t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - やっぱり不可解な庁舎建設費 Ⅱ

・「庁舎建設費」の内訳額で気になった項目をご案内します。

狭小リース庁舎-20年-33億円内訳です。血税の使途の中味です。

・お役所の相場は、常識を超えています。皆さんは、いかが、お感じになりますか?

 

---庁舎建設整備-内訳---☆--- (*合計-21.2億円)

・設計費         45(百万円)    - 平凡なハコモノ形態でも「3%」は適正?

・会議棟建設     60(百万円)    - 面積単価「16万円/㎡」

・外構工事      80(百万円) 

・解体撤去     110(百万円)    - 旧庁舎の解体費 

アスベスト除去   52(百万円) - 旧庁舎の外壁のアスベスト(発がん物質)

防災無線移設   72 (百万円) 

・引越し       50(百万円)   - 例) 作業者-1.5万円/日なら-3千人以上投入?

・システム移設    60(百万円)

・備品設置      50(百万円)

 ⇒ 更に、詳細内容を調べる必要性を感じました。

 

---施設維持管理運営-内訳---☆---    (*合計-10.2億円)

・建物保守管理   130(百万円)   -    650(万円/年)   - 高小同様、新築時から発生

・設備保守管理   210(百万円)   -   1050(万円/年)   - 〃

・植栽・外構保守  16(百万円) -   80(万円/年)   - 旧庁舎-13万円/年 

・清掃業務     188(百万円)   -    940(万円/年)   - 床面積半減なのに同額? 

・修繕費      110(百万円)   -    550(万円/年)   - 高小同様、新築時から発生

・宿直・日直    143(百万円) -   715(万円/年)   - 省人化を検討すべきでは?

・解体費       40(百万円) 

「常識レベル」でしょうか? これも詳細内容を調査したいと思います。

 

● これを、毎年「1.6億円」を20年間支払い、21年目に解体し、新庁舎を建設?

20年後の新庁舎建設に向け、基金積立されているのか不明です。

・「後世に任せた」では無責任かと思いますが…?

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸