t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

青少年ホーム跡地利用 - 小学校プール建設

市は、これ以上、新たなる施設は増やさないと宣言。目的は「財政削減」です。

  ところが、小学校のプール代替施設として「青少年ホーム(S50-築41年)」を解体し、

  この跡地を民間に貸付け、プールとテニスコート運営を委託の計画です。

また利用可能な施設を解体し、矛盾の施設計画を開始のようです。

● 運営会社の決定結果 ⇒ [検索] : 勤労青少年ホーム跡地活用事業について>6項

財政削減のはずの「プール補助」は、約800万円×30年 ≒ 240百万円提供か?

 この施設設置の「財政削減効果」は、無くても良いという事でしょうか?  

    更に、現有施設の「解体工事」が加算されます。矛盾の施策が続きます!

これで高小建設に関連する予算は、確実に「52億円を突破」しました!!

 「財政削減効果」の市民説明は、ご回答無しで推進されるようです。

---不可解な業者選定---------☆---

● 選定された会社は、約1年前から議員さんが漏らされていた会社に決定。

● 本来、募集は複数企業が常識ですが、結果は、高小同様に応募「1社」のみ。

なぜ、一社しか応募が無いのか? その理由は公表されません。

 不適切なうわさ情報が聞こえてきます。本当に、これで良いのでしょうか?   

これを大学教授以下五名の審査委員で選択されるのですが…。意味の無い評価では?

● テレビCMで給湯器の見積は3社でと訴求されています。高浜は1社で億事業を決定?!

本当に「財政削減が目的なのでしようか?」50億超の投資に 1社で選定は不適切です!

プール補助は、募集直前に財政補助期間を30年に延長。約80百万円の血税負担増!??

今年の流行語大賞の、業者に「忖度」同然の結果であり、根拠を説明されるべき!

---説明されない施設建設-----☆---

市は当初、高小の建設計画を、縮充効果により「13施設-37億円」。単独建設は49億円も要し、高浜財政は「破たん」と説明されてました。

現在、縮充でなく「11施設-集合建設-52億円超」で、財政削減効果を説明されず強引な建設推進は、後世の市民のためにも、とても納得できるものではありません!

● 市庁舎は改築の倍額の「リース建設-30億円・庁舎二分割・工期延長解体150百万円」

 (*新庁舎は、狭小すぎて書類保管は保健センタを利用され、結局三分割は失敗とか?)

財政削減効果も説明されない市民無視の建設推進は、もう許されないと思います!!

 特に施設建設は施政70年に多大なる影響を及ぼします!   

 失敗は許されません!!  市民と共同推進されるべきです!!

 今こそ「大家族たかはま」精神を発露すべき時では!?

(*南中テニス部は工事のため碧海グランドまで約1キロ移動し、コート数半減で練習は、施政の犠牲です!)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸