t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり - 百年の大計 Ⅱ (庁舎)

率直に言って「庁舎を狭小リース」は最低です - 利用しにくくてたまりません。これが20年はウンザリ

「縮充」の充は「機能充実」- 狭小により「組織分散」は、庁舎利用者にとって不便極まりません

・職員の方も「本庁といきいき広場ー約4~5百m」をぶらぶら散歩を見かけます - 執務効率低下です

⇒「縮充」の本丸が「縮散」-「散」- 散乱では、まちづくりを破壊の証しです。残念です。無念です

 

--- <組織分散>を称賛されてますが裏切りの組織配置です --- *こんな効率の悪い配置はありえません

わざわざ「巨額-30億円」を投入して、利用しづらい、執務効率-低下の施設建設は失政の証し …

f:id:t2521:20200829074313j:plain

・この新庁舎-面積「4,700㎡」もウソ表記 - 「高浜」施政は歪んでます-「正」-3, 668㎡

 

 この矛盾のまちづくりを強行は「高浜」- 百年を破壊です

  

●「高浜」の実態は「施政」が市民の負託や期待を裏切り虚言の説明で「破壊のまちづくり」を強行です

・「大家族」と言われながら市民に「施政参画」させないのも特徴 - 市民参画を拒み強行貫徹です

 

先回は、主に「中央公民館-早期解体」を契機に「民間分院」への過剰な補償や「高浜小-倍額-50億

 円」の浪費の仕掛け等への影響を述べたつもりです。もったいない「血税」の無駄遣い-浪費です。

・まだまだ疑問点はありますが、今回は「狭小-リース庁舎-30億円-20年」について確認してみます

結果は高小同様、浪費と裏切りの連続は、お役所の仕事とは思えません - 失望と、残念さを覚えます

 

・いったい「施政」は「市民を裏切ること」を如何様にお考えなのでしょう … 

・ここ数年の「早期解体-強行」による「破壊された街」は基に戻せません … その罪は甚大と考えます …

   公共施設は市民の財産です … 施政の目に余る私物化は、市民の財産をも剥奪同然 - 無繆無き破壊 …

 

--- 「狭小-リース庁舎の不可解」 ---☆---

<在りし日の旧庁舎-手前> *わずか築40年で解体強行は「破壊のまちづくり」- 奥が新庁舎

f:id:t2521:20180302005348j:plain

 

---「狭小-リース庁舎」の意味 ---☆---

・「狭 小」-「旧庁舎-面積-7,674㎡」対「新庁舎-3,668㎡」と床面積を「48%」に半減されたのです

このため「縮充」と言われながら「組織-分割」の矛盾強行 - 不便な庁舎となりました - これが20年も 

・「リース」- 建設基金が足りないと「20年」リース採用 - なぜ、市債利用されなかったのか不可解?

「基 金」-「H26年~H28年」公共施設基金も「10億円」も有ったのに利用されず … リースありき!

 

---「狭小-リース庁舎」の財政負担 ---☆---

<事業費> 設定額の疑問   *要求水準書に下記のように記載されています -「リースありき!

-------------------------------

「事業費」は「旧庁舎-大規模改修-(水増し見積)」より安ければ「リース-優位」と判定のようです

f:id:t2521:20200828183648p:plain

-------------------------------

「落札」は奇跡的 -「落札額-3324百万円」-「落札率-99.99%」- 市は「33万円」も安価と契約??

⇒ 入札は「1社独占」のようです。市民目線では なめられてます … あるいは共謀 …? リースは裏切り

 

●「独自建設」なら「庁舎-大規模改修」は「19億円」なのに - 高額な「リース採用!? -30億円

「大規模改修」なら「施設寿命は30年~40年」- これをリースに合わせ「20年」で比較の仕掛け

・施設寿命は「70年~90年」の時代です。なぜ、60年設定 - これが施政の不適切な仕掛けです

 

---「公共施設の財源-市債」 ---☆---

  <*市債推移>  *「旧庁舎」を大規模改修であれば「19億円」規模 - 「なぜリース-30億円を採用?

⇒ 通常「財源」として「市債発行」が通例 - なぜ、異例の「高額なリース」- 浪費を選択なのか …?

  

f:id:t2521:20200828180948p:plain

 ●「市債」- H29年~R2年の四カ年で「26億円」もの増額が出来て、庁舎分はなぜ出来なかったのか…?

「独自建設-大規模改修-19億円」より「リース-30億円」の財政効果は疑問です … リースは裏切り!

 

--- 「狭小-リース庁舎」の効果説明の疑問 ---☆---

● 市HPに、「市庁舎-建設計画」が着工後に公開されたと思います。事前ではなく後出しと思われます…

   [検索] :  高浜市役所本庁舎整備事業 - 高浜市ホームページ

 

<市庁舎-事業スケジュール>

1このスケジュールからも分かるように、いきなり「建設方針」を強行から開始されました

 ⇒「市民の声は聴かない - 行政と議会で決める」が高浜施政の方針です 

<極端に短期強行のスケジュール> *恐らく「市制50年」に間に合わせるため…

実施方針の公表 平成26年5月
基本協定 平成27年2月
建設契約 平成27年3月
市民説明会 平成27年7月31日
着工 平成27年11月

  

● 一般的には「庁舎建設基金」の創設を発表され、目途がつくであろう10年後ぐらいから「庁舎施設」を

 検討のための「建設委員会」を発足 … メンバーに「市民代表」や「公募市民」が参画のようです

・「委員会活動」は「他市の庁舎視察」や「市民アンケート等」で市民の声を確認して「市」に提案 …

様々な事例がありますが「ほぼ-1カ年」程度を費やされています - 「高浜」- 市民検討活動無し

 

 これが公共施設-建設計画の標準的な市民参画型のあり方のようです

 比べると「高浜」は独裁型の建設方針-強行型であることは明白です

⇒「市民説明会」は「着工-3ケ月前」- 市民の意見要望は庁舎建設に反映出来ない日程です- 私物化の証

 しかし、この方式は「建設責任」を市民に丸投げの無責任建設です

  勝手に建設しておいて、後は市民サービスを削って借金返済しての無責任はいかがなものでしょう…

 

2● 何度もブログ掲載しています - 全国でも稀有な「リース方式」の選択根拠は「財政効果」は当然です

・市HPでも当初「11.Q&A」に「竣工直後」までは下記の説明表を掲示されてました - 竣工後-削除!?

 

<リース建設の財政効果>  *これが「大うそ」と判明!!  - ペテン師のような説明でした - 削除の理由です 

「行政と議会」の組織ぐるみで市民を騙されたようです

  

f:id:t2521:20200828103810j:plain

<ウソの説明> 

●「市が整備した場合」-「誤」-「37億円」対「正」-「33.2億円」 ⇒ 虚偽説明を堂々と掲載

●「約10%のコスト削減」-「誤」-「10%」対「正」-「0.01%」   ⇒ 確信犯的な裏切りです

庁舎-竣工後は不要な資料、あってはならない資料と訂正削除を公然と実施されました - 裏切り

 

<ご参考 - 「リース」との比較>

建設方式 リース-鉄骨造 大規模改修-SRC
床面積-㎡ 3,668 - (組織分散) 7,674
建設費-億円 15.45 -  「計-30億円」 19.27
面積単価-万円/㎡ 42.1     25.1
施設寿命-年 20~30年 30~40年
年当り単価-百万円/年 77.3/20年  -「1.5億円/年」 64.2/30年

 

●  皆さんは「リース」が優位とお考えですか …

・施政は「財政効果」を無視し「故意にリース選択」の可能性かも … 

----------------------------☆--- 

   財政効果もない「狭小-リース庁舎」は行政と議会の裏切りです 

「高浜」- 独裁施政の建設強行は血税の浪費であることは明白です

 

 「施設建設計画」を立案され「基金準備」を放棄は「無謀な無計画」

 しかも、この「支払い責任」を市民に丸投げの無責任建設です 

   市民を犠牲に建設強行は「高浜」-「破壊」のまちづくり

 22世紀の「高浜」に暗い影となる強引な施設建設は疑問です…

 

 (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました) 長くなってしまいました-申し訳ありません

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸