税」も制度開始から数年後、ようやく着手されたようです … 後手 …

ふるさと納税」は自治体が自ら稼ぐ力を発揮する機会 - 高浜は全国 - 中程。介護保険は県下トップ!

 (*「ふるさと納税」- 全国自治体-1,700市区町村のなか「900位」程度かと … H30年 - 約6千万円 )

 

   自ら稼ぐ力はまだまだ全国中程 - 市民からの徴税は県下トップ  

 

今回の「コロナ-対策」も県方針に追従だけでは … 近隣市は個別に独自施策を展開されてます

・「高浜」は「校庭-開放」施策しか印象はありません。残念ですが、市民の犠牲は深刻では …

 

・例えば「県-HP」では「スーパー買物ルール」を発信中ですが、高浜は放任のようです

今 -「コロナ-戦争」は放任傍観では市民が犠牲です … 職員 - 過剰削減の弊害が顕在化しています …

・公共施設も同様 - 何か事件や不具合が起こらないと分らないようです - 分ってからでは手遅れ …

 

● 他市は、施設面積が「3倍」の街でも半減目標 -「高浜は面積-最低」でも破綻と説明は真実なのか?

「施政や財政運営」のあり方に問題点や誤りを抱えているのではないかと思われます

 

● 破綻が真実であれば「分院-60億円」「高小-倍額-50億円」の浪費を繰返している場合でしょうか

「合計-110億円」- 市内-小学校を「5校」も 新築 - 建替え出来る金額なのです

・たらればですが「旧分院-30億円補助」がなければ「庁舎」もリースにせずとも済んだのでは…?

 

 これが「高浜-まちづくり」の失敗失政の根源と思われます 

 

● このように「施設面積-最低」は「財政-運営」の失敗を如実に表している事態と考えられます

・他市より狭いのに「高浜」は、更に「解体」、そして「狭小化」では市民を犠牲は明白です

これを説明もされず強行は「私物化」であり「独裁」そのもの … 「無謬」の欠落は破壊です

    (*「姉妹都市」- 瑞浪市の面積は「4.8㎡/人」 - 高浜の「1.7倍」- これも適性な施政の証しでは… )

 

・「物言わぬ善良な市民」を犠牲とする施政は過ちの連続です - 施政のあり方を喪失されてます

 

 「大家族」? … 「ちょっといいまち」?

 市が言う「ちょうどいいまち」とは「施設面積-最低」の"まち"…?

 とんでもない誤断です … このまま強行は「高浜」を破壊です 

 

「甘い言葉で騙されて 後世の市民も犠牲です」

 血税浪費の施政の強行を防ぐ方法は「声」を出すこと … もひとつ

 施政-傍観こそ 「高浜-崩壊」 につながります

 

    (最後まで、ご精読戴き ありがとうございました。施政は歪んでます )

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸