t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 住みここち Ⅱ

今日は「敬老の日」- 日本古来から「長幼の序-(儒教)」の教えから発出し習慣化したものと想像します

    (*「子供は大人を敬い、大人は子供を慈しむ」というあり方 - *コトバンク )

・国内 -「百寿」を超えた方は「全国-7.5万人」は「0.06%」、ちなみに「高浜-17人」-「0.03%」の倍

「市」は、これを「全国」も「高浜」も同じという判断を強行は誤りではないかと思うのです

 

<人口構成> 

●「高浜」の人口構成は、まだまだ「若いまち」と言えるかと思います

年代別人口 年少人口   生産年齢   老年人口    
~15才未満 構成比 15~64才 構成比 65才~ 構成比 合計
全国-万人 1513 12.0 7481.3 59.4 3601.9 28.6 1億2596
高浜-人 7,524 15.3 33,825 68.7 7,888 16.0

  49,237

 

●「年少人口-全国-31位」「生産年齢-36位」「老年人口-803位」「平均年齢-41.4才-800位」- (全812市)

この順位関係にあって「全国-人口激減」だからと「公共施設」を解体強行は「住みよさ」の破壊です

・要するに「高浜-財政破綻」であれば、全国-9割の街が破綻となり、市の説明は極端な虚偽説明では…

 

  この虚偽説明で公共施設を早期解体-倍額建設は「高浜」を破壊です 

 

--- 「住みよさ」 ---☆---

●「住みよさ-2020年版」が公表されてました。全国-812市区の順位付けの結果です

    [検索] : 愛知県高浜市|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」

  刈谷 安城 知立 碧南 高浜
住みよさ総合 39 70 291 36 269
安心度 665 629 736 492 626
利便度 535 465 571 699 744
快適度 39 157 167 22 193
富裕度   2    6   45   8   48

 

●「碧海五市」地域は全国的に財政的優位にあることは事実です-しかし「高浜-269位」は不可解…

刈谷安城」は上位の常連、碧南-36位」は大躍進ではないでしょうか…

 

住みよさ不振の原因は、様々な施政課題の山積を放置して「公共施設」に過剰に注力の結果かと…

ハコモノ」に傾注の結果、財政余力を喪失し、市民サービスや行政施策が展開不足の結果です…

 

・「コロナ対策」も後手後手の小規模対策、待機児童も未解決では …「公共施設」の使用料も値上げ

なにより「指定避難所」を「施設管理計画を優先」し早期閉館は「市民-生命」をも軽視の証し…

・また「早期解体」により「市民生活」は活動中止したり、施設予約に奔走したり、施政の犠牲です

これを市は「周辺市の施設利用を推奨」と議会で説明も施政放棄と思われ残念しかありません

  

 「施政」のあり様は「市民生活の向上」に逆行です

 

--- 「住みよさの指標項目」 ---☆---       --       (*全国-812市区の順位)

・「安心度」- 病院数や医療費助成、介護福祉定員、犯罪数、交通事故数 -「626位」

・「利便度」- 小売店数や店舗面積規模、飲食料品-事業所や店舗数     -「744位」

・「快適度」- 転出入人口、水道料金、下水道-普及、都市公園面積  -「193位」

・「富裕度」- 財政力指数、法人市民税、住宅-床面積、平均地価      -「48位」

「財政力」は優位 - 減点は「インフラ整備」をはじめ、特に「医療と介護、防犯と交通安全」そして

 「小売店舗や飲食店舗事業の振興不足」等々、まちづくり全般が不備と評価されているようです

 

   血税」が適正適切に市民サービスに活用されていない証しでは…

   やはり「職員数-全国-最低」の弊害が「市民生活」に如実に悪影響を及ぼしている証しかも…

 ハコモノ」-倍額建設に注力、早期解体の連続は「高浜-破壊」の施政となっているようです

 

  これが「大家族」、これが「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」とは…不可解なまちづくり

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸