t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「住みよさ」転落 Ⅱ - 瑞浪市と比較 

「高浜」は、「破壊」のまちづくりを強行の結果、「住みよさ-501位」に転落です

・「まち」と「市民」を犠牲とすることは裏切りであり、税金泥棒同然の行政と議会…

この証しが「住みよさ-501位」に転落 - 行政方針や施政施策の改革が必要な事態…

 

「高浜」は「都市宣言」も設定されず、目標の無い"まちづくり"を推進されてます

行政も議会も「P-D-C-A」を廻すと説明も疑問の施政運営となっています

今回は「瑞浪市 (姉妹都市)」や「他の自治体」と比較検討を試みたいと思います

 

・「高浜」は独自のまちづくりを強行 - 他市は関係無いとされているようです。

しかし「住みよさ」- 数年前-300位内から、今年、501位に転落と徐々に悪化の一途

 過ちの"まちづくり"も、徐々に露呈しています

 

 

---「公共施設計画の疑問」---☆---

「高浜」の姉妹都市-瑞浪市 (岐阜県)」の公共施設総合管理計画からの抜粋です。 

・基本方針として「国」の長寿化計画に準じて「地方」の計画を立案実施としています

「高浜」は、これを無視「総量圧縮」を先行し、実態は早期解体を強行となりました

 更に、問題は「倍額建設」「維持管理」契約を強行

 特定業者に公共施設の管理業務を独占化の仕掛けです

 

 

・「中央公民館-築36年」「庁舎-築40年」「勤労青少年ホーム・体育センタ-築42年」

これを「高浜」は、市民意見も無視で、老朽化 - 壊したほうが安いと強行でした

 

・そして「庁舎-30億円-リース」「高小-50億円」と倍額建設を強行は業者優遇だけ

  「国」の「長寿命化-80年」提唱を無視は裏切り!!

 こうして「高浜」は劇場型ホールも無いまちに転落!

 幼稚園児や小中高生が発表会を実施していた中央公民館-築36年を早期解体

 当時、4年後に建設の「高小-体育館」が代替施設と説明も実態は隣市のホール利用

「高浜」行政や議会は、平然と次代の市民を裏切りです

 

 

<瑞浪市-公共施設総合管理計画から抜粋> 

● 下記の表からも「まずは長寿命化」があり方を隠蔽の「高浜」は裏切りのまちづくり

・「財政削減」「節約」を目的とするなら「現状を維持継続」が常識と思われます。

・「高浜」の公共施設 - 面積-2.9㎡/人は、全国最低に削減済み… 更に削減は、破壊!

「高浜」は「早期解体」「倍額建設」を強行は裏切りであり、財政私物化の浪費です

「財政削減」は「もったいない精神」の発露が肝要です 

 

・「高浜」は、上表のような「国」の方針説明を無視しています- 施設更新に悪用… !?

 

 

●「旧庁舎-築40年」も長寿命化が財政削減のあり方でした。 

庁舎を長寿命化 (20億円) すれば「寿命-80年」に延長を、リースに合わせ20年と設定

結果 - 20年後、リース解体し、また庁舎を建設は「約50億円超」を追加と推定…

 業者優遇の連鎖は止まりません… これが狙い…?

 

・「リース」は、とんでもない莫大な財政負担を市民に強いています…

疑問は「庁舎建設基金」を未だに準備されないこと - デタラメな財政運営の証し…

・「リース」維持管理も丸投げ - 「高浜総合サービス」に直発注ではなくリース社経由

どこまでも「ズブズブ」の関係を構築は、財政私物化の浪費の連続は無責任の証し…

 

 

<瑞浪市の公共施設白書から抜粋> 

瑞浪市」は高浜の姉妹都市です。

・「高浜」は、人口は多いのに、他の施政項目は瑞浪市が優位な状況にあります。

 

  瑞浪市 高浜 瑞浪/高浜
人口-千人     37    49 0.76
職員-人   380   246 1.54
公共施設-千㎡   164   118 1.39
  一人当り-㎡/人    4.4    2.4 1.84
  本庁面積-㎡ 6,152 3,668 1.68
住みよさ- 位    301    501 全国-812市区

 

瑞浪市」-「職員-380名」を要しているためか、行政資料が丁寧で充実しています

・「高浜-職員数-246名」は類似都市-全国最低数のためか 行政資料は残念な実態です

「高浜」は下記資料のような他市との比較も省略し自市単独の資料だけは 隠蔽化…?

 結果 - 市民の無知化を図っているようです…

  「他市は関係無い」は比較すると過ちが露見の為…

 

 

<公共施設の面積比較> 

「高浜」公共施設面積「2.4㎡/人」は、全国最低 - 更に、削減を目指しています

・「削減効果額」を明示せず、ただ「面積削減」が財政効果とウソ説明を強行…

「リース」は、面積半減ですが、20年後に「50億円-建替」の負担を隠蔽されてます

 

・「かわら美術館」も継続は「百億円」負担増を「大家族」と称し、これも隠蔽…

美術館は民間譲渡を失敗し、突如、継続 - その運営費は 1.6億円/年もの業者優遇

・半世紀運営に「80億円」、更に施設維持に「推定50億円」の赤字運営となります

 こんなデタラメのハコモノ行政では財政破綻も当然です

 

 

●「施設面積」は、市民生活の「利便性」「快適性」と比例関係にあると思われます

「市民ホール解体」「リース-狭小」「体育センタ-面積半減、料金増」は不便の極み!

・「住みよさ-501位」に転落も納得ですが、施政結果が「住みよさ」低落は過ちの証し

 

 

<全国平均レベルの公共施設>

●「瑞浪市」作成資料に、公共施設の全国平均面積は「3.6㎡/人」とあります。 

・「公共施設の面積」は、平均3.6㎡/人ではダメなのでしょうか…

・「人口-5万人未満」の自治体にて「3.6㎡/人」が「南足柄市」とありました。

南足柄市 (神奈川)」と比較検討したいと思います。

 

<南足柄市-公共施設>

●「美術館」とか博物館関係の施設はありません - 必要な施設を拡充されてます

⇒ つまり「高浜」はバランス感覚を喪失 - 身分不相応な「美術館」に2百億円投入!!

 

ハコモノ比較 南足柄市 高浜 南足柄/高浜
人口-千人     42      49   0.86
職員-人   281    246   1.14
公共施設-千㎡   164    118   1.39
 一人当り-㎡/人     3.7    2.4   1.52
 本庁面積-㎡ 11,176  3,668   3.05
 中央公民館-㎡   8,207     150 54.71
 図書館-㎡   2,146  1,707   1.26
 体育センター-㎡ 11,040     922 11.97
ふるさと納税-億円     29.2      1.2 24.33

 

 

 「人口-5万人」では美術館は過剰な負担となっています

  本末転倒のハコモノ行政は役所組織も破壊のデタラメ!!

   口では「縮充」と唱え、実態は分離分割の矛盾は凶行

 実に、言行不一致の行政施策を強行となっています

 

   結果 -「高浜」は「住みよさ」転落のまちづくり

 

財政運営、ハコモノ計画、施政運営が過ちを強行されている証しです

 「市民」が主体の「大家族」による"まちづくり"を切望するものです 

 

 「業者優遇」の私物化から「市民主体」のまちづくりへ!!

   自治運営も経営感覚の発揮が必要です 

 「美術館-2百億円」投入は、市民が犠牲のハコモノ

 「ハコモノ-失敗」は「高浜-百年」を破壊しています

 

 

---減価償却累計額」---☆--- *南足柄市の公共施設白書から

・「南足柄市-公共施設白書」に「減価償却額」が表記されていました。

「高浜」は、これを隠蔽していることが市民を裏切りであり私物化の証し

・恐らく「取得価額」との差異が、現存施設の「残価価額」と思われます。

・確か、法制上、鉄筋コンクリ造の寿命は「50年」のはず…

つまり「築40年」の早期解体は「残存価額」を放棄して建替えは損害の連続です

「高浜」隠蔽施政は「ハコモノ寿命」も無視のようです

・「中央公民館-築36年」の残存価額は、当時-10億円と言われていました。。

 

 

   (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸