t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 二元代表制の疑問

今の高浜議会で、残念は、議員の声を市民の意見とされ、行政施策に忖度の施政強行となっていること

結果 - 最大の浪費は「市制50年を要して血税にて建設のハコモノ」を僅か40年で早期解体を連続強行

 

公共施設は市民の財産」 - デタラメ説明で早期解体 (約40年)は、血税の浪費…「高浜」を破壊です

結果-「中央公民館-36年」「旧市民病院-35年」 「旧庁舎-40年」「大山公民館-34年」「勤労

 青少年ホーム-43年」そして「体育センターー築43年-早期閉館」-まだ使える施設を説明無く破壊強行

最近、判明は「体育センター」の閉館解体は「野球場の駐車場」を増設の為に早期解体の過ち…

 広すぎて利用率の低いグランド面積を削減して駐車場-増設が血税の節約策ではないでしょうか…

 

・「図書館-築41年」、更に「100億円投入」の「かわら美術館-25年」すら処分検討中のようです

・「旧-市民病院-築35年」- なぜ、固定資産税-約7千万円を民間病院に代わり建替え負担後に解体とか…

・「高浜小」に「倍額-50億円」投入は常軌を逸しています - 最たる浪費のハコモノ建設は業者優遇策

 正に「高浜-破壊」- デタラメの施設管理計画を議会も賛同の無責任

 

--- 「公共施設」の管理方針の逆行 ---☆---

・巨額の血税投入の公共施設管理も「早期更新後に長寿命」という浪費の仕掛けにも市議会は賛同推進

「国や県・多くの自治体」の方針に逆行であり浪費の仕掛け - 議会も無批判で賛同は無責任な忖度…

 

・<別冊-広報たかはま「公共施設を考えてみよう」H29.3>    ・<県方針-「長寿命後、更新」方針> 

f:id:t2521:20210106191439p:plain   f:id:t2521:20201112090300p:plain

 

⇒ この広報資料 -「更新後、長寿命」は浪費の仕掛け - 市民をウソ説明で騙した不適切な洗脳情報です

・公共施設の財政削減策は「長寿命」を図り寿命80年 - 施設存廃を市民が判断の後「更新」があり方です

 

問題は、市民を無視し「早期解体」「独占工事」「倍額発注」の業者優遇の仕掛けを強行されたこと

・「高小」「プール建設」「学校空調」、それぞれ入札業者は「一社のみ」、結果は相場の倍額発注…

不適切な仕掛けを議会も素通り。庁舎も「業者」を一社に絞ってから「価格調整」は裏切り…

 今、高浜は私物化され血税の浪費を繰り返しは議会も機能不全…

  

 

--- 「議会」の機能と役割 ---☆---

● 市HPから「議会」の機能と役割を確認したいと思います

  [検索] : 高浜市議会へようこそ - 高浜市ホームページ

<HPより抜粋 - 市議会の役割>

・市議会は、市民に代わってその声を市政に反映するところで、市の意思を決定する議事機関です。

地方自治体では、首長(市長)と議会議員はともに直接選挙で選ぶ制度をとっています。これを二元代表制と言います。

元代表制の特徴は、相互のけん制・抑制と均衡によって首長(市長)と議会が緊張関係を保ち続けることが求められています。すなわち、地方自治体(市)の基本方針を議会は「政策決定」の機能と、「監視・評価」の機能を果たすこととなります。

実態は「議員の職責や市民の負託を失念され、裏切りの議会運営を強行されている」のでは…

 

---定例議会の発言」---☆---

議会では定例議会 が年4回開催されます。議員さんの「政策立案・監視・市民への説明責任」のため

 の発言発表が基本的な職責であるはず … 今回、最近の二年間の発言実績を確認してみました

 

所属会派 R2年 R1年 /7回 発言率
市政クラブ -8名 14 12 26 46%
公明党      -2名  3  5  8 57%

各会派      -6名

12 14 26 62%

 

市政クラブは保守系最大会派 - しかし議会発言は最低 - なかには発言発表は年0回~1回という猛者も

市民目線では「給料泥棒」同然です - 行政忖度に加え、議会対応の姿勢も改めて戴きたいものです 

 

奮闘議員は「僅か-3名」- 議会改革は議員数の削減も検討されているとか-保守会派は削減不可欠では?

 

議員名 (敬称略) R2年 R1年 発言数/7回 発言率
黒川 美克   3  4  7 100%
内藤 とし子  3  4  7 100%
倉田 利奈  3  4  7 100%

 

今回、新聞掲載の早退事件の対象とされた「倉田りな議員」は「議会-発言率-100%」

これを「発言率-46%」の保守系議員が批判指摘こそ不適切であり、その資格すら疑問では…

 

・聞くところによると「委員会議長」も「事務局」も早退指摘につき誤り過ちを認められたとか…?

議会では「議長も事務局も過ち」を認めたからと「倉田議員」にも謝罪を求められたとかの噂…?

・どこまでも強引傲慢な施政態度は変わらないようです -「人数」で施政強行は過ちの議会運営では…

しかし、西三河一円に不適切な報道は「名誉棄損」に相当では…本人に謝罪で済む話しでしょうか…?

 議会の"いじめ"強行策は墓穴を掘る事態となるかもしれません     

 

 

 高浜議会は民主主義の精神からも疑問のあり様です 

  高浜施政は歪んでいます - 特に、ハコモノ行政は過ちの連続です

  ハコモノ行政の過ちは「高浜-破壊」となっています

 

<高浜-財政> *「ハコモノ-倍額建設」は財政困窮の要因となっているようです

  R2年  (億円) R1年  (億円) R2/R1 (%)
市債-借金 180.7 171.7 105.2
基金-貯金   19.2   25.1   76.5

 

借金は増大、貯金は減少 - 財政運営の失敗 - 結果、コロナ対策は消極的 - 市民が犠牲の財政運営では…

この状況で「ハコモノ」倍額建設は疑問 - 市債比率が高く借金返済を後世の市民に委託は無責任の証し

 

庁舎-築40年を「リース事務所」に更新こそ裏切りの証しです

・常識的には、他市の財政運営でも「庁舎建設基金」を確保したうえで施設更新を検討があり方です

高浜は基金準備もされず、いきなり思い付きで「リース建設」は過ちと浪費のハコモノ建設です

・それも「市民説明」は「着工-3ケ月前」では、余りにも市民無視 - 遅すぎであり裏切りです

・建設経緯を辿れば「初めからリースありき」- 結果、床面積-半減は不適切で失敗のハコモノ建設

・更に「維持管理」や「運営費」まで「リース会社」に委託も不適切な浪費の仕掛けのようです

   浪費を重ねた施設建設も責任は市民任せの無責任な施政は疑問です

 

 

 ハコモノを「学校」だけとする魅力の無い"まちづくり"を強行です

 この過ちの"まちづくり"を議会も賛同推進は無責任の証しです

住みよさ「269位」が過ちの施政の証し… 

このままでは「高浜」あぶない

 

 (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸